岐阜県の道の駅「茶の里 東白川」の仮想通貨イベントが大盛況で幕を閉じる

昨日6月17日(日)、岐阜県東白川村にある道の駅「茶の里 東白川」にて、道の駅では初となる ネム(NEM/XEM)モナコイン(MonaCoin/MONA) 決済が可能なイベント「つちのコイン・マルシェ」が開催されました。

仮想通貨決済の体験だけでなくブロックチェーン基礎講座も

当日は朝10時にオープン。ネム(XEM)とモナコイン(MONA)で決済できる商品や体験サービスが揃いました。
仮想通貨で特産品の白川茶やソフトクリームが買えたり、「輪投げ」や「つちのこ叩き」などのゲームが体験できたり。初心者向けの仮想通貨・ブロックチェーン講座もあったようです。

各地で仮想通貨イベント広がる

先月は福岡でも NEM をテーマにした「nemcafe」も開かれました。今回、岐阜県でも大盛況となった仮想通貨イベント「つちのコイン・マルシェ」。またの開催に期待です!今後も全国各地でこのようなイベントが増えていきそうですね。

関連記事

岐阜県東白川村の道の駅にてネム(XEM)とモナコイン(MONA)で決済可能なイベントを開催!

【動画企画】フクロウさんぽ第3弾~nemcafeを大満喫編~【前編】

【動画企画】フクロウさんぽ第3弾~nemcafeを大満喫編~【後編】

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!