不動産投資ローンとは?金利相場や少しでも安く抑えるテクニックを紹介

不動産投資ローンとは?金利相場や少しでも安く抑えるテクニックを紹介

不動産投資は、不動産投資ローンを借りて投資するのが一般的です。通常の住宅ローンなどと同様に、借り入れるために満たす必要がある条件が存在します。

では、実際に不動産投資ローンはどのような金利で融資してもらえるのでしょうか?

この記事では、不動産投資ローンの金利相場や少しでも安く抑えるテクニックを紹介します。

不動産投資におけるローンとは?

不動産投資におけるローンとは?

不動産投資ローンとは、不動産投資で収益を得るために組むローンのことを指します。

収益用不動産を購入する場合、住宅ローンではなく不動産投資ローンを組む必要があるのです。

ここでは、住宅ローンと不動産投資ローンの違いを見てみましょう。

住宅ローンとの違い

不動産投資ローンと住宅ローンは、他人に不動産を貸して収益を得るのか、それとも自分が住むのか、という違いがあります。

住宅ローンは、自宅を購入したり増改築するときに利用するローンです。

借り入れする本人が、居住する自宅に対して発生する費用を補填することを目的としているローンであるため、不動産投資目的では住宅ローンは使用できません。

実際に、各種ローンでは審査を受けて初めて融資を受けることが可能ですが、審査基準は物件の使用目的に合わせたものとなります。

もし住宅ローンで借り入れたローンを不動産投資に使用した場合、契約違反にあたるため注意してください。

また、返済するときの原資が、住宅ローンの場合は月々の給与などが原資であるのに対して、不動産投資ローンでは家賃収入などが原資となります。

融資金額の上限は、住宅ローンと比較して不動産投資ローンのほうが高く設定されています。

不動産投資を始めるなら無料で相談できるセカオピがおすすめ!

不動産投資ローンの金利相場を比較

不動産投資ローンの金利相場を比較

不動産投資ローンで融資を受けるときに気になるのが金利相場です。
借入先別の金利相場は、次のように設定されています。

都市銀行

都市銀行の金利相場は、年1~2%程度です。

他の金融機関と比較しても金利が安めなのが特徴で、返済期間を長く設定してもらいやすい点もメリットです。

全国に支店があるため気軽に利用しやすい一方で、審査基準が厳しいためローンを組むためのハードルが高いという点もあります。

地方銀行

地方銀行の金利相場は、年1.5~4.5%程度です。

都市銀行と比較して金利は高めで、金利や審査内容は銀行によって異なっているため、利用する前に確認しておきましょう。

融資を受けられる地域は限られますが、地域密着型できめ細かなサービスを展開している点が魅力です。

信用金庫・信用組合

信用金庫と信用組合の金利相場は、年2~3%程度です。

地方銀行と比較すると大きな差はありませんが、融資を受けるには会員になる必要があります。

また、各信用金庫・信用組合の対応エリアでないと融資が受けられません。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の金利相場は、年1~2%程度です。

都市銀行の金利と大きな違いがありませんが、これは政府が出資している金融機関という側面があり、営利目的ではないためです。

幅広い方に融資しているのが特徴ですが、返済期間は民間より短かく設定されており、事業計画書などが必要になるために、比較的ハードルが高いローンです。

ノンバンク

ノンバンクの金利相場は、年3~4%程度です。

ノンバンクは、預金の受け入れを行わず貸付などの与信業務を行う金融機関を指します。

審査基準が厳しくなく、申し込みがしやすいという特徴がある一方で、金利は高めに設定されているため、キャッシュフローの管理ができるかが鍵となります。

金利幅が広い理由は?

ここまで紹介してきた通り、各金融機関によって金利が異なりますが、その理由は審査の基準が異なるためです。

信用がある方は低金利で融資が受けられますが、滞納や借り倒れされるリスクがある方は、審査で落ちてしまう可能性があり、審査を通過した場合でも金利が高く設定されてしまうことがあります。

また、公的な金融機関であるかどうかによって、金利幅が広くなっています。

固定金利と変動金利の違い

固定金利と変動金利の違い

不動産投資ローンの金利は、固定金利または変動金利のどちらかを選ぶことになります。
ここでは、それぞれの金利のメリットとデメリットを紹介します。

固定金利のメリット

固定金利の場合、金利上昇により毎月の返済負担が増えるというケースがないため、金利変動を気にせず融資を受けることできます。

また、返済額を固定できるため、収支管理がしやすいという点がメリットです。

不動産投資ローンの融資を受けた後に、インフレが起こると返済で有利になることもあります。

固定金利のデメリット

固定金利の場合、変動金利よりも利率が高く設定されるのが一般的です。

低金利が続くする昨今は、変動金利と比較して返済総額が多くなるというデメリットがあります。

そのため、景気が悪くなった場合でも毎月のローン返済額は変化せず、負担が増えるのです。

変動金利のメリット

変動金利のメリットは、金利が下がれば返済額も減少するという点です。

多くの金融機関では、契約時に金利を固定金利よりも低く設定しています。

固定金利より低い利率が適用される可能性が高いため、固定金利より返済総額が少なくなるのです。

変動金利のデメリット

変動金利の場合、金利が上昇すれば返済総額も増加します。

また、金利が変動するために返済計画が立てづらく、家賃収入より返済額が上回る可能性もあります。

不動産投資ローンの金利を少しでも抑えるために利用したいサービス

不動産投資ローンの金利を少しでも抑えるために利用したいサービス

不動産投資ローンの金利を少しでも抑えるためには、不動産投資に関連するサービスを活用してみてはいかがでしょうか。
ここでは、特におすすめしたいサービスを2つ紹介します。

セカオピ

セカオピ

セカオピは、資産形成を考えている方が、気軽にプロのファイナンシャルアドバイザーに相談できるサービスです。

日本初となる不動産投資のセカンドオピニオンサービスを展開しており、不動産売買を行っていないため、完全中立の立場でアドバイスをしてもらえる点が魅力です。

また、4,000件以上に渡る相談実績があり、蓄積された独自のデータベースをもとにしたアドバイスが受けられるので、少しでもお得に物件を入手できる手助けをしてもらえます。

株式会社リアネスト

株式会社リアネスト

株式会社リアネストは、自己資金が少なくてもマンション経営を行いたい方におすすめのサービスです。

一人ひとりに合った物件を探してもらえて、面談中に特定の物件をすすめられることはありません。

マンション経営を行うことによるメリットだけでなく、デメリットとリスクまで適切にアドバイスしてもらえます。

不動産投資ローンを組む前に金利相場をチェックしておこう

不動産投資ローンを組む前に金利相場をチェックしておこう

不動産投資ローンを利用するときは、事前に金利相場を把握しておくことが大切です。

そのうえで、固定金利にするのか、変動金利にするのか、どこからローンを借りるのかを決定する必要があります。

不動産投資を検討している方は、この記事を参考に、お得な金利で不動産投資ローンを利用してみてはいかがでしょうか。

不動産投資の相談はセカンドオピニオンサービスが受けられるセカオピがおすすめ!

不動産投資ローンとは?金利相場や少しでも安く抑えるテクニックを紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER