LINEがブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表!DAppsの開発も

本日6月28日(木)、LINE株式会社が開催中のカンファレンス「LINE Conference2018 」にてブロックチェーンプラットフォーム「LINE Token Economy」を発表しました。

独自トークン発行でユーザーに還元


今回のカンファレンスのテーマである「ReDesign」をもとに発表された「LINE Token Economy」は、ブロックチェーンを活用したプラットフォームです。動画や画像などを作成しLINEに貢献してきたユーザーを、独自トークンの発行によって還元できるようにするとのこと。また、DApps(分散型アプリケーション)の開発も行なっていくようです。

LINEは5月に仮想通貨関連の商標「wizcoin」を出願しています。LINEの仮想通貨やブロックチェーンの取組みは、今後さらに加速していくことでしょう。

関連記事

・「LINEが独自通貨発行!?商標「wizcoin」の出願が明らかに」はこちら
・「LINE、韓国でブロックチェーン技術の子会社を設立」はこちら


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信