freee(フリー)

freee、受発注サービスβ版の提供開始

12月23日(月)より、発注者と受注者がクラウド上で情報を共同管理することで業務を効率化する「freee 受発注サービスβ版」の提供を開始しました。

【PR】明日から住める賃貸。敷金礼金ゼロ・初期費用なし・家具家電付き

ツール統一化でコミュニケーションが円滑に

「freee 受発注サービスβ版」で受発注者間で発注の詳細を共有できるようになることで、見積書などの資料作成と確認を一連で行うことはでき、入力や転記などの手間が大幅に軽減されます。

これまでの受発注取引では、発注作業から回収までの煩雑さや取引が一元管理できないなどの課題がありました。

「freee 受発注サービスβ版」のクラウド上で情報共有することで従来の課題も解決することができます。

請求書は会計freeeへワンクリックでアップロードすることで、支払い状況を見ることができるようになります。

また請求書や発注書などはPDFでダウンロードすることも可能です。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。