ふくおかフィナンシャルグループ、ブロックチェーンを活用した地域ポイント管理システム構築へ

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ傘下の iBankマーケティング株式会社は、ブロックチェーン技術を活用した地域ポイント管理システムを構築し、ポイントサービスを軸とした地域における新たなサービスプラットフォーム構想の実現に向けたプロジェクトを発表しました。

既存のポイントサービスにブロックチェーンを活用

今回構築するシステムは、ベースとなるブロックチェーンエンジンとして、代表的なオープンソース・ブロックチェーン基盤の一つである 「Hyperledger Fabric」 を利用。第一弾のサービスとして、2018年内に iBankマーケティング株式会社のポイントサービス「myCoin」を稼働することを予定しており、まずは既存の提携先である福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、沖縄銀行でのサービス開始を目指すとしています。

ふくおかフィナンシャルグループでは、iBankマーケティング株式会社を通じてブロックチェーン技術の特性を活かしたサービス・機能の高度化に向けた検討を行うと共に、将来的には本ポイント管理システムのオープン化によって、さまざまな地域・事業会社との連携を通じた地域ポイントサービスの共通プラットフォームの提供を目指します。

ポイントサービス「myCoin」とは

「myCoin」は、2016年から始まったサービスで、銀行が発行するデビットカードなどを使うことでポイントが付与されるというものです。現在提携している銀行のみでは取引頻度が低いため、ブロックチェーンを使って機能の高度化を図り、ポイント管理サービスの提供を拡大したい考えです。
将来的には同システムをオープン化し、さまざまな地域・事業会社との連携を通じた地域ポイントサービスの共通プラットフォームを提供するとしています。また、加盟する事業者がそれぞれ独自のポイントを発行し、用途を決められるようにする予定のようです。

関連記事

富士通が地域活性化を支援!「ブロックチェーンアセットサービス」販売開始

横浜DeNAベイスターズが電子地域通貨「BAYSTARS coin(仮)」の提供を検討

福岡県のまつりでブロックチェーンを用いた地域通貨の実証実験を導入

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。