ワーケーションにもおすすめ!暮らすように泊まれる種子島のバリアフリー宿「カモメ」

ワーケーションにもおすすめ!暮らすように泊まれる種子島のバリアフリー宿「カモメ」

鉄砲伝来の地、JAXA種子島宇宙センター、国内有数のサーフスポットとして知られる鹿児島県の種子島。この離島に、一級建築士事務所・studioKANROがプロデュースするバリアフリー宿「カモメ」が誕生した。

西之表港から車で5分、種子島空港から車で25分でアクセスが可能な「カモメ」。
旧饅頭屋の空き家をリノベーションしており、島内外の​一流の職人や作家が建築から家具・照明まで製作し、2020年9月に完成した。

カップル、家族連れ、人混みを避けたい旅行者の宿泊もちろんのこと、完全バリアフリー対応のため、車いす利用者でも宿泊が可能だ。

家具、照明、食器などの細部までオリジナルデザインに仕上げられており、キッチンには冷蔵庫や備え付けの食料・調味料なども用意。

ショートステイからロングステイ、ワーケーションとしての利用まで、島に暮らしているかのように楽しめるようになっている。

KAMOME


\メルマガ読者限定/

毎月プレゼントが当たるメルマガに登録しませんか?

デジタルな最新ニュースをCHECK!
ワーケーションにもおすすめ!暮らすように泊まれる種子島のバリアフリー宿「カモメ」
最新情報をチェックしよう!
WRITER