OYO LIFE(オヨライフ)とは?敷金礼金なし、家具付き賃貸にお引っ越し!

敷金・礼金なし、家具家電付きの部屋に気軽に引っ越しができると話題の「OYO LIFE」。
利用するメリットや部屋の借り方など、OYO LIFEがどんなサービスなのか徹底的に解説します。

目次

OYO LIFE(オヨライフ)とは

OYO LIFEは、パソコンやスマホで物件探しから入居・退去まで完結、初期費用や光熱費の手続き不要で気軽に引っ越しができる新しい賃貸サービスです。
『旅するように暮らす』をコンセプトに、2019年3月からサービスを開始しました。

OYO(オヨ)はホテルチェーンとして有名

OYO LIFEの親会社であるOYOは、インド発で世界第6位のホテルチェーンとして有名です。
2015年にはソフトバンクから1億ドルの出資を受けており、IT活用の経営とホテル運営で急成長しています。
2019年2月にヤフー株式会社と共同で「OYO TECHNOLOGY & HOSPITALITY JAPAN(オヨ テクノロジー・アンド・ホスピタリティ・ジャパン)」を設立。日本の賃貸住宅事業に参入しました。

家具家電はCLAS(クラス)と提携

CLASとは『暮らしを自由に 軽やかに』というコンセプトで家具家電を貸し出しているサブスクリプションサービスであり、家具家電を借りたい時にいつでも借りられるのが最大の特徴です。
CLASのメリットは、何といってもOYO LIFEとの相性が抜群に良いことでしょう。OYO LIFEでは物件を借りた際に基本的にCLASの家具家電が設置されているので、自分で家具家電を買い揃える必要性がありません。
CLASは月額400円から利用できるので圧倒的に初期費用が安く抑えられます。もし借りている最中に家具家電を汚したり傷つけたりしてしまっても、追加料金が請求されることはないので安心して利用できるのもポイントです。

▼CLAS代表 久保裕丈氏のインタビューもチェック!

所有しない暮らしを広げる「家具・家電レンタルサービスCLAS」代表 久保裕丈氏インタビュー

OYO LIFE(オヨライフ)とマンスリーマンションの違い

OYO LIFEと非常によく似たものに「マンスリーマンション」があります。
マンスリーマンションも敷金礼金が一切必要ないため、初期費用を安く抑えることができます。最小限の荷物だけで部屋を借りることが可能であり、家具家電が備え付けられている点も同じです。
しかし、OYO LIFEと決定的に違うのは、マンスリーマンションの場合だとスマホで物件探しから入居・退去まで完結できないという点。また、一部のマンスリーマンションではWi-Fi接続によるインターネット環境が整っていないことが挙げられます。
OYO LIFEならパソコンやスマホさえあれば物件探しから契約までがとても簡単で、各種手続きに手間がかかりません。そして、OYO LIFEで借りられる物件はインターネット環境が漏れなく完備されています。
マンスリーマンションにない魅力がOYO LIFEにはあるのです。

▼詳しくは以下の記事をチェック!

OYO LIFE(オヨライフ)で一人暮らしがおすすめ!初期費用で比較してみよう

OYO LIFE(オヨライフ)のメリット

OYO LIFEにはさまざまなメリットがあるので、手軽に部屋を借りたい人はぜひ利用すると良いでしょう。2019年3月にサービスを開始して以来かなりの注目を集めており、マンスリーマンションにはないメリットもあることから徐々に浸透しつつあります。
それでは、OYO LIFEのメリットについて見ていきましょう。

スマホアプリで賃貸契約完了

OYO LIFEの最大のメリットは、スマホでOYO LIFEのアプリをダウンロードして利用するだけで賃貸契約が完了することです。今まで賃貸契約を行なうときは、一般的にインターネットか不動産会社に行って借りたい物件を探し、契約するために必要な書類を書くなど、賃貸物件を探してから入居するまでにかなりの時間と手間をかけなければなりませんでした。
しかし、OYO LIFEでは不動産会社に行く必要がなければインターネットで物件を探す必要性がありません。スマホさえあれば物件探し・契約・入居のわずか3ステップで賃貸契約が完了するのが大きなポイントです。
面倒な手続きは一切必要なく、まるでホテルを予約するかのようにスマホのみで部屋が借りられるのがOYO LIFEならではのメリットだと言えるでしょう。早ければ次の日から部屋に住むことができる上に、退去するときもスマホで簡単にできるので、物件探しから退去まで済ませられます。

敷金・礼金・仲介手数料無料

OYO LIFEでは敷金・礼金・仲介手数料といった初期費用が一切かからないメリットがあります。一般的に不動産会社などで物件を借りる場合、入居する前に敷金や礼金、仲介手数料を支払わなければならないので多額の初期費用を用意する必要性がありました。
OYO LIFEの場合はそういった初期費用が一切かからないため、予算が少ない人でも手軽に部屋が借りられるようになっています。基本的に支払うのは家賃と共益費だけなので、安心して引っ越せるでしょう。

電気・ガス・水道などの手続き不要

OYO LIFEで借りられる部屋では、すでに電気やガス、水道が使えるようになっているので、面倒な手続きは一切必要ありません。一般的な物件の場合、これから引っ越す部屋は電気やガス、水道が止められている状態なので、使えるようにするために電気会社やガス会社、水道局に連絡して手続きを済ませなければなりません。
OYO LIFEのなら電気・ガス・水道の手続きは不要のうえ、光熱費はすべて家賃に含まれるので、安心して快適な生活が送れるでしょう。

家具家電付き、Wi-Fiも完備

OYO LIFEには家具家電付きの部屋が豊富に用意されています。
調理器具や寝具類、テーブル、冷蔵庫、洗濯機など基本的なものがすべて揃っているので、新生活をスタートするために買い揃える必要はありません。
また、全部屋にWi-Fi環境が完備されているのも大きなメリット。
家具家電が揃っていたり、Wi-Fi環境が整っていたりすることから、まさにOYO LIFEのコンセプト『旅するように暮らす』の通り気軽に引っ越せるのです。
初期費用がかなり抑えられますし、インターネット環境が不安という方におすすめです。

家具なし物件もある

OYO LIFEの物件には基本的に家具家電が設置されていますが、もっと多くのニーズに応えられるように家具なし物件も用意されています。
人によっては、もともと使っているものがいい、自分が選んだものを使いたいということもあるでしょう。OYO LIFEでは、そんな方のために家具家電を設置していない物件を紹介しています。
使い慣れた家具家電を設置したい方や自分なりにインテリアにこだわっている方などにおすすめです。

東京だけでなく大阪・京都・名古屋にも展開

OYO LIFEは東京を中心にサービスを行っていますが、大阪や京都、名古屋などにも展開しています。2019年10月1日からは大阪、11月1日からは京都、兵庫、名古屋でもOYO LIFEが利用可能です。
その他の地方にも事業を展開していくと見られており、『旅するように暮らす』スタイルはさらに広がるでしょう。今後、よりOYO LIFEが利用しやすくなるのではないでしょうか。

入居者にはお得なOYO PASSPORT(オヨパスポート)

OYO LIFEで入居する方にとってお得なサービスが「OYO PASSPORT」です。
OYO PASSPORTとは、入居後に1ヶ月間無料でOYO LIFEの提携先のシェアリングエコノミー関連サービスやサブスクリプションサービスを利用できるサービスです。
OYO LIFEの提携先はさまざまで、モビリティ・カーシェアリングサービス、家具家電関連サービス、ファッション関連サービス、家事代行サービス、飲食サービス、ヘルスケアサービス、収納サービス、セキュリティ関連サービス、ビジネス関連サービス、音楽関連サービス、動画関連サービスなど30社以上のサービスがあります。
入居後1ヶ月間のみの利用となっているので、入居したら早めに利用してみましょう。

OYO LIFE(オヨライフ)の物件は?どんな部屋があるのかチェック!

OYO LIFEには、主に以下の3つのタイプの部屋があります。

・マンションタイプ(10万~15万円)
・戸建タイプ( 25万~45万円 )
・シェアハウスタイプ(4万~6万円)

OYO LIFEが日本で事業を始めてから急速に物件数が増えており、マンションタイプの部屋を中心に自分のライフスタイルや家族構成に合った部屋が選べるでしょう。マンションタイプの部屋は基本的にワンルームや1Kといった一人暮らし向けの部屋が多くあるので、さまざまな場所を行き来するのが好きな人や短期間だけ部屋を借りたい人におすすめです。
他のタイプと比べて家賃が高いのが唯一のデメリットでもありますが、通常の引っ越しを考えれば十分に費用を安く抑えられると言えるでしょう。

次に、戸建タイプは主に家族で暮らせる2LDKなどの広い間取りに住めるのが大きなポイントです。まだまだ物件数が少ないですが、一般的な不動産会社などには掲載されていないようなおしゃれな物件が見つかります。

最後のシェアハウスタイプは、戸建タイプよりも物件数が少なくものの、物件数が増えてくればさらに需要が高まると言えるでしょう。

OYO LIFE(オヨライフ)の家具家電付き賃貸

OYO LIFEの家具家電付きの賃貸には、生活に役立つ多くの家具家電が設置されています。
代表的な家具家電は、ベッド、椅子、テーブル、デスク、洗濯機、冷蔵庫、掃除機、テレビ、洗面台、電気ケトル、電子レンジ、エアコン、照明器具、ラグ、バスマット、レースカーテンなどです。

アメニティの一例

茶碗 x2
マグカップ x2
平皿 x2
フォーク x2
スプーン x2
ナイフ x2
フライパン x1
片手鍋 x1
包丁 x1
まな板 x1
おたま x1
フライ返し x1
ざる x1
バスタオル x2
フェイスタオル x2
ハンガー10P x1
電源タップ x1
トイレットペーパー x1

手軽に部屋が借りられるうえ、これだけの家具家電や雑貨が揃っていれば引っ越したその日から快適な生活が送れることでしょう。

OYO LIFE(オヨライフ)の人気物件をチェック

OYO LIFEで部屋を借りるとしたら、実際にどんな部屋なのか気になる方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、OYO LIFEの人気エリアやおすすめエリアの物件を5つ紹介します。

OYO LIFE #491

こちらはアルテシモノルガという物件で、都営新宿線の森川駅から徒歩3分の場所にあります。間取りは1Kで、家賃は月額13万2,000円、共益費が25,000円です。この物件は24時間対応のセキュリティが完備されており、バイク・自転車置き場もあります。
ポケットWi-Fiや料理器具、寝具類、テーブル、冷蔵庫が設置されているだけでなく、近くの最寄り駅から都心部にアクセスしやすい立地なのがポイントです。

OYO LIFE #155

こちらはフェニックス麻布狸穴公園という物件で、都営大江戸線 麻布十番駅から徒歩3分の場所にあります。間取りは1Kで、家賃は月額11万8,000円、共益費が25,000円です。
バス・トイレは別で、ポケットWi-Fiや料理器具、寝具類、テーブル、冷蔵庫、その他アメニティが設置されています。

OYO LIFE #505

こちらはエアータワー西麻布という物件で、東京メトロ銀座線の表参道駅から徒歩10分の場所にあります。間取りは1Rで、家賃は月額16万円、共益費が25,000円です。ポケットWi-Fiや料理器具、寝具類、テーブル、冷蔵庫が設置されており、広い部屋で充実した一人暮らしができるでしょう。
自転車置き場を利用できるほか、オール電化になっているのもポイントです。

OYO LIFE #410

こちらはリヴシティ新宿壱番館という物件で、山手線の大久保駅から徒歩7分の場所にあります。間取りは1Kで、家賃は月額12万5,000円、共益費が25,000円です。ポケットWi-Fiや料理器具、寝具類、テーブル、冷蔵庫、その他アメニティが設置されています。
大久保駅から山手線を利用すれば、渋谷や原宿、新宿や東京などさまざまな都心部へ手軽にアクセスできるのが大きなポイントです。

OYO LIFE #084

こちらはAPEX秋葉原という物件で、山手線の御徒町駅から徒歩7分の場所にあります。間取りは1Rで、家賃は月額13万6,000円、共益費が25,000円です。ポケットWi-Fiや料理器具、寝具類、テーブル、冷蔵庫、その他アメニティが設置されています。
近くには上野動物園やアメ横商店もあるので休日を楽しみやすいでしょう。

▼詳しくは以下の記事をチェック!

OYO LIFE(オヨライフ)の物件をチェック!家具付き賃貸ってどんな部屋?

OYO LIFE(オヨライフ)の始め方

これからOYO LIFEを始めたいという方は、以下の方法を参考にしてみてください。

1.最初にパソコンやスマホからOYO LIFEの公式ウェブサイトにアクセスします。
2.借りたい物件を探して予約します。
3.部屋を予約するとOYO LIFEから支払いを行うためのリンクが添付されたメールが送信されます。
このメールを受信してから72時間以内に料金を支払わなければなりません。
4.OYO LIFEが支払いが完了したことを確認すると、契約を締結するための案内が行われるので、無事に契約が締結されたら正式に契約が完了します。
5.入居する前日の18時~21時の間に、OYO LIFEから入居の案内や鍵の情報がメールで送信されます。
6.入居日当日は、10時以降から入居できます。
7.入居中にOYO LIFEから退去に関するメールが送信されます。
8.退去する場合は退去に関するメール内の内容に沿ってチェックフォームを提出した後に退去します。

ホテルのように部屋を選ぶだけ

OYO LIFEで部屋を借りるときは、OYO LIFEの公式ウェブサイトにアクセスする必要性があります。トップページに検索フォームがあるので、自分が住みたいエリアや最寄り駅などを入力して検索することで自分が気に入る部屋を探すだけの簡単な方法です。
面倒な操作は一切必要なく、該当エリアの地図を見ながらホテルのように部屋が選べるので手軽に引っ越せるでしょう。

OYO LIFE(オヨライフ)に必要な書類

OYO LIFEを利用するときに必要になる書類は、運転免許証、パスポート、在留カード・特別永住者証明書、健康保険証、住民票の写しのいずれかが契約締結の際に必要であり、予約フォームでアップロードしなければなりません。

運転免許証の場合

運転免許証の表面の写真を撮ってファイルをアップロードします。住所変更が行われている場合は、裏面の写真も同時にアップロードしましょう。

パスポートの場合

パスポートの顔写真と住所のページの写真を撮ってアップロードしましょう。

在留カードまたは特別永住者証明書の場合

在留カードまたは特別永住者証明書は、運転免許証と同様、表面の写真を撮ってファイルをアップロードしますが、住所変更を行った場合は裏面の写真と合わせてアップロードしてください。

健康保険証などの保険証の場合

保険証は、表紙と氏名、生年月日、住所の写真を撮ってアップロードしましょう。

住民票の写しの場合

アップロードするのは6ヶ月以内に発行した日が記載されているものです。
また、アップロードする際にマイナンバーが記載されているなら、悪用されないように塗りつぶしてからアップロードします。

入居中の支払い方法

OYO LIFEを利用して部屋を借りた場合、支払い方法はVISAやMasterCard、JCBやダイナース、AMEXによるクレジットカードのみとなります。
基本的に月末の14日前にOYO LIFEから支払い請求のメールが送信されるので、月末の4日前までに支払いましょう。なお、4日前までに支払わなかった場合は、予約がキャンセルされる可能性があります。

OYO LIFE(オヨライフ)のWi-Fi

OYO LIFEで完備されているポケットWi-Fiは、Y!mobileのものを使用しており、3日ごとに10GBまで使用できます。このポケットWi-Fiは室外に持ち出すことは禁止です。

消耗品について

OYO LIFEで部屋を借りるとき、バスタオルやフェイスタオルは用意されていますが、その他の消耗品は全て持参する必要性があります。

▼詳しくは以下の記事をチェック!

OYO LIFE(オヨライフ)ならホテルのように部屋を選ぶだけ!アプリで賃貸契約の使い方

OYO LIFE(オヨライフ)のお得なキャンペーン

OYO LIFEではお得なキャンペーンが多くあります。これからOYO LIFEの利用を考えているなら、キャンペーンの対象にならないかチェックするのがおすすめです。それでは、OYO LIFEのお得なキャンペーンについてご説明しましょう。

あなたの紹介で友達が入居すると10,000円もらえる

OYO LIFEでは、あなたの紹介で友達が入居すると、1万円分のPayPayやAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンがあります。このキャンペーンに参加するためには、OYO LIFEの友達紹介キャンペーンのページにてOYO PASSPORTの会員登録を行った後に友達紹介キャンペーンのページに紹介するだけ。
紹介された友達はOYO LIFEのページから借りたい部屋を探し、申し込む際にクーポンコード欄に『KAKUSAN』と入力します。その後、部屋に入居した後にOYO LIFEから送信されたメール内の入力フォームに、紹介してくれた人の名前を入力するとお互いに1万円分のギフトカードが贈られる仕組みです。

OYO LIFE、非利用者でも参加可能な友達紹介キャンペーン開始 Amazonギフト券やPayPayギフトカード1万円分を双方にプレゼント

抽選で1ヶ月間無料で住める

OYO LIFEでは「#いきなり0円ライフ」キャンペーンというものも行っています。
Twitter公式アカウントをフォローし、キャンペーン投稿をリツイートすることで応募可能。当選すると、募集中の物件に1ヶ月間無料で住むことができます。
現在は、10月20日(日)まで板橋区役所前の物件について募集受付中です。

OYO LIFE、都心に1カ月間無料で住める「#いきなり0円ライフ」板橋区役所前編募集中

関西サービス開始記念!抽選で100人中1人に10,000円が当たる

こちらのキャンペーンは関西サービスが開始されたことを記念したものであり、10月4日(金)~31日(木)の間にOYO PASSPORTの新規会員登録を済ませると、抽選で100人中1人に1万円分のPayPayギフトカードが当たります。
応募対象者はキャンペーンの実施期間中にOYO PASSPORTの会員登録を行った人で、新規登録するだけで応募が完了。当選者は11月中にメールが送信され、メール内のURLリンクをタップするとギフトカードが受け取れます。

▼詳しくは以下の記事をチェック!

OYO LIFE(オヨライフ)お得なキャンペーンまとめ

OYO LIFE(オヨライフ)の評判・口コミ

実際にOYO LIFEを利用した方の評判、口コミを紹介します。

拡大を切に望む

1ヶ月間OYO LIFEで部屋を借りました。入居がとても簡単で、退去時も20分程度の立会いだけで終わって非常に楽でした。
良いサービスなのですが、都内など限られた地域しか対応してないのが残念です。

1Kで11万円は高い

OYO LIFEを利用して引っ越しました。予約したらすぐ入居できるし、基本的な家具家電が揃ってるのでとても便利でした。
ただ、1Kで11万円と少々お高いのが欠点です…

スマホで契約できるのが便利

家具付きの部屋を探しているときに、スマホで契約できるのが決め手でした。早期に契約が決まり、手続きもスピーディに完結。
OYO LIFEは、今の時代ネットですべて契約できてしまう時代に対応していて、家具家電も完備され保険も適用されていて、Wi-Fi環境も整っている。とても充実しています。

Wi-Fiの使いすぎに注意

家具がはじめから設置されていて、それには保険適用されてますが、持ち込みしての家電家具などには保険は適用されません。
また、Wi-Fiもついつい使いすぎてしまうと、3日程度で決まったギガ数以上に達して制限がかかってしまうので注意です。

▼詳しくは以下の記事をチェック!

OYO LIFE(オヨライフ)の評判・口コミが気になる!

▼以下のレポート(体験記)もチェック!

敷礼仲介手数料0円のOYO LIFEにスマホとカバンだけ持って引っ越ししてみた

OYO LIFE(オヨライフ)の会社概要

会社名OYO LIFE(オヨライフ)
所在地東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビル12F
設立年月2018年7月
創業者勝瀬 博則
公式HPhttps://www.oyolife.co.jp

▼OYO LIFE代表 勝瀬博則氏のインタビューもチェック!

【スマホひとつで旅するように暮らす】アパートメントサービス「OYO LIFE」代表 勝瀬 博則氏インタビュー

OYO LIFE(オヨライフ)は初期費用ゼロ!新しい賃貸サービスで気軽に引越し

現在日本には多くの賃貸サービスがありますが、その中でもOYO LIFEは全く新しい賃貸サービスだと言えるでしょう。面倒な手続き等は一切なく、スマホでホテルのように住みたい部屋に引っ越せるのは大きなメリットです。
初期費用も一切かからず、必要なのは家賃と共益費だけ。さらにお得なキャンペーンも行われているなど、まさに至れり尽くせりの便利な賃貸サービスだと言えます。『旅するように暮らす』というコンセプトのように、どこよりも手軽に部屋が借りられるのがOYO LIFEならではの強みだと言えるでしょう。

CATEGORY

OYO LIFE(オヨライフ)