大手取引所コインチェックが法定通貨の海外送金・入金サービス停止を発表

仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)本日6月29日(金)に更新を再開した公式ブログにて、法定通貨の海外送金・入金サービスの停止を発表しました。

送金は7月13日(金)15:00、入金は7月20日(金)まで


以下、Coincheck公式ブログより引用。

・停止対象サービス
海外送金サービス(海外への送金、海外からの入金)

・対象通貨
日本円(JPY)、アメリカドル(USD)

・停止の流れ
停止対象サービスをご利用いただく場合、下記の申請または着金分まで処理が行われます。この日時を過ぎる送金につきましては、送金を行うことができません。

海外への送金:2018年7月13日15:00申請分まで
※当該日時以降の依頼分はキャンセルさせていただきます。

海外からの入金:2018年7月20日着金分まで
※当該日以降の着金分は送金元の銀行口座に返金されます。

・停止対象サービスについて、個人・法人に限らず全ての宛先に対し送金が停止となります。
・当社により不正な送金と判断される場合等におきましては、申請をキャンセルとさせていただく場合がございます。ご利用の際はお早めに申請いただきますようお願い申し上げます。
・送金には所定の手数料がかかります。手数料につきましては下記のページをご参照ください。

手数料:https://coincheck.com/ja/info/fee

ご確認の上、ご注意くださいますようお願い申し上げます。

関連記事

・「仮想通貨取引所コインチェックが公式ブログ再開」はこちら
・「静岡銀行が仮想通貨取引所コインチェックと連携へ!」はこちら


合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信