Amazon決済サービスAvacusがビットコインキャッシュの対応開始!第2回新通貨対応投票のエントリー通貨発表も

仮想通貨でAmazonの商品が購入できる決済サービスAvacusにて、第1回新通貨対応投票で選ばれたビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)を用いた決済が可能となりました。また、7月24日(火)から行われる第2回新通貨対応投票のエントリー通貨も発表されました。

第2回新通貨対応投票は24日(水)から実施


「Avacus」は Amazonの商品を仮想通貨で購入できるサービスであり、対応する通貨はビットコイン(Bitcoin/BTC)と今回追加されたビットコインキャッシュの2種類です。
7月24日(火)から7月末まで、第2回新通貨対応投票が開始されます。各通貨ごとに割り当てられたアドレスに、VACUS.VOTE.2サブトークンを送信することで投票が可能とのことです。
今回の投票のエントリー通貨は以下の10種類です。

デジバイトDigibyte/DGB)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リスク(Lisk/LSK)
モナコイン(MonaCoin/MONA)
・なんJコイン(NANJCOIN/NANJ)
・フォア(Phore/PHR)
・VIPSTARCOIN(VIPS)
ネム(NEM/XEM)
・XPChain Project(XPC)
・シールド(SHIELD/XSH)

投票詳細ページはこちら

関連記事

ビットコインキャッシュ採用の「Avacus」、次の対応通貨も投票で決定へ
Avacusがビットコインキャッシュを採用!Amazon商品の割引購入が可能に
Amazonの決済サービスがビットコインキャッシュに対応!お得なキャッシュバックも

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰