レンタルスペース

バケーションレンタルとは?ハワイや沖縄の貸別荘で優雅に過ごす

ホテルや旅館などおもてなしサービスが充実したところに泊まるのも素敵ですが、お洒落な住宅をまるで自分の家に使ってみたい、一度はセレブ気分を味わいたいと思ったことはありませんか
そんな方に人気のバケーションレンタルについて紹介します。

バケーションレンタルとは?


バケーションレンタルとは、個人や法人などが所有している自宅やマンション、風情ある古民家などを借りることができるシステムです。
民泊サイトなどに登録されている物件の中から、地域や希望条件、利用したい時期や期間などから検索し、オーナーに直接申し込んで利用の予約を行います。
利用料金は当日に直接現金やクレジットカード、デジタル通過などで支払うか、事前に銀行振り込みやクレジットカード払いを行います。
海沿いのリゾートマンションや一戸建てを丸ごと借りられたり、観光地にある町家や田舎の古民家などを借りたりすることもでき、いつもとは違う体験ができるのが魅力です。

ホテルや旅館との違いは?

では、ホテルや旅館との違いはどこにあるのでしょうか。
ホテルや旅館は宿泊するためのサービスが用意され、フロントでの受付対応から客室のセッティング、お食事の用意や利用後のお掃除まで基本的に全て行ってくれます。
これに対してバケーションレンタルではフロントなどはなく、客室スタッフや客室サービスなどの用意は通常ありません。
また、ホテルや旅館は基本的に年中無休で営業していて、空き室があれば、いつでも予約を入れられ、当日でも泊まることが可能です。
一方、バケーションレンタルはオーナーが一般個人であることが多く、普通に仕事をしている方なので、直ぐに連絡がとれるとは限りません。
予め日程を決めて早めに予約を入れるのが賢明です。
年中無休とは限らず、オーナーが使わないときだけ貸すなどのケースも多いので、泊まってみたい施設でもスケジュールが合わないこともあります。
もっとも、バケーションレンタルでは普通の居住スペースなどを借りられるので、キッチン設備や調理器具、お皿などが用意されているので、自分で好きに料理をしたり、出前をとったりして自由に過ごせるのが便利です。
ホテルや旅館ではチェックインの門限があったり、出入りが自由にできなかったりする時間がありますが、バケーションレンタルでは一度チェックインを済ませれば、普通に自宅で過ごすのと同様、真夜中にコンビニに買い物に行くことも可能です。
ホテルや旅館は大浴場が用意されていたり、客室にシャンプーやボディーソープなどのアメニティが用意されていたりします。
バケーションレンタルでもアメニティが用意されていることもありますが、その物件によって違いがあります。
また、ホテルや旅館は宿泊後はそのままでも客室スタッフがお掃除などをしてくれますが、バケーションレンタルではゴミ捨てやお部屋を多少片付けてキレイに使うのが基本で、その物件ごとに定められたルールを守って気持ちよく使う必要があります。
アメニティなどが充実していなかったり、セルフで行う部分が多い分、ホテルや旅館に比べて低料金で利用できるのがメリットです。

バケーションレンタルのメリットは?


ホテルや旅館に比べると比較的低コストで泊まれるのがメリットの1つです。
また、田舎暮らしが楽しめたり、昔ながらの古民家体験ができたり、高級リゾートを楽しめたりといった、いつもとは違う体験ができるのも魅力です。
観光地でホテルや旅館に泊まるのは定番の体験ですが、観光地で暮らしてみたいといった方には面白い体験ができます。
普通の住宅のように使えるので旅行だけでなく、長期出張や長期で滞在が必要となる事情があるときにも低コストで便利に使えます。
たとえば、仕事や受験、親族の看護や介護で一定期間の滞在が必要になる場合、ホテル暮らしではかえって窮屈であったり、外食ばかりで体調も崩しやすくなったりします。
バケーションレンタルを利用すれば、長期滞在でも比較的コストもやすく、普段の自分の生活の場のように利用できます。
自炊もできますし、洗濯機で洗濯もできるので、ホテルで高価なクリーニングサービスを利用する必要もありません。
マンスリーマンションと異なり、契約期間も物件によっては自由に設定ができるのも便利です。
数日から1週間、半月や1ヶ月半など物件に応じて泊まりたい日数だけ使えます。
また、ホテルや旅館の場合は1名あたりの料金で、宿泊客以外の入室はNGであることがほとんどです。
ですが、バケーションレンタルは物件あたりの料金設定であることが多く、家族みんなで使ったり、友達と利用したり、一緒に出張する職場の人とシェアすることもできます。
一定の制限が設けられていなければ、利用している間の人の出入りも自由なので、近所に住んでいる友達を呼んだり、地元で知り合った方を招待したりしてお茶や食事を楽しむことも可能です。
周囲への騒音防止などのルールはありますが、ホームパーティーを開いたりと様々な用途に使えるのも魅力ではないでしょうか。

バケーションレンタルはどんなシーンで利用できる?

ビジネスホテルをバケーションレンタルに変えるだけで特別な旅行体験に

バケーションレンタルのメリットでも紹介しましたが、自分の自宅のように自由度が高く利用できるのが便利です。
その場所に旅行に訪れたいときにホテルや旅館代わりに活用したり、親戚の家に遊びに行く際に親戚宅に泊まる代わりの宿としても活用できたりします。
また、最近は出張するビジネスパーソンの宿泊先としても人気を集めています。
会社での出張は1人のときもありますが、2名、3名で一緒に行くことも少なくありません。
これまでならビジネスホテルのシングルルームを人数分予約するか、狭い部屋に2人で相部屋ということが多かったのではないでしょうか。
上司や先輩に気を使ったりする一方、同僚のいびきがうるさくて眠れないなどの不便もあったかもしれません。
では、バケーションレンタルを複数名での出張時に利用したらどうでしょうか。
人数分の個室があるバケーションレンタルを利用すれば、寝るときなどはそれぞれプライベート空間が作れて快適に眠れます。
一方で、夜はリビングで一緒にご飯を食べたり、飲んだりとコミュニケーションも深められますし、リビングミーティングで明日の仕事の戦略会議も開けます。
朝もダイニングでコーヒーを飲みながら、その日の仕事の打ち合わせもできるので、余裕をもってしっかりと仕事がこなせるのも便利です。
また、1名での出張で数週間や1ヶ月から数ヶ月と長期出張になる際には、ホテルよりバケーションレンタルの方が快適です。
自宅のように使えて、食事も自炊ができて好きなものが食べられますし、客室スタッフに気を使うこともありません。
ビジネスホテルなどでは壁が薄くて、隣の音が気になったりもしますが、一軒家やマンションならそんな心配もありません。
また、長期出張中に家族を呼んだり、恋人が訪ねてきたりした際に宿泊しても問題がなく、出張先で家族や恋人とのレジャーや観光も楽しめます。

バケーションレンタルを出張や宿泊研修で利用する

最近は個人での利用だけでなく、出張などの法人利用も増えており、合宿研修施設や福利厚生の保養所のように活用している企業も増えてきました。
たとえば、新人研修をバケーションレンタルを借りて、3日から1週間かけて行えば、共同生活を通じて連帯感が高まったり、夜の飲み二ケーションなど同期の絆も強くなったりするかもしれません。
新人研修はもちろん、管理職の宿泊研修に利用することもできます。
宿泊せずに日中だけの利用もできるので、会社の近くで研修スペースを探しているときやセミナールームを探しているときにも、対応できそうな物件があると便利です。
福利厚生として観光地やリゾート地のバケーションレンタルを借りて、保養所のように使ってもらうこともできますし、忘年会や新年会、クリスマスパーティーなどを開くのもおすすめです。
キッチンでみんなで料理を楽しむこともできれば、持ち寄りパーティーや出前をとったり、ケータリングを利用したりすることもできます。
ホテルの宴会場ではできないことが楽しめ、場合によってはより低コストで楽しい宴会やパーティーができることでしょう。
2時間でお開きといった時間制限もなく、二次会、三次会の場所も迷わず、何時間でも楽しめ、終電を気にせずとも、そのまま宿泊して翌日帰ればいいのです。
個人的にもバケーションレンタルを借りて、ホームパーティーなどを開くことが可能です。
住宅街のマンションの1室などだと多数で騒がないなどのルールがありますが、リゾート地の一軒家や庭付きやプール付きの大豪邸などを借りれば、存分に楽しめます。
自宅では狭くてホームパーティーをしたくてもできない、海外セレブのような暮らしをしてみたいという方も、一度体験してみてはいかがでしょうか。
クリスマスパーティーやハロウィンパーティー、バースデーパーティーはもちろん、手作り結婚披露宴パーティーなどに使う方も増えています。
自分たちの理想的な場所でまるで自宅に招くかのようにゲストをおもてなししたい方や出入りも自由で時間制限などもなく心ゆくまで楽しんだり、お祝いをしあったりしたいといったカップルに人気です。
ケータリングを頼めば、お食事の準備も便利にできますし、お料理が得意なカップルなら自分たちで料理を作ったり、手作りケーキなどをふるまったりすることもできます。

低コストで非日常体験や普段できないことが楽しめるバケーションレンタル


バケーションレンタルはホテルや旅館より、より低コストで自由度の高い利用ができるのが魅力です。
古民家体験やセレブなホームパーティー体験をはじめ、出張や研修などにも活用できるので、ニーズに合わせた利用ができるバケーションレンタルを探してみましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿