SaaS(Software as a Service)

GMOペイメントゲートウェイ、SaaS企業向けのキャッシュフロー早期化プログラムを開始

GMOペイメントゲートウェイが5月1日(金)より、「SaaS企業向けキャッシュフロー早期化プログラム」を開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

国内のDXを支えるSaaS企業を支援

「SaaS企業向けキャッシュフロー早期化プログラム」は、SaaS企業が顧客企業から契約を受注した段階で、GMOペイメントゲートウェイが売掛債権を買い取るものであり、申し込みから入金までほぼオンラインで対応可能です。

保証人・担保は原則不要で申し込みから最短2営業日で入金され、最大1億円までの資金化ができるため、SaaS企業は新たな資金調達手段として活用することができます。

国内では、官民一体となってさまざまな産業界におけるDX(デジタル・トランスフォーメーション)が推進されており、システム開発不要で生産性を向上させる業務ツールをクラウド環境で利用できるSaaSが注目されています。

一方で、SaaS企業を取り巻く資金調達環境が厳しくなってきていることを受け、GMOペイメントゲートウェイは国内のDXを支えるSaaS企業の持続的な成長を支援すべく、今回「SaaS企業向けキャッシュフロー早期化プログラム」の開始に至ったとのことです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。