不動産投資のメリットを紹介!注意点も把握して投資を行おう

不動産投資のメリットを紹介!注意点も把握して投資を行おう

将来を見据えて貯蓄や投資を行っている方が増えていますが、その中でも不動産投資に注目が集まっています。

不動産投資にはさまざまなメリットがあるため、投資効果を期待して利用する方が増えている状況です。

では、不動産投資には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、不動産投資のメリットや注意点について詳しく解説します。

不動産投資とは?

不動産投資とは?

不動産投資とは不動産を購入し、その物件を他人に貸すことで家賃収入を得ることを指します。

不動産投資では、主に家賃収入と売却益の2つを得ることができ、安定的に収入を得られるだけでなく、私的年金の代わりとしても期待できます。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリット

不動産投資は副業としても人気が高く、さまざまなメリットがあります。
特に、次に取り上げるメリットを意識して取引をしてみましょう。

副収入を得ることができる

不動産投資の最大のメリットとしては、副収入を得られるという点があります。

主に家賃収入を継続的に得られる点が魅力的であり、管理会社に運用を任せることで手をかけることなく収入を得ることが可能です。

副業が禁止されている公務員でも、公務員法で定められている規定を守ることで、不動産投資を行うことができます。

また、副収入を得られることで生活が安定し、老後の蓄えを増やすことにもつながるのです。

節税対策として有効的

不動産投資においては、減価償却によって節税効果が得られます。

減価償却費は実際の支出を伴わない経費となり、減価償却費により利益が減少することで所得税等の税金を減らすことが可能です。

キャッシュフローとしては、実際の出費は伴わないこともあり、手元に現金を残しながら運用することができます。

貯蓄効果がある

不動産投資では、得た収入を経費やローンの返済に充てることが多いですが、借入返済のうち元金返済部分を貯蓄という形で形成することが可能です。

これは、元金返済分だけ取得原価が下がることが理由となりますが、賃料収入で貯蓄して、場合によっては物件を売却することで現金を得ることもできます。

相続税において節税を図れる

不動産投資では、住民税だけでなく相続税を節税する効果も期待できます。

相続税の場合、保有する資産の相続税評価額により税額が決定する仕組みとなりますが、不動産投資の対象となるアパートやマンションの場合、評価額を大きく下げることで相続税の節税を図れるのです。

インフレの状況に強い

不動産投資は、現物資産となる不動産に投資するために、インフレに強い点も魅力的です。

現預金などの場合、インフレにより目減りが発生することがありますが、現物資産であれば目減りが発生することはありません。

物価が上昇することで不動産価格も上昇するため、資産価値が大幅に下落する可能性は低いと言えます。

少ない自己資金でスタートできる

不動産投資では、基本的に金融機関などから不動産投資ローンを借入れて物件を購入することになります。

そのため、自己資金を抑えながら運用することが可能です。

例えば、アパートの場合は自己資金が物件価格の1~3割程度あれば、残りは不動産投資ローンを活用して物件を購入できます。

レバレッジを効かせて運用できる

不動産投資においては、レバレッジ効果によって大きな利益が得られる可能性がある点も魅力的です。

レバレッジ効果は、分かりやすく説明すると少ない自己資金であっても大きな利益を得られるということを指します。

少ない自己資金であっても銀行からの融資などによって、自己資金だけでは実現することができない投資効果が期待できるのです。

ただ、借入の金利が高い場合などは、利回りが低く逆レバレッジ状態となる場合もあるので、注意が必要です。

資金計画を明らかにしやすい

不動産投資では、収益の見通しを立てやすいために、資金計画を立てることが容易という利点があります。

これは、不動産投資は物件購入時の初期設定によりある程度方向性が決まることになるためです。

初期設定には、入居者の決まる適切な物件であったり適切な価格などが該当します。

成否をコントロールできる

株式投資では、株価や配当金などを自分でコントロールすることが困難ですが、不動産投資では、自分自身で成否をある程度コントロールすることが可能です。

物件の決定や物件管理の手法といった、自分の力や管理会社によって収益を上げられるかどうかをコントロールすることもできます。

他の投資商品と比較して、自分の力量が結果を大きく左右することになり、しっかりと知識やスキルを身に付けることができれば、安定した収益確保も期待できます。

不動産投資会社に運用を委託すれば手間いらず

不動産投資は、自分自身ですべて行うことも可能ですが、副業で行うためにはかなりの労力が必要です。

手間や時間をかけることなく運用したいという方は、不動産投資会社に運用を委託してみましょう。

副業において、業務に手間がかかることで、本業との両立が難しくなってしまうという問題点があります。

不動産投資会社に運用を任せることで、無理なく不動産投資を続けることができるのです。

不動産投資の相談をするなら株式会社AZ Creationがおすすめ!

不動産投資における注意点

不動産投資における注意点

不動産投資を行うにあたり、注意すべき点があります。
特に、次のような点に注意して投資を検討しましょう。

節税効果を過度に期待しない

不動産投資は節税につながりますが、過度な節税効果は期待できません。

課税所得が900万円を超える場合は高い節税効果が期待できますが、それ以下の場合はそれほど大きな節税効果を実感できません。

また、相続税対策が不要な場合でも、節税目的で不動産投資するときは、事前に節税効果のシミュレーションを行うようにしましょう。

入居者がいないと家賃収入はゼロになる

不動産投資における主な収入源は、家賃収入となります。

安定して収入を得るためには、保有している物件の空室が少なく、入居者から確実に家賃が支払われている状態であることが望ましいでしょう。

どれだけ魅力的な不動産物件であっても、立地条件が悪かったりすれば入居者を集めることができずに、家賃収入を得ることが難しくなります。

また、入居者からの評判も不動産に対する価値を決める重要な要素となり、同じ物件であっても経年劣化などで家賃が下がってしまいます。

もし、入居者がいないと家賃収入はゼロとなり、ローンを組んでいる場合は自己資金から返済しなければならないため注意してください。

自然災害にあう可能性がある

どれだけ魅力的な物件であっても、地震などの災害にあえば建物が損壊する可能性があります。

もし建物にダメージがおよんだ場合は、修繕作業が必要です。

修繕費用については、火災保険や地震保険に入っていればある程度の補償を受けることができますが、すべての損害が補償範囲になるわけではありません。

補填されない修繕費については、すべて自分で負担する必要があるため、必要に応じて保険の加入を済ませておきましょう。

金利の上昇に左右される

不動産投資は、金利の上昇に左右される傾向にあります。

特に、不動産投資ローンでは固定金利と変動金利の2種類が用意されていますが、変動金利の場合は金利が上昇することによって金利がアップするので、返済額にも大きな変動が発生します。

常に金利の動向をチェックして、最適な方法でローンを借り入れたり運用することが望まれます。

不動産投資にはメリットがたくさん!

不動産投資にはメリットがたくさん!

不動産投資では、基本的にメリットがたくさんあり投資対象としておすすめです。
ただし、今回紹介したように少なからず注意点も存在するのは事実です。

注意点をしっかりと把握して、不動産投資のメリットを最大限活かした投資を行いましょう。

不動産投資の相談をするなら株式会社AZ Creationがおすすめ!

不動産投資のメリットを紹介!注意点も把握して投資を行おう
最新情報をチェックしよう!
WRITER