クラウド会計ソフトならLINE店舗経理!個人事業主や経営者に選ばれる理由

クラウド会計ソフトは無駄な支出を減らし、会計業務の効率化を図る便利なツールです。
しかし市場には実に多様なソフトがあり、どれを選べばいいのか迷います。

クラウド会計ソフトは一度導入したら変更するのは手間が掛かるうえにコストももったいないため、後悔しないツール選びが大切です。
そこでおすすめなのが「LINE店舗経理」です。

LINE店舗経理が個人事業主や経営者の多くに選ばれている理由について詳しくご紹介します。

LINEのクラウド会計ソフト「LINE店舗経理」とは?


LINE店舗経理は、日本で利用されているメッセンジャーアプリの中で圧倒的なシェア率を誇るLINEが提供しているクラウド会計ソフトです。

LINE店舗経理は誰にでも簡単に経理業務を行えるよう、可能な限りシンプルにまとめた会計ソフトであり、個人事業主or法人、小規模~大規模まで事業規模を問わず利用することができます。

LINE店舗経理を利用すると、個人事業主に必須となる確定申告に必要な書類を簡単に作成できる上、そのまま確定申告書類をwebで申請(電子申告)することも可能です。

もちろん、法人向けプランでは法人の税務申告に必要な決算書などを書類を作成することが可能。
個人、法人問わずこれまで決して無視できないコストがかかっていた経理業務を効率化することができます。

クラウド会計ソフトとして十分な機能

LINE店舗経理はシンプルで使いやすい会計ソフトでありながら、クラウド会計ソフトとして十分すぎる機能が備わっています。

通常の帳簿付け・申告機能だけでなく、

  • Windows/Mac、PC/スマホ、いずれも利用可能
  • 銀行口座やクレジットカードの明細を取得し、自動で帳簿付け
  • スマホ撮影したレシートや領収書の取り込み


などクラウド会計ソフトならではの機能も、もちろん利用できます。

またLINE店舗経理には機能/サポートに応じて複数プランが用意されています。

必要最低限の機能が利用できる「ミニマムプラン」、その他の経理業務も行える「ベーシックプラン」があり、“確定申告だけできればいい”という個人の方から、“会計データから分析/レポートしたい”という法人の方まで予算に合わせてプランが選べるのも魅力です。

LINE関連サービスとの連携でメリット増!?

LINE店舗経理をリリースしているLINEは、最近では大々的キャンペーンで話題となっているスマホ決済サービス「LINE Pay」の導入を推進しています。

「LINE Pay」はキャッシュレスの推進によって飲食店、美容室、小売店を中心に急速に普及しているサービスで、初期費用0円から始められることもあり小中規模の店舗や企業でも導入しやすいという特徴があります。

さらに集客ツールとして「LINE公式アカウント」(LINE@)の提供も行っています。こちらも無料で充実機能が使える集客ツールとして事業者に浸透しているサービスです。

このようなことから、今後は「LINE Pay」「LINE公式アカウント」などの関連サービスと連携することでさらなる集客・販促効果も期待できます。

そして本来のサービスである「LINE」と連携することでトーク機能や通知機能と活用したLINEならでは機能提供も、今後大きな強みとなっていくでしょう。

クラウド会計ソフト「LINE店舗経理」のメリットは?


ここまでで、LINE店舗経理が持つ機能について紹介してきましたが、価格の安さも大きな魅力です。
個人事業主向けの一番安いプランなら月額980円で利用することができます。

会計事務所への記帳代行費や会計システムの保守/更新費で、月数万円かかっている場合、LINE店舗経理に乗り換えるだけで大幅な経費削減を図ることができます。

価格が安いから利用できる機能が少ないというわけでもなく、前述の通り経理業務に必要な基本機能はすべて備わっています。
ここからは経理業務をさらに効率化することができる特徴についてもあげていきます。

POSレジ連携で業務効率

安価な導入費用で近年普及している「Airレジ」「スマレジ」「Square」などのクラウドPOSレジとLINE店舗経理を連携することで、日々の売上をLINE店舗経理に自動で取り込むことができます。

従来であれば、POSレジに蓄積されたデータをクラウド会計ソフトなどに別途入力する必要がありましたが、連携してしまえば誤入力のリスクがなくなるうえに時間の短縮にもなります。

リスクと無駄をなくせば、そこに対応する人件費・コストの削減にもつながり一石二鳥です。

売上の一元管理ができる

銀行振込、カード払い、電子マネー払いなど、さまざまな支払い方法で受け取った売上は、それぞれ対応する銀行口座との連携を活用することで、LINE店舗管理一つですべての売上を効率よく一元管理することができます。

一元管理することで、売上の記録漏れといった人為的ミスが発生することがなくなるほか、どの支払い方法が一番使われているのかなどのお客様の動向も簡単に把握できるようになります。

また万が一現金に過不足があった場合も、支払い履歴や未回収取引を簡単に追えるためトラブル対応に掛ける時間と労力も削減できます。

クラウド会計ソフトLINE店舗経理は多様な料金プラン


LINE店舗経理の料金に関しては既に少し触れていますが、料金プランは個人事業主向けと法人向けがあり、大きく分けて4種類用意されています。

個人事業主向け

スタータープラン

スタータープランでは、基本的な記帳機能と請求書機能、確定申告機能を使うことができます。

こちらは月額980円で利用することができ、消費税申告などを行わない小規模な個人事業主におすすめのプランです。

また、年額払いでスタータープランを利用する場合は年間9,800円で利用することができ、月額利用する場合よりも1,960円(2ヶ月分)お得になります。

スタンダードプラン

スタンダードプランでは、スタータープランの機能に加え、消費税申告機能や作成できるレポートの充実などの機能が追加されています。

月額1,980円のプラン、年間19,800円で利用することができ、こちらも年額払いにとすると3,960円(2ヶ月分)お得になる計算になっています。

法人向け

ミニマムプラン

ミニマムプランでは入出金管理などの基本的な記帳、債権債務管理、決算書作成などが行えます。
起業したて、数人で事業を行っている法人におすすめのプランです。

月額2,380円、年額プランは23,760円となっています。

ベーシックプラン

ベーシックプランではミニマムプランの機能に加え、請求書の定期・合算請求、経費精算、電子帳簿保存などさらに高度な経理業務を行う事が可能です。

月額4,780円、年額プランは47,760円となっています。

そして、いずれのプランも最大で1ヶ月間は無料で利用することが可能であり、その間にLINE店舗経理が使いやすいかどうか確かめることも可能です。

クラウド会計ソフトLINE店舗経理はLINEや電話で開設サポートも


LINE店舗経理の導入には、LINEアプリを使ったチャットサポートも優秀ですが、どのようなサービスでもよくある電話サポートにも対応しています。

そのため、LINE店舗経理を使いたいけど、導入できるか不安という点で踏みとどまっている方は一度サポートに問い合わせてみると良いでしょう。

LINE店舗経理は申し込みに特別な審査もないため、即日利用を開始することができます。
まずは無料期間を通してLINE店舗経理を試用するところから始めるのも良いですね。

クラウド会計ソフトは+αの魅力が多いLINE店舗経理がおすすめ!


さまざまなクラウド会計ソフトがありますが、LINE店舗経理はスマホ決済や集客ツールなど広くサービスを展開しているLINEならではのメリットが多いのが特徴です。

クラウド会計ソフトの機能を備えつつ、さらなる魅力がぎゅっと詰まったLINE店舗経理を導入してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事に関連する記事

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。