LINEがブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表!DAppsの開発も

本日6月28日(木)、LINE株式会社が開催中のカンファレンス「LINE Conference2018 」にてブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表しました。

独自トークン発行でユーザーに還元


今回のカンファレンスのテーマである「ReDesign」をもとに発表された「LINE Token Economy」は、ブロックチェーンを活用したプラットフォームです。動画や画像などを作成しLINEに貢献してきたユーザーを、独自トークンの発行によって還元できるようにするとのこと。また、DApps(分散型アプリケーション)の開発も行なっていくようです。

LINEは5月に仮想通貨関連の商標「wizcoin」を出願しています。LINEの仮想通貨やブロックチェーンの取組みは、今後さらに加速していくことでしょう。

関連記事

・「LINEが独自通貨発行!?商標「wizcoin」の出願が明らかに」はこちら
・「LINE、韓国でブロックチェーン技術の子会社を設立」はこちら

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。