freee(フリー)

freeeが中国銀行と業務提携 「会計freee」などで地域の中小企業の生産性向上へ

freeeが中国銀行と業務提携し、9月2日(月)よりクラウドソフト「会計freee for 中国銀行」「会社設立freee for 中国銀行」「開業freee for 中国銀行」の提供を開始します。

【PR】PayPay、銀行口座登録でもれなく1,000円相当のPayPay残高をプレゼント

地域の中小企業のIT活用を促進

以下、プレスリリースより引用。

freee株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、株式会社中国銀行(本社:岡山県岡山市、取締役頭取:加藤 貞則、以下「中国銀行」)と、中国銀行商圏の中小企業の生産性向上に向け業務提携しました。中国銀行のお客さま向けクラウドソフト「会計freee for 中国銀行」、「会社設立freee for 中国銀行」、「開業freee for 中国銀行」の提供を9月2日から開始します。また、中国銀行商圏の中小企業の生産性向上に向けたICTコンサルティングのサポートを実施します。

①中国銀行のお客さま向けクラウドソフトの提供

「会計freee for 中国銀行」は、freeeが提供する「クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)」を中国銀行のお客さま向けに開発したプロダクトです。通常の「会計freee」同様、金融機関等のデータを連携させることで、取引の明細を自動取得することができ、経理の手間を省き業務効率化が期待できます。さらに、中国銀行の事業用口座をお持ちのお客さまにとっては、「会計freee for 中国銀行」で中国銀行からの役立つ情報などの通知を受け取ることができるほか、登録時点で中国銀行の担当者との間で財務情報の共有を開始することができ、経営や資金繰り改善のアドバイスやコンサルティングを受けることができます。

すでに事業を開始している中小企業に向けてクラウド会計ソフトを使っていただくだけでなく、これから起業を検討している方も支援するため、「会計freee for 中国銀行」だけでなく、会社設立時や開業時に必要な書類が簡単に作成できる「会社設立freee for 中国銀行」、「開業freee for 中国銀行」もあわせて提供を開始します。「会社設立freee」と「開業freee」を、個別の金融機関のお客さまに向けて提供するのは、今回が初めてです。

中国銀行にとっては新たな顧客接点の創出に繋がり、freeeにとっては中国銀行のお客さまに「会計freee」をより気軽にご利用いただけることを期待しています。

②地域の中小企業のIT活用促進のためのビジネスコンサル

バックオフィスに課題感をもつお客さまに対して「会計freee for 中国銀行」をソリューションとして紹介するだけでなく、ご希望に応じて有償でその導入支援まで中国銀行が実施します。これにより地域の中小企業のIT活用の促進を目指します。今後「会計freee」と連携した、外部のクラウドサービスの導入支援も検討しています。

freee株式会社 概要

会社名  freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
代表者  CEO 佐々木大輔
設立   2012年7月9日
資本金  161億603万円(資本準備金等含む)
所在地  東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
https://corp.freee.co.jp/

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、データとテクノロジーの力で「アイデアやパッションやスキルがあればだれでも、ビジネスを強くスマートに育てられるプラットフォーム」を実現します。
「自動で、経営を軽くする」クラウドサービス「クラウド会計ソフトfreee」や「人事労務freee」などを通じ、バックオフィス業務の効率化だけでなく、経営の可視化や課題解決の提案を行っています。日本発のSaaS型クラウドサービスとして、パートナーや金融機関と連携することでオープンなプラットフォームを構築し、「マジ価値(※)」を追求します。

※本質的(マジ)で価値ある:ユーザーにとって本質的な価値があると自信を持って言えることをする。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>LINEでお得な情報発信中!
CTR IMG

LINEでお得な情報発信中!

BITDAYSのLINE公式アカウントでしか見られないお得なクーポンやキャンペーン情報を配信です!