メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」、Android版サービス開始

メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」が本日2月28日(木)よりAndroid版のサービス提供を開始しました。

Androidから売上金で「iD」決済可能に


以下、プレスリリースより引用。

株式会社メルペイは、フリマアプリ「メルカリ」において、2019年2月28日(木)よりスマホ決済サービス「メルペイ」をiOSに続きAndroidでも提供開始しましたので、お知らせいたします。
「メルペイ」は三井住友カード株式会社との事業連携を通じ、非接触決済サービス「iD」※1に対応しています。今回2月13日より提供しているiOSに続き、Androidでも提供を開始することで、より多くのお客さまにご利用いただくことが可能になりました。
なお、本サービスはドコモに限らず、au、ソフトバンク、MVNOをご利用中のお客さまもご利用いただくことが可能です。

今回の対応により、Android端末をご利用いただいている「メルカリ」のお客さまにおいても、「メルカリ」上での取引を通じて保有している売上金※4を「メルカリ」内での商品購入はもちろん、コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグストア、ファストフード店をはじめ、全国約90万か所の「iD」加盟店で利用することが可能となります。
さらに、3月中旬にはコード決済にも対応を予定しており、ますますご利用いただける加盟店を拡大していきます。

株式会社メルペイは、今後も「使える決済」「使われる決済」を目指し、また日本のキャッシュレス推進のため、サービスおよびパートナーを拡充してまいります。

(※1):「iD」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
(※2): Android 5.0以降がインストールされているおサイフケータイ対応のスマートフォンでご利用になれます。
(※3):本日より「メルカリ」Androidアプリを利用のお客さまを対象に段階的に適用されます。
(※4):売上金を利用するには、所定の設定又はポイント購入をしていただく必要があります。

関連記事

ガブうまハムカツ

ガブうまハムカツ

BITDAYSのニュースを担当。国内や海外の経済・金融ニュースを執筆しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payを主に利用。ポイ活もちまちま始めてみました。