ニュースまとめ

バイナンスCEOジャオ氏が西日本豪雨被害者へ100万ドル寄付を表明

大手取引所Binance(バイナンス)のCEOである趙長鵬(ジャオ・チャンポン)氏が、西日本で発生した豪雨の被害者に対して100万ドル(約1億1000万円)を寄付することが明らかになりました。

ユーザへ寄付の呼びかけも


ジャオ氏は自身のツイッターにて「私たちの心は西日本の被害者と共にある。バイナンスでは、約100万ドルの寄付をBNB、BTC、またはJPY(日本円)で始める予定だ。仮想通貨事業の提携先にも、私たちの友のための支援を呼びかけている。」と述べ、ユーザーへも寄付を呼びかけています。
寄付の方法は、ジャオ氏のツイッターとバイナンスの公式ブログでアナウンスされています。


バイナンス公式ブログによる寄付の案内はこちら

関連記事

バイナンスが取引サービス再開!アフターサポートが「神対応」と話題に
リップル社が大学教育に多額の寄付。ブロックチェーン研究と人材育成を目指す
ネム(XEM)で支援を。大阪北部地震を受けてNEM猫プロジェクトが募金実施

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。