パリス・ヒルトンの父リチャード・ヒルトンが仮想通貨で約42億円相当の豪邸出品!

アメリカで司会者やモデルとして活躍し、セレブとしても知られるパリス・ヒルトン氏の父リチャード・ヒルトン氏が、3800万ドル(約42億円)相当の邸宅をオークションにて仮想通貨で出品したことが明らかになりました。

入札は6月28日(木)に実施

ヒルトン氏は不動産会社Hilton&Hyland(ヒルトン&ハイランド)の会長。今回ヒルトン氏が邸宅のオーナーから「この邸宅に住むことに興味のある人を見つけたい」と協力を求められ、オークションへの出品を決断したそうです。
邸宅はイタリアのローマに建てられており、「パラッツォ・アルベルト・スピノーラ」と呼ばれています。邸宅内にはベッドルームが11部屋、バスルームが15部屋、キッチンが3部屋あり、さらに映画館、スパ、ジムが付いているとのことです。
オークションは、不動産取引を仮想通貨で行うプラットホームを持つPropy(プロピー)社とヒルトン氏が提携し行うとのこと。6月27日(水)にオークションの参加者がアカウント作成をした後に、6月28日(木)に米ドルもしくは仮想通貨での入札を実施するようです。
また、ヒルトン氏は今年5月にブロックチェーンベースのデータ駆動プラットフォームAQUA Intelligenceのシニアアドバイザーに就任しており、同氏が仮想通貨やブロックチェーンに関連する取組みに積極的になってきていることがうかがえます。

関連記事

・「リップルがPropy社と提携!不動産の支払い通貨にXRP採用」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。