不動産売却の流れを知ろう!具体的な方法や査定におすすめのサービスを紹介

不動産売却の流れを知ろう!具体的な方法や査定におすすめのサービスを紹介

投資の中には不動産投資があり、不動産投資の一つに不動産の売却があります。

しかし不動産売却は、不用品を中古ショップで売るのとは異なり、さまざまな手順を踏む必要があるのです。

そこでこの記事では、不動産売却の流れや具体的な方法、査定におすすめのサービスなどを紹介します。

不動産を売却する前に押さえておきたい知識とは?

不動産を売却する前に押さえておきたい知識とは?

不動産売却は、準備を始めてから実際に完了するまでおよそ6ヶ月かかると言われています。
そのため、売却を行う際には、余裕を持った計画を立てておく必要があります。

そして不動産を売却する前に、押さえておきたい知識があります。その一つが、事前準備です。

事前準備として、売却条件やスケジュールの2つを決めておく必要があります。

まずは、売却条件を設定します。設定する際は、どういった内容で売却を希望するのかを確認しましょう。

例えば、いくらで売却したいのか、建物をそのまま売却するのか、住宅ローンの残高はいくら残っているのか、引き渡しはいつにするのかといった内容です。

マンションを売却する場合は、室内の設備の有無や破損、傷の修繕、そのまま引き渡すかなどの条件も設定しておきましょう。

売却条件を決めたら、スケジュールを立てます。売却した資金で支払いを行う予定などが場合は、余裕を持った売却スケジュールを立てることが大切です。

売却スケジュールを立てるためには、不動産売却までの流れや方法を知っておく必要があるので、事前に確認しておきましょう。

不動産売却の流れと方法

不動産売却の流れと方法

ここでは、売却スケジュールを立てるために知っておきたい、不動産売却の流れと方法を紹介します。

それぞれの方法や目安の期間などを見てみましょう。

相場調査

相場調査では、不動産をいくらくらいで売却できそうなのか、相場を自分で調査します。

調査方法は、物件情報サイトで、売却予定の不動産と条件が似たものを探してその価格を調べたり、過去の取引事例から査定価格を調べられるサイトで確認したりといった方法がおすすめです。

これらの方法で、査定前にどれくらいの価格で売却できそうかチェックしておきましょう。

査定

相場を把握したら、実際の売却価格を知るために査定を受けましょう。

不動産の査定は不動産会社が行いますが、査定の方法は机上査定と訪問査定の2種類があります。

机上査定は物件を直接見に行くのではなく、持ち主から得た情報をもとに、過去事例との比較で査定価格を決めます。

自分でサイトを使って価格の目安を調べる相場調査と似ていますが、専門的な知識も踏まえたうえで査定するため、自分で行うよりもより適正な価格を出してくれます。

訪問査定は文字通り、不動産会社が実際に物件を訪れ、状態を調査して査定結果を出す方法です。

売却価格を高い精度で知るためにも、不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。

また、査定は一社に絞らず、一括査定などを使って複数の会社に依頼するのも良いでしょう。

会社選び

不動産の売却には、不動産会社を介して売却する必要があります。

個人で不動産売買を行うことはできますが、専門的な知識や手続きなどが複数必要なためあまり現実的ではありません。

そのため基本的には不動産会社を介するため、売却の際には不動産会社を探しましょう。

不動産の売却も2種類存在します。それは不動産会社に不動産を売却する方法と、不動産会社を仲介して、買主を探す方法です。

どちらにしても、信頼できる不動産会社に依頼することが失敗を避ける一つのポイントです。

査定を依頼する時点で信頼のおける不動産会社を選べていれば良いですが、主には大手企業や中小企業を比較して選ぶ方法を試してみると良いでしょう。

各不動産会社のサイトなら、いつでも比較することができるのでぜひ調べてみてください。

大手企業は、資金力や顧客情報を豊富に持っており、販売経路も複数持っているので販売力に自信を持っている企業が多いです。

中小企業は、地域密着型だとその地域の特性などを理解していることが多く、売主にも買主にも親身になってサポートしてくれます。

その一方で、大手ほどの資金力や顧客情報がないため、売却までに時間が空いてしまう可能性があります。

相場調査から会社選びまででは、大体1ヶ月程度と見ておきましょう。

売却

不動産会社を決めたら、売却に進みます。

不動産会社に直接売却する場合は、仲介よりも短期間で売却でき、仲介手数料などがかからないなどのメリットはある一方で、価格が相場より2割から3割ほど安くなる傾向があります。

仲介をしてもらう場合は、媒介契約を行うことになりますが、契約形態は3種類あります。

一つは一般媒介契約です。一般媒介契約だと複数の会社と契約でき、契約期間は無期限で結ぶことができますが、会社から売却活動中の進捗報告がないため、こちらから状況を確認する必要があります。

残りは専属専任媒介契約と専任媒介契約ですが、どちらも専任であるため一社のみの契約となります。

専任であるため、売却活動中の進捗報告があるのがメリットであり、例えば専属専任媒介契約であれば1週間に1回以上、専任媒介契約であれば2週間に1回以上報告してくれます。

契約期間はどちらも3ヶ月程度ですが、契約する不動産会社によって報告の期間や回数、契約期間は異なるのであらかじめ確認しておきましょう。

売却交渉と契約・引渡し

売却交渉と契約・引渡しは、不動産会社を介している場合、ほとんどの作業を任せることができます。

こちらも契約の種類によりますが、専任であれば契約期間内に売却できるように動いてくれるので、順調に行けば3ヶ月程度の期間で売却が進みます。

不動産売却の査定におすすめのサービス

不動産売却の査定におすすめのサービス

不動産売却にあたり行われる査定は、Web上でも受けることができます。

ここでは、不動産売却の査定におすすめのサービスを4つ紹介します。

イエイ不動産査定

イエイ不動産査定

イエイ不動産査定も、Webで簡単に査定が受けられます。

他のサイトと同じく、必要事項を入力すれば全国で1,700社以上ある提携会社から、一番高い値段を付けてくれる企業が見つかります。

マンションはもちろん、一戸建て、土地、ビルなどさまざまな物件の査定を受けることができるのでおすすめです。

住まいサーフィン

住まいサーフィンのロゴ画像

価格情報サイトの住まいサーフィンは、資産価値や物件価格という観点から物件を探すことができるサイトです。

サイトの会員だけでなく、住まいサーフィンやデベロッパーから見たマンション評価も公開されており、客観的な評価を把握することが可能です。

また、中古マンションに限られますが、スマホから簡単にその場でマンションの金額を査定してもらうことができるため、中古マンションの売却を検討している方におすすめです。

ノムコム

ノムコム
野村不動産グループのノムコムでは、Web上で受けられる無料査定サービスがあります。

全国1,300社と提携しており、査定時に町名まで入力すれば対応可能な最大6社が表示されるので、その中から選んで依頼することができます。

また、細かい物件情報も入力すれば、机上査定も受けることが可能です。

マンションnavi

マンションnavi

中古マンションの査定を受けるのであれば、マンションnaviもおすすめです。

こちらも一括査定で比較ができるのがメリットですが、情報の入力がチャット形式なので手続きがしやすいのも強みです。

最大9社の査定価格を45秒で出してくれるので、査定結果をすぐに知りたいのであれば、マンションnaviを使ってみましょう。

不動産を売却するなら流れの確認や準備をしっかり行おう

不動産を売却するなら流れの確認や準備をしっかり行おう

不動産売却を行う際は、入念な準備と売却までの余裕を持ったスケジュール計画が不可欠です。

そのため、あらかじめ不動産売却の流れを知っておくのは重要であり、そこから信頼のおける会社を探して契約を結ぶところまで売主にかかっています。

自分が納得のいく条件で売却するためにも、売却までの流れをしっかりと把握してから動くようにしましょう。

不動産売却をするなら1,700社以上と提携しているイエイ不動産査定がおすすめ!

不動産売却の流れを知ろう!具体的な方法や査定におすすめのサービスを紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER