マンション経営に資格は必要?あると役立つ資格7選

マンション経営に資格は必要?あると役立つ資格7選

マンション経営を始めるにあたって、何か必要な資格はあるのかと考える方も多いのではないでしょうか。

この記事では、マンション経営に資格は必要なのか、必要であればどのような資格があるのかを紹介します。

マンション経営に必要な資格は?

マンション経営に必要な資格は?

まず、マンション経営をするために必要な資格は特にありません。

不動産投資会社に管理や運用を任せられるため、初期費用や修繕などのランニングコストを除けば、管理をしていなくても入居者が入っていれば所得を得ることができます。

しかし、すべてを不動産投資会社に任せていてもうまくいくものではありません。

マンション経営に役に立つ知識や資格を身に付けることで、契約書やその内容を正確に把握できたり、トラブルの際に適切な対応がとれることにもつながります。

正しい知識を身に付けて、マンション経営をしていきましょう。

不動産経営を始めるなら無料セミナーを開催しているFJネクストがおすすめ!

マンション経営で役立つ資格7選

マンション経営で役立つ資格7選

ここでは、マンション経営をする際に役立つ7つの資格を紹介します。

マンション経営はもちろん、コンサルティングを行える資格もあるので、ぜひチェックしてみてください。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、現金や預金、税金、借入金、投資などに使われるお金の運用や計画をサポートできる資格です。

国家検定としてFP(ファイナンシャル・プランニング)技能検定が設けられていて、試験範囲はライフプランニングに伴う資金の計画や金融資産運用、リスク管理、相続や事業継承などがありますが、その中に不動産経営も含まれています。

資格を持っていれば不動産の運用とそれに伴う保険や税金、相続、金融商品などの知識を身に付け、マンション経営に活かすこともできます。

マンション管理士

マンション管理士は国家資格の一つで、マンションの管理や維持のためにアドバイスをするなど、コンサルタント業務を行う際に必要な資格です。

マンション管理士の役割としては、管理組合の運営や大規模修繕計画の作成、そして住民同士のトラブル対応などがあります。

試験では区分所得法や建築基準法、民法などマンションの維持管理などの法律に関する問題が出題されます。

資格を持っていれば、もしマンションの経営や維持管理に関するトラブルがあっても、対処できるため、将来的にマンション経営を考えているなら準備として学んでおくと良いでしょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士も国家資格の一つで、主に不動産会社を経営していくうえで必要な資格になります。

主な役割は、不動産を取得する方、借りようとする方に契約締結前に行う重要事項の説明や、重要事項説明書面への記名押印、締結内容を記した書面への記名押印をしてもらうことです。

この業務は、民法や都市計画法、宅地建物取引法など、不動産取引に関する幅広い知識を持っている宅地建物取引士しか行えません。

試験内容は難しいですが、これらの知識があれば不動産投資会社の提示する契約書の内容をしっかりと正しく把握し、マンション経営をスムーズに行うことにもつながります。

管理業務主任者

管理業務主任者は国家資格の一つで、マンションの管理業者が管理組合などに対して管理委託契約をする際に必要な重要事項の説明や指導、管理業務報告を行う際に必要な資格です。

マンション管理士のように民法や区分所得法だけでなく、マンションの管理規約や設備、委託契約などの法律以外の知識も必要とされます。

不動産実務検定

不動産実務検定は、マンション経営や土地活用の知識を活かし不動産投資で活用したい方向けの検定です。

不動産投資についてはもちろんのこと、建築やファイナンス、賃貸管理経営、企画コンサルティング、税務などの専門知識を習得できます。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、主にアパート・マンションなど賃貸住宅に関する知識や技能、倫理観を問う国家資格になります。

賃貸管理業務全般において管理適正化や健全化を図るのが主な業務であり、マンション経営の継続的・安定的で良質な管理サービスに必要な資格になるので、持っていることで入居者からの信頼を得ることにもつながります。

住宅診断士

住宅診断士は、ホームインスペクターとも呼ばれ、建築や住宅診断方法、不動産取引の方法など必要な知識と高い倫理観が必要な資格です。

民間資格ではありますが、住宅全体の欠陥の有無や劣化状況を確認し、メンテナンスの箇所や費用のアドバイスができるため、マンション経営において適切な修繕などに活かすことができます。

資格以外でマンション経営に役立つ知識や能力

資格以外でマンション経営に役立つ知識や能力

紹介した7つの資格は、どれもマンション経営において持っていると役立つ資格です。
しかし、それ以外にも役立つ知識や能力がいくつかあります。

法律

法律の知識は、身に付けておいて損はありません。

契約の手続きや不動産賃貸に売買など専門的な知識が必要になる場面では、法律は必ず関わってきます。

不動産投資会社との契約内容を理解するためにも、法律に関する知識は自分でも調べて身に付けておくことをおすすめします。

法律

情報収集力も、マンション経営に役立つ能力です。

不動産価格は日々変わり法律も改定されることがあるので、最新の情報を集めておくことで、マンションの購入や売却の判断など、経営に求められる判断力を養うことができます。

税務や会計

経営においては税務や会計の知識も重要です。

税理士事務所に依頼をする方が多いですが、届出や確定申告に必要な書類が不足したり、不備があったりと手続きが滞ることもあります。

そうならないためにも、最低限の税務や会計の知識を得ておくようにしましょう。

資格を活かしてマンション経営に役立てよう

資格を活かしてマンション経営に役立てよう

マンション経営は、初期費用の準備や、ある程度の運用計画を立てることができれば始められる投資の一つです。

しかし管理を不動産投資会社に任せるだけでは、失敗したり損をしたりすることもあるかもしれません。

そうならないためにも、マンション経営に必要な知識を身に付けておくことをおすすめします。

ぜひ今回紹介した資格を参考に、マンション経営に役立つ知識を身に付けてみてはいかがでしょうか。

不動産経営を始めるなら無料セミナーを開催しているFJネクストがおすすめ!

マンション経営に資格は必要?あると役立つ資格7選
最新情報をチェックしよう!
WRITER