静岡銀行が仮想通貨取引所コインチェックと連携へ!

静岡県に本拠を置く静岡銀行が、国内の大手取引所Coincheck(コインチェック)と連携を検討していることが明らかになりました。

連携で新しい金融サービスを

Coincheckは仮想通貨ネム(NEM/XEM)の流出事件後に、証券サービスを提供するマネックスグループの傘下に入り、現在は再建に向けてセキュリティーの強化や法令順守体制の再構築を進めています。
今回の連携に対して静岡銀行の取締役頭取(代表取締役)である柴田久氏は「現時点での提携は時期尚早。コインチェックが交換業者として、金融庁から登録承認を得るなど環境が整えばどういう連携ができるか考えたい」と述べており、コインチェックとの連携に前向きな姿勢を見せています。
さらに柴田氏は、コインチェックのブロックチェーン技術者の活用や静岡銀行とマネックスグループの口座連携ができれば「もっと新しい金融サービスができる可能性がある」と期待を示しています。

関連記事

・「コインチェック買収のマネックスがアメリカ進出に向けて動き出す!」はこちら
・「取引所コインチェック、マネックスグループの傘下に」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰