アリペイ運営のアント・フィナンシャルがブロックチェーン活用の香港ーフィリピン間送金サービスを開始

中国の決済サービス「Alipay(アリペイ/支付宝)」を運営するAnt Financial(アント・フィナンシャル)が、ブロックチェーンを活用した香港とフィリピン間での送金サービスの提供を開始しました。

3秒で送金を実現


Ant Financialは以前、ブロックチェーンやAI(人工知能)開発などに投資するために1.5兆円の調達を実施し、大きな話題となりました。
この送金サービスはAnt Financialのアプリ「AliPayHK」と、フィリピンのGlobe Telecomのグループ会社が運営するウォレットアプリ「GCash」の間で実施されるとのこと。6月25日(月)に香港シャングリラホテルで行われたAnt Financialのイベントでは実際に送金を行い、3秒で送金を実現していました。
香港には多くのOFW(海外で働くフィリピン人労働者)がいることから、この送金サービスはより多くのOFWに利用されることでしょう。
また大手情報システム企業のIBMでも、同社のブロックチェーン事業内でフィリピンの金融機関RCBCとが日本のりそな銀行が提携を行いOFWに向けた送金サービスを発表しています。

関連記事

・「アリペイ運営のアント・フィナンシャルが1.5兆円調達へ!ブロックチェーン、AI開発に投資」はこちら
・「IBMのブロックチェーン事業でりそな銀行とフィリピンの銀行が提携!日本からフィリピンへの送金実現へ」はこちら

おすすめ記事

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!