ニュースまとめ

LINEがブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表!DAppsの開発も

本日6月28日(木)、LINE株式会社が開催中のカンファレンス「LINE Conference2018 」にてブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表しました。

独自トークン発行でユーザーに還元


今回のカンファレンスのテーマである「ReDesign」をもとに発表された「LINE Token Economy」は、ブロックチェーンを活用したプラットフォームです。動画や画像などを作成しLINEに貢献してきたユーザーを、独自トークンの発行によって還元できるようにするとのこと。また、DApps(分散型アプリケーション)の開発も行なっていくようです。

LINEは5月に仮想通貨関連の商標「wizcoin」を出願しています。LINEの仮想通貨やブロックチェーンの取組みは、今後さらに加速していくことでしょう。

関連記事

・「LINEが独自通貨発行!?商標「wizcoin」の出願が明らかに」はこちら
・「LINE、韓国でブロックチェーン技術の子会社を設立」はこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。