BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨アプリ「Cryptofolio(クリプトフォリオ)」の保有資産の使い方は?

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、ビットコインを始めさまざまな仮想通貨を一括管理できる仮想通貨に特化した資産管理ツールです。Cryptofolioは、国内の取引所だけでなく海外の取引所が扱っている仮想通貨の取引価格推移にも連動しており、複数の仮想通貨を持っているホルダーにとって、オススメのアプリとなっています。

今回は、Cryptofolioの「保有資産」の使い方について紹介したいと思います。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の概要

Cryptofolio(クリプトフォリオ)は、仮想通貨に特化した複数の仮想通貨を一括管理できる資産管理アプリです。

仮想通貨は取引所ごとに手数料や取り扱いコインに違いがあります。そのため、投資家の中には複数の取引所に口座を開設して、仮想通貨の売買を行っています。

しかし、複数の取引所やウォレットでコインを保有している場合、仮想通貨に関する総資産を把握することは非常に難しいところがあります。

Cryptofolioは、取引所から出されている仮想通貨の取引価格のデータから情報を取得して、ユーザーの資産の価格推移をリアルタイムで表示することを可能としました。

保有資産の価格推移を一目で確認することができるCryptofolioは、仮想通貨を管理する上で非常に役立つ資産管理アプリなのです。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)のメリット

Cryptofolioは完全日本語対応

Cryptofolioは、日本の会社が開発した仮想通貨資産管理アプリなので使用言語は日本語です。他にも仮想通貨の資産管理アプリはありますが、英語のものがほとんどで日本人のわたしたちにとっては使いづらい部分があります。

Cryptofolioは日本語に完全対応しており、日本人の使いやすいようなデザイン・操作性となっているため、日本人向けの仮想通貨の資産管理アプリといえます。

日本円・BTC建てでの表示

Cryptofolioは、資産状況を日本円建てで表記してくれるので一目で現在の資産状況をつかむことができます。海外の取引所でBTC建てで取引をしているコインでも、BTCを日本円に換算した時の価格を反映してくれるので、資産状況が非常に分かりやすくなっています。

また、赤で囲っている部分をタップすると「日本円建て」や「BTC建て」に変えることができるのでお好みで切り替えてみましょう。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)のデメリット

Cryptofolioのデメリットとしては、各取引所で行った売買を自動で反映する機能はついていないところです。あくまで自身でどの仮想通貨を売買したのかポートフォリオに反映しなくてはいけません。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の対応取引所は?

Cryptofolioは、国内のメジャーな仮想通貨取引所7社から仮想通貨に関するデータ(取り扱い通貨・取引価格・手数料)を取得しています。複数の国内取引所で口座開設されている方にとってCryptofolioによって資産状況を把握することは非常にオススメです!

また、国内だけでなく海外の有名な仮想通貨取引所38社にも対応しているので、海外の取引所で仮想通貨を売買したり、ICOへ投資されたりする方にとって利用するメリットがあるといえます。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の取り扱い通貨は?

Cryptofolioが対応している取引所が扱っている通貨は、Cryptofolioでも取り扱いすることができます。Cryptofolio公式サイトでは取り扱い通貨を公開しているので、気になる方はコチラから取り扱い通貨を確認してみて下さい。

Cryptofolio取り扱い通貨一覧

Cryptofolio(クリプトフォリオ)の「保有資産」の使い方

Cryptofolioをダウンロードしてアプリを開くと、「保有資産画面」が表示されます。

保有資産画面で「追加」を押して、保有している仮想通貨をCryptofolioに追加していきましょう。

①円建て、BTC建てに切り替える方法

Cryptofolioは、デフォルト状態だと保有資産が「JPY(日本円)」で表示されています。

保有資産をタップすると「BTC建て」に切り替えることができます。

海外の取引所はBTC建てで取引を行っているので、アルトコインを売買される投資家にとってオススメの機能です!

②通貨を追加する方法(購入、売却、Watchの3種類)

Cryptofolioで保有資産画面に通貨を追加する方法は「購入、売却、Watch」の3種類あります。

では、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の購入

仮想通貨を購入した場合、保有資産に反映させるには2つの方法があります。

では、新しく購入したイーサリアム(ETH)をCryptofolioに登録するとしましょう。

まずは、「保有資産」の画面で「追加」を押して、購入した通貨の詳しい情報(購入日時、取引所、購入量、手数料など)を入力していきます。

入力が終わったら「保存」を押して完了です。

イーサリアムが追加されていますね。

次は、既にCryptofolioに登録している通貨を追加で購入する場合です。

まずは、「保有資産画面」で購入した通貨を選択します。

次に、「保有状況」を押して「追加」をします。

最後に、「購入」を選択したまま追加で購入した取引量を入力して保存を押したら完了です。

仮想通貨の売却

保有している通貨を売却した資産状況をポートフォリオに反映させるには、まず「保有資産画面」で売却した通貨を選択します。

「保有状況」を押して「追加」を選択します。

最後に、「売却」を選んで取引量を入力しましょう。今回は、10BCHを売却したの取引量のところに「10BCH」と入力して、保存を押します。

ビットコインキャッシュが全部売却されていますね。Cryptofolioで通貨を売却する方法は以上になります。

Watch機能の使い方

Watchは購入するためのタイミングを見計らう時に使います。

「保有資産の画面」で「追加」を押して

この画面になったら「Watch」を押します。これで取引価格を追う通貨が保有資産に追加されます。

③通貨を削除する方法

まずは、削除する通貨を選択します。今回は、「イーサリアム(ETH)」を削除するとしましょう。

次に、赤で囲った部分をタップします。

「取引をすべて削除する」を押しましょう。

「保有資産の画面」からイーサリアム(ETH)が消えていますね。通貨を削除する方法でした。

④通貨を編集する方法

仮想通貨を購入したり、売却したりして入力した数が間違っている場合があります。そんな時には、通貨を編集する方法があります。

ビットコインを「1BTC」購入したのに間違って「0.9BTC」と入力してしまったとします。まずは、ビットコインを選択します。

赤枠で囲った部分を押して「コインを追加する」を選択しましょう。

以下のような画面になるので、「購入」又は「売却」に正しい通貨量になるように数字を入力しましょう。

ビットコインは「0.9BTC」から「1BTC」に変更されていますね。以上が、通貨を編集する方法でした。

Cryptofolio(クリプトフォリオ)で資産管理しよう

いかがだったでしょうか。仮想通貨資産管理アプリCryptofolioの「保有資産」の使い方について説明してきました。

Cryptofolioは複数の仮想通貨の管理状況を把握する上で非常に役立つアプリです。Cryptofolioは日本語に完全に対応している仮想通貨資産管理アプリで、Cryptofolioほど使いやすいアプリはありません。

随時、新機能の追加を行って進化を続けるCryptofolioを仮想通貨の資産管理に利用してみてはどうでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP