BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

日本最大のQ&Aサイト「OKWAVE」がマイニングカー事業を展開!

日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴが、マイニングカー製造・推進事業を協力して展開していくことがわかりました。

OKWAVEのマイニングカー開発。詳細は?

プレスリリースによると、エストニアに本社を持つGホールディングス社と協力し、マイニングカーの製造・推進事業や、エネルギー関連のプロジェクトを展開していくそうです。

 

以下、プレスリリースより引用

 

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、この度、エストニアに本社を持つGホールディングス社(CEO=最高経営責任者:平井正昭(ひらいまさあき)氏)と、自動車の車輪に補助輪をつけて回転させて発電し、仮想通貨マイニング等にも利用できる電力として使用する、“マイニングカー”の事業やエネルギー関連プロジェクトなどを共同して展開していくことで合意しました。

Gホールディング社は、ファウンダーで、大気中から飲料水を簡易で作る装置など様々なエネルギー・環境対応等の新発明を手掛けるほか、日本の浮世絵を海外に紹介する“浮世絵外交”などの国際的な文化芸術交流の分野でも世界的にも著名な平井正昭氏が代表を務める、気鋭の素材・エネルギー・環境分野を軸とするベンチャー企業です。

この度のGホールディングス社と弊社オウケイウェイヴとの共同での事業・プロジェクト推進の合意では、Gホールディングスの持つ、カーボンナノホーン技術(※)をベースとする、エネルギー効率を最⼤化する特許技術をもとにした「Earth Power」という素材関連技術を自動車の駆動部や電動部に利⽤することで、最⼤で1,000倍以上のエネルギー効率化(電動率が銅に比べ最大1,000倍以上の可能性)の実現の可能性を追求していきます。
Gホールディングスとオウケイウェイヴでは、この「Earth Power」を利⽤した、プロジェクトの第⼀弾としてマニングカー(Mining Car)の推進事業を共同展開します。マイニングカーは、今まで実質的に捨てられてきた形の自動車の⾛⾏時の余剰エネルギーを利用した、エネルギー資源の持続可能性、環境にも配慮したスキームの製品です。

共同の事業展開では、オウケイウェイヴ側は、製品の販売、特許販売の総代理店になり、販売部門の事業を進めます。製品製造等のプロダクション面のコーディネーションはGホールディングス社が進めることになります。

Gホールディングス社とオウケイウェイヴは、今後、コアの素材技術であるカーボンナノホーンをベースとした新素材を利用して、地球の限りあるエネルギー資源の持続可能性の観点を重視しながら、世界や社会の要請も踏まえて、産業分野、製造業分野などに貢献できるエネルギー・環境の新技術や新機軸のプロジェクトを共同して、追求、推進していくことにしています。

※カーボンナノホーン技術…
炭素材料をナノテクノロジーを用いて、ナノスケールに加工した素材を「ナノカーボン素材」といいます。「ナノ(nano)」は10億分の1を表す単位で、1ナノメートル(nm)は1メートルの10 億分の1の長さで、分子や原子の大きさに相当します。
カーボンナノホーンはナノカーボン材料の中の種類の一種で、発見当初より、電気伝導率や強度などの優れた電子特性があり、未来を変える 「夢の新素材」としてあらゆる分野への活用が期待され研究されている技術です。

■Gホールディングス社について
会社名:Gホールディングス
代表者:CEO 平井 正昭

所在地
本社:HARJU MAAKOND,TALLINN,KESKLINNA LINNAOSA,ROOSIKRANTSI TN 2-K493,10119
日本オフィス:東京都千代田区外神田6-2-8 松本ビル3階

事業内容:カーボンナノホーン技術をベースとする、エネルギー効率を最大化する技術「Earth Power」を活用したマイニングカーのプロジェクトなど、「Earth Power」を活用した事業

関連記事

日本最大級Q&Aサイト「OKWAVE」、仮想通貨交換業の登録申請
オウケイウェイブ子会社がマレーシアにブロックチェーン関連孫会社を設立
仮想通貨のマイニングとは?仕組み、やり方、稼ぎ方・マイニングにおすすめな仮想通貨は?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
結木千尋
ユウキチヒロ。フリーランスの文章書き。 2017年10月に仮想通貨と出会い、勉強を始める。関心は仮想通貨・ブロックチェーンに関連したサービスなど。投資はほとんどおこなわない。 これまでにBITDAYSを含め、複数の仮想通貨メディアに記事を寄稿。BITDAYSではインタビュー取材や、企画への出演といった経歴も持つ。
PAGE TOP