アメリカの大手取引所イットビットでイーサリアム 、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ステラ・ルーメンズ取扱い開始!

アメリカの大手取引所itBit(イットビット)で、新たに仮想通貨4種類の取扱いが開始しました。

Ripple開発者が手がけたステラ・ルーメンズも取扱い開始


itBit(イットビット)は世界で37番目、アメリカでは2番目に規模が大きい取引所であり、ニューヨークで初めてビットライセンスを与えられたことで知られています。
今回取扱い開始したのは以下の4種類です。
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ライトコイン(LiteCoin/LTC)
ステラ・ルーメンズ(Stellar Lumens/XLM)

仮想通貨ステラ・ルーメンズ(Stellar Lumens/XLM)は、Ripple(リップル)を開発したJed McCaleb(ジェド・マケーレブ)氏のプロジェクトから誕生しました。Rippleの特徴を受け継いであり、国際送金や海外サイトでのショッピングをする際に便利な仮想通貨となっています。

関連記事

・「仮想通貨Stellar Lumens(ステラ・ルーメンズ)の特徴と将来性、取引所は?」はこちら

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!