「PEACE COIN」千葉市稲毛区で電子地域通貨として実証実験を開始!

 

PEACE COIN OÜ(本社:エストニア、CEO Ryoichi Abeは、この度千葉県千葉市稲毛区のNPO法人にこにこ稲毛が所有する社会実験施設「TREE」で心理学博士の大島玲未氏協力のもとPEACE COINを電子地域通貨としての実証実験を開始しました。

地域通貨プロジェクトとは?

地域通貨プロジェクトとは資本を独占する考えから分け合う考え方へと一歩ずつシフトしていこうという考え方を目的にPEACE COINを開発しました。

社会実験施設「TREE」において、千葉市議会議員である山本直史氏と地域の有志の方々が協力し合い地域活性化の実現を目指します。

増減価する独自のアルゴリズムをGDPに代わる新しい経済圏をPEACE COINで創造することで、人々の心理がどう変化するのかを実証実験していくという試みです。

PEACE COINでは、他にも地域通貨として導入を各地で進めていく方針とのこと。

PEACE COINの目的

PEACE COINは心理と感情などトークンエコノミーを連動させ、ブロックチェーン業界において世界的にもイノベーティブなプロジェクトを行い、新たな経済圏を創造していくのが目的です。

また、この仮想通貨は誰かと継続してコインのやり取りを行うと、その一貫性が評価されインポータンスが高まります。

PEACE COINでは各ユーザーのインポータンスによって所有量が増減するので、こういったやりとりの中でPEACE COINを通じて人間関係を深めて欲しいという意味で、この他にも独自のインポータンス評価基準を採用予定とのことです。

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰