日本の経済産業省がブロックチェーン活用へ!オンラインでの学位証明書発行を実現へ

経済産業省がブロックチェーンを活用し、オンラインにて大学の学位証明書を発行できるようにすることが明らかになりました。

ブロックチェーン活用で迅速な学位発行実現へ

学位証明書は、卒業生に割り当てられたIDやパスワードを入力することで取得可能になるとのこと。2018年度内に文部科学書と設計を決め、2019年度以降に実用を目指すようです。
学位証明書は直接大学で受け取るか郵送してもらうようになっており、就職活動などで必要になった時にすぐに発行できないのが現状です。今回、学位証明書の発行をブロックチェーンを活用して行うことで安全性が高まるほか、発行を早めることができ利便性も高まることが考えられます。

アメリカのマサチューセッツ工科大学ではすでにブロックチェーンを活用した学位証明書の発行が行われています。またオックスフォード大学の教授が2018年秋に開校予定の大学「Woolf」では、ブロックチェーンやスマートコントラクトを利用した履修登録や事務作業を行なうとしており、大学運営にブロックチェーンを活用する大学が増えてきているようです。

関連記事

・「世界初!オックスフォード大学教授によるブロックチェーン活用の大学「Woolf」設立へ」はこちら
・「マサチューセッツ工科大学、ブロックチェーンで卒業証書」はこちら

おすすめ記事

LINEの友だち登録でお得なクーポン・キャンペーン情報をGET♫

BITDAYS編集部

BITDAYS編集部

BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!