独自通貨が手軽に発行可能!「ポケットチェンジPAY」今夏リリースへ

株式会社ポケットチェンジが、事業者や自治体などが独自通貨を発行できるプラットフォーム「ポケットチェンジPAY(ポケペイ)」を今年夏頃にリリースすると発表しました。

スマートフォンを利用した独自通貨での決済や送金が可能

株式会社ポケットチェンジは、海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフトコード、ポイントに交換できる画期的なサービス「ポケットチェンジ」を展開してきた企業です。
今回発表した「ポケットチェンジPAY」では事業者や自治体、個人事業主などが独自通貨を発行可能。発行時の開発初期費用や決済手数料が無料であるほか、ポケットチェンジ提供のアプリか自社アプリへ組み込み可能なSDK(ソフトウェア開発キット)を無料で利用できたりと、手軽に独自通貨の発行ができるようになっています。
また「ポケットチェンジPAY」で発行された通貨を受け取ったユーザーは、スマートフォンを通じて決済やユーザー間の送金を行うことができます。なお、決済はQRコードのスキャンか専用デバイスによるタッチ決済に対応しているとのことです。

「ポケットチェンジPAY」は今年夏頃からサービス提供開始予定ですが、すでに大手小売りチェーンや地域通貨などへの採用が決定しているようです。

関連記事

・「富士通が地域活性化を支援!「ブロックチェーンアセットサービス」販売開始」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰