BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨アプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」の使い方は?~「ウィジェット機能」編~

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、ビットコインを始めさまざまなアルトコインを一括管理できる仮想通貨に特化した資産管理ツールです。Cryptofolioは、国内の取引所だけでなく海外の取引所が扱っている仮想通貨の取引価格推移にも連動しており、複数の仮想通貨を持っているホルダーにとって、オススメのアプリとなっています。今回は、Cryptofolioの「ウィジェット機能」について紹介したいと思います。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の概要

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、仮想通貨に特化した複数の仮想通貨を一括管理できる資産管理アプリです。仮想通貨は取引所ごとに手数料や取り扱いコインに違いがあります。そのため、投資家の中には複数の取引所に口座を開設して、仮想通貨の売買を行っています。しかし、複数の取引所やウォレットでコインを保有している場合、仮想通貨に関する総資産を把握することは非常に難しいところがあります。

Cryptofolioは、取引所から出されている仮想通貨の取引価格のデータから情報を取得して、ユーザーの資産の価格推移をリアルタイムで表示することを可能としました。

保有資産の価格推移を一目で確認することができるCryptofolioは、仮想通貨を管理する上で非常に役立つ資産管理アプリなのです。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)のメリット

Cryptofolioは完全日本語対応

Cryptofolioは、日本の会社が開発した仮想通貨資産管理アプリなので使用言語は日本語です。他にも仮想通貨の資産管理アプリはありますが、英語のものがほとんどで日本人のわたしたちにとっては使いづらい部分があります。

Cryptofolioは日本語に完全対応しており、日本人の使いやすいようなデザイン・操作性となっているため、日本人向けの仮想通貨の資産管理アプリといえます。

日本円・BTC建てでの表示

Cryptofolioは、資産状況を日本円建てで表記してくれるので一目で現在の資産状況をつかむことができます。海外の取引所でBTC建てで取引をしているコインでも、BTCを日本円に換算した時の価格を反映してくれるので、資産状況が非常に分かりやすくなっています。

また、赤で囲っている部分をタップすると「日本円建て」や「BTC建て」に変えることができるのでお好みで切り替えてみましょう。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)のデメリット

Cryptofolioのデメリットとしては、各取引所で行った売買を自動で反映する機能はついていないところです。あくまで自身でどの仮想通貨を売買したのかポートフォリオに反映しなくてはいけません。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の対応取引所は?

Cryptofolioは、国内のメジャーな仮想通貨取引所7社から仮想通貨に関するデータ(取り扱い通貨・取引価格・手数料)を取得しています。複数の国内取引所で口座開設されている方にとってCryptofolioによって資産状況を把握することは非常にオススメです!

また、国内だけでなく海外の有名な仮想通貨取引所38社にも対応しているので、海外の取引所で仮想通貨を売買したり、ICOへ投資されたりする方にとって利用するメリットがあるといえます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の取り扱い通貨は?

Cryptofolioが対応している取引所が扱っている通貨は、すべてCryptofolioで取り扱いすることができます。Cryptofolio公式サイトでは取り扱い通貨を公開しているので、気になる方はコチラから取り扱い通貨を確認してみて下さい。

Cryptofolio取り扱い通貨一覧

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の「ウィジェット機能」の使い方

Cryptofolioでは「ウィジェット機能」を設定するだけで、スマートフォンのホーム画面で気になるコインの現在の取引価格を確認できるようになります

頻繁にトレードを行う仮想通貨トレーダーの方にとってはオススメの機能なのがウィジェット機能です。

ウィジェット機能を使うには、設定画面に飛んで「ウィジェット設定」を押します。

次に、ウィジェット機能で表示させたい通貨をチェックしましょう。「JPY(日本円)」か「BTC」で表示させることもできるので、お好みで設定してみて下さい。

ウィジェットには最大15種類のコインまで追加できます。Cryptofolio側の設定はこれで完了です。

次は、スマホ本体の設定でCryptofolioのウィジェット機能を追加します。

背景画面を長押しすると上のような状態になるので「ウィジェット」を押して先程設定したCryptofolioを押しましょう。

すると、スマホの画面に仮想通貨の現在の取引価格が表示されました。

※アンドロイド版のウィジェット機能の追加に関しては機種によって異なりますので、ご利用のスマホの説明書をよくご覧になってウィジェット機能の追加を行うようにして下さい。

まとめ

今回は、仮想通貨資産管理アプリCryptofolioの「ウィジェット機能」についてご紹介してきました。

Cryptofolioは複数の仮想通貨の管理状況を把握する上で非常に役立つアプリです。日本語に完全に対応している仮想通貨資産管理アプリでCryptofolioほど使いやすいアプリはありません。

随時、新機能の追加を行って進化を続けるCryptofolioを仮想通貨の資産管理に利用してみてはどうでしょうか!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP