CBOEの社長がイーサリアムとビットコインキャッシュの先物を取り扱う可能性を示唆

12月2日、米商品先物取引委員会(CFTC)は米先物取引所運営大手CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とCBOE(シカゴ・オプション取引所)に仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の先物上場を認める方針を公表しました。

さらに海外の一部報道によるとCBOEの社長クリス・コンキャノン氏が市場が成熟すればイーサリアム(Ethereum/ETH)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の先物も実現するという考えを述べたとされています。

以前より機能性としてイーサリアムやビットコインキャッシュがビットコインよりも優れていることは話題に上がっていました。ある程度市場が成熟したタイミングでイーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)先物の取り扱いが実現することは確かに自然な流れなのかもしれませんね。

おすすめ記事

三矢晃平

三矢晃平

BITDAYS編集長/株式会社デライトチューブ代表取締役社長/キャッシュレスやシェアリングエコノミーなど、持たない消費生活の研究をライフワークにしています。