不動産査定の基礎知識や手順、おすすめサービスを紹介

不動産査定の基礎知識や手順、おすすめサービスを紹介

不動産を保有している場合、少しでも高く売却したいものです。

そこで、売却する不動産がどのくらいの金額で売却できるかを判断する材料として、不動産査定を受けて正しい価値を知る必要があります。

では、不動産査定は一体どのように行われるのでしょうか。

この記事では、不動産査定の基礎知識や実際の手順について詳しく解説します。

不動産査定とは?

不動産査定とは?

不動産査定とは、自宅の売却や買い替えをする際に、どのくらいの金額で売却できるのかを不動産仲介会社などに算出してもらうことです。

査定価格とは、近隣で売買された類似物件の成約価格などをベースに、売却する物件の特徴や現状の不動産市況などを参考に算出されたものを指します。

売主は、査定価格を参考として売出価格を決定することになるのです。

査定価格は売却する価格の目安になるため、自動車などの査定と違い最低金額を保証するものではないため注意しましょう。

また、不動産会社によって査定金額が異なることがありますが、金額が高い会社を利用しても、結果的に高く売ってくれるとも限らないため、査定を受ける際には金額の内訳内容を確認することをおすすめします。

不動産査定の方法は2つ

不動産査定の2つの方法

不動産査定には、机上査定と訪問査定の2種類があります。
ここでは、それぞれの査定方法について詳しく解説します。

机上査定

机上査定は、物件の情報をベースとして査定金額を算出する査定方法であり、物件の売却相場を知りたい際におすすめです。

簡易査定とも呼ばれており、不動産会社に直接行かなくても物件の情報を提出することができます。

ただし、物件の状態を確認せず査定を行うため、実際の金額と差があることが多いです。
そのため、算出された金額はあくまでも目安としてとらえておきましょう。

訪問査定

訪問査定とは、不動産会社が実際に物件の状態を見て査定する方法です。

そのため、机上査定よりも正確な査定額を算出することができます。

また、不動産会社の担当者に直接対面できるため、気になることをその場で確認することができるのも訪問査定のメリットです。

不動産会社と訪問日の打ち合わせや、当日の立ち会いなどを行うため、本格的に売却を考えている方におすすめです。

不動産査定の流れ

不動産査定の流れ

不動産査定は、次のような手順で行います。

  • 査定依頼をする
  • 訪問日時を決める
  • 現地調査をする
  • 必要な書類を確認する
  • 査定結果の報告を受ける
  • 不動産業者に査定依頼をする

    まず初めに、不動産査定を依頼する不動産業者を選定してください。

    自分で探す際には口コミなどを参考にして、信頼できる会社を選定しましょう。

    なお査定依頼は、多くの不動産業者においてインターネット経由で行うことができるので、複数の業者に依頼することをおすすめします。

    訪問日時を決める

    机上査定の場合は、査定に必要な情報を不動産会社に提供します。

    また、訪問査定の場合は現地確認が必須となるために日時を決定します。

    もし空き家であってもその場で確認ができるように、原則として立ち合いのもとで査定が行われるので、自分の予定も把握しつつお互い都合の良い日程を組みましょう。

    現地調査をする

    調整した日程で、査定依頼をした物件の調査を受けます。

    調査が完了した後に、不動産会社からの質問に答えたり、査定依頼をした家について知っていることを伝える必要があります。

    なお、回答内容が査定額に影響するケースもあるため、質問に対して正直に回答するようにしてください。

    必要書類を用意する

    不動産査定では、不動産会社から書類の提出が求められるので準備しておきましょう。
    必要な書類は、主に次の通りです。

  • 登記済権利証(登記識別情報通知書)
  • 建築確認通知書
  • 間取り図と測量図
  • 一戸建てやマンションなどによって必要書類は異なることがあるため、事前に不動産会社に確認しておきましょう。

    査定結果の報告を受ける

    不動産会社では、類似の成約事例を参考に査定を行い、依頼者に対して査定額を伝えています。

    その際に、その査定金額と判断した理由を確認することをおすすめします。

    そうすることで、査定額の妥当性を判断することができ、仲介を依頼する不動産会社選びを行う際の参考になるのです。

    不動産査定にかかる時間は?

    不動産査定にかかる時間は?

    査定時間は、机上査定にするか訪問査定にするかによって変わります。
    続いては、不動産査定にかかる時間について解説します。

    訪問査定は1時間程度で完了

    訪問査定の時間は、不動産の大きさや種別などにより異なりますが、30分〜1時間以内が一般的です。

    また、査定を受けたい不動産が更地の場合は立ち会いが不要とされる場合もあります。

    査定結果は最長で1週間程度で分かる

    現地での調査を受けても、その場で査定結果が伝えられることは稀で、査定結果の伝達は最長で1週間程度かかることが多いです。

    物件の規模などによっては、当日結果を伝えられるケースもありますが、基本的には1週間程度かかることを想定して査定を受けてください。

    おすすめの不動産査定サービスを紹介

    おすすめの不動産査定サービスを紹介

    ここでは、おすすめの不動産査定サービスを4つ紹介します。

    イエイ不動産査定

    イエイ不動産査定のロゴ画像

    イエイ不動産査定は、大手の不動産会社だけでなく、地域に強い不動産会社からも査定を受けることができるサービスです。

    複数の不動産会社の査定金額を比較できるため、自分が希望する金額に近づけることができるでしょう。

    また、日本最大級の不動産売却専門マッチングサイトとして、400万人以上の方の利用実績があり信頼できる点も魅力的です。

    住まいサーフィン

    住まいサーフィンのロゴ画像

    価格情報サイトの住まいサーフィンは、一般的な不動産情報サイトでは掲載されていない201万戸以上のマンションの価格や評価をチェックできます。

    サイトの会員だけでなく、住まいサーフィンやデベロッパーから見たマンション評価も公開されており、客観的な評価を把握することが可能です。

    また、中古マンションに限られますが、サイト上で簡単な査定を受けることもできるため、中古マンションの売却を検討している方におすすめです。

    ノムコム

    ノムコムロゴ画像

    ノムコムは、野村不動産が提供しているサービスです。

    投資用・事業用不動産サイトとしてノムコム・プロを提供するなど、幅広く手掛けているのが特徴です。

    手厚くサポートする体制が整っており、また不動産マーケットや相場情報、トピックスなど不動産業界のニュースも見ることができて、不動産に関する知識を深めることもできます。

    不動産セミナーや個別相談会も多く開催しているため、ぜひチェックしてみてください。

    マンションnavi

    マンションナビのロゴ画像

    マンションnaviは、有名な不動産会社から一括で査定を受けることができるサービスを提供しています。

    わずか45秒で申し込めるため、簡単に査定を受けることができます。

    また、優良2,500社に厳選して査定を比較できるという点も魅力となっています。

    物件の価値を知るために不動産査定をしてみよう

    物件の価値を知るために不動産査定をしてみよう

    自分が保有している物件の価値を正しく知るためには、不動産査定を受けるのがおすすめです。

    不動産査定では、微妙に査定結果が異なる場合があるため、基本的には複数社から同時に査定を受けてください。

    そのうえで、正しく価値を理解してより好条件で売却を進めることをおすすめします。

    不動産売却をするなら1,700社以上と提携しているイエイ不動産査定がおすすめ!

    不動産査定の基礎知識や手順、おすすめサービスを紹介
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER