仮想通貨取引所CoinExが3700万CETのバーン実施

中国の大手取引所CoinExが、独自トークンである37,851,179CETをバーン(Burn)したことを明らかにしました。

マイニング・配当によるインフレ防止も


「Burn(バーン/焼却)」とは、保有する仮想通貨を永久に使えなくすることでその通貨の希少価値を上げることです。
CoinExはこれまでに手数料利益の20%を四半期ごとにバーンしていましたが、今後は1ヶ月おきにその月の手数料利益の20%をバーンすることになったそうです。
またCoinExはマイニング事業の開始と、CETの配当を実施することもあわせて明らかにしています。今回のバーンは、2つの取組みによってCETが大量に出回りインフレーションが誘発するのを防ぐためだと考えられます。

関連記事

・「TRON財団が仮想通貨Tron(トロン)10億TRXをバーン」はこちら
・「大手取引所Binance、独自通貨バイナンスコイン(BNB)のバーン実施」はこちら

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰