ニュースまとめ

一攫千金のチャンス!?仮想通貨関連のWEBドメインに数億円の価格

最近ではニュースにならない日がないほど賑わいを見せている仮想通貨市場で、ビットコインを中心としたあらゆる通貨が時価総額をあげています。そんな中で仮想通貨関連のワードを用いたWEBサイト等に使用されるドメイン(URL)が高値で販売されていると海外のニュースサイトやSNSで話題になっています。そこで今回BITDAYSでも仮想通貨関連のワードを用いたドメインの価格を調べてみました。

ドメインBlockchain(ブロックチェーン)は○億円!?

今回価格を調査するにあたり多くのドメインを運営するUniregistry社のサービスを使用しドメインの価格調査をしてみました。

ビットコイン(bitcoin)関連ワードで取得できるドメインの価格

『.com』や『.jp』などの主要拡張子は取得されているので購入することはできません。Uniregistryで現在取得できる『bitcoin.tv』や『bitcoinatm.fr』の価格を見てみると、なんと$359,000(日本円で約4000万円)もの高値で販売されています。

次にBTCというワードで検索してみるとこちらも主要拡張子は販売されておらず『btcwallet.club』や『btc.vu』などがありますがこちらも数300万〜2,000万円という価格がついています。

ブロックチェーン(Blockchain)関連ワードで取得できるドメインの価格

ブロックチェーンも主要拡張子は既に取得されているのかUniregistryではリストに上がってきません。唯一有名な拡張子usを使ったblockchain.usが販売されていますがその価格なんと$2,750,000(日本円で3億円)と、とても一個人が購入できる価格ではありません。

[blogcard url=”https://uniregistry.com/”] [/blogcard]

この他にもアルトコインで幾つか調べてみましたが有名通貨は同じように高値で販売されています。今後伸びそうな通貨名でドメイン購入をいち早くする人なども出てきそうですね。今回の調査でより仮想通貨の世間の認知や通貨への期待を感じさせられました。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集長。デジタル消費者生活評論家。スマホ決済やクレジットカード、電子マネーなどに代表されるキャッシュレス決済や株式投資、投資信託などの金融情報を中心に発信。また国内外のスタートアップ企業やプロダクトなどのインタビュー記事も数多く発表し、新時代のライフスタイルを追いかけるジャーナリストとして活動している。

- 三矢晃平 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。