BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨に対応する決済カード「Fuzex(ヒューズエックス)」とは

スーパーやコンビニなどの店頭における仮想通貨による支払いが、クレジットカード、デビットカード、電子マネー決済のように一瞬で完了できるとしたらどうでしょう?

それを実現させるプロジェクトがFuzeX(ヒューズエックス)です。仮想通貨をカード決済手段の1つにすること、つまりFuzeXは、これまでのようなQRコードをスマホに読み込んで決済する手間のかかる決済方法ではなく、独自のスマートカード「FuzeX Card」1枚で完了する便利な決済方法を提案します。

FuzeX Cardの概要と特徴

FuzeXプロジェクトは仮想通貨の普及を目的としたプロジェクトであり、仮想通貨を日常的に使うためのツールを開発しています。具体的には「FuzeX Card」、FuzeX Cardのアカウント管理ができるスマホアプリ「FuzeX Wallet」、 FuzeX Cardの運用プラットフォーム「FuzeX Exchange」という3つのプロダクトがあります。

FuzeXプロジェクトの資金調達(ICO)は、2018年1月に行われました。発行された仮想通貨FuzeX(FXT)は、トークンプレセール初日だけで売り切れるほどの人気で、このことからも期待されるプロジェクトであることは明らかです。FXTのトークンを保有すると、FuzeX Cardをトークンで購入でき、カード年会費もトークンで決済すれば割引の特典がつきます。

FuzeX Cardとは

FuzeXが開発するFuzeX Cardは、仮想通貨を格納するウォレットの役割を果たします。それはオンライン接続した「ホットウォレット(ウェブウォレット)」ではなく、ネットワークから切り離された「コールドウォレット」なので、外部からハッキングは不可能です。また、仮想通貨の利用可能額は事前にチャージした残高までなので、FuzeX Cardは「コールドウォレットカード型デビットカード」と言うこともできます。

FuzeX Cardのメリットとは?

1)セキュリティコールドウォレットであり、カード内のICチップに入るのは断片化・暗号化された「秘密鍵」なので、もしカードを盗まれても、それだけでは仮想通貨資産を奪われたことにはなりません。

2)使いやすさ:カード上に設けられたボタンによって、ピンコードの入力や使用する仮想通貨の選択などを行うことができ、FuzeX Card1枚で簡単に仮想通貨決済ができます。また、カードのディスプレイで仮想通貨残高と、それとリアルタイムに変動する 法定通貨(日本円など)換算の残高がひと目で確認できる機能が搭載されています。

3)多機能:1枚で15種類の仮想通貨、5種類のポイントカード、10種類のクレジットカードまたはデビットカードなど最大30種類まで利用でき、QRコードやバーコードの読取機能も備えています。
※ただし、FuzeX Cardの最初のバージョンでは、15種類の仮想通貨、5種類のポイントカードのみが利用でき、次のバージョンで10種類のクレジットカードまたはデビットカード機能が追加される予定です。

4)FuzeXエコシステム:3つのプロダクトFuzeX Card、FuzeX Wallet、FuzeX Exchangeで形成される「FuzeXエコシステム」のおかげで、このスムーズで安全性の高い決済を世界中で利用することができます。

FuzeX Cardの取り扱い通貨は?

現在のところ、FuzeX Cardでは、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ダッシュ(DASH)、FXTトークンの4種類の仮想通貨が利用できることが決まっています。最終的には15種類の仮想通貨を取り扱う予定です。

FuzeX Cardの購入方法と使い方

FuzeX Cardの購入方法とは?

ICOに参加した方は、受け取った引換券でFuzeX Cardの購入ができます。一方でICOに参加していない方は、FuzeXのウェブサイトからFuzeX Card をFXTのトークンでのみ購入することができます。(詳細については、近々のアップデートで発表される予定です)
※FuzeX Cardの価格はおよそ150〜200米ドル(予定)
KYCプロセスあり(銀行に新規口座を開く際、銀行から要求される書類手続きと同様の手続きが必要になります)

FuzeX Cardの使い方とは?

<ユーザー体験 ー レジでの支払いの場合>
1)FuzeX Cardの電源ボタンをオンにする
2)ピンコードを入力する
3)カードのディスプレイで仮想通貨残高とリアルタイム法定通貨換算残高を確認する
4)使用する仮想通貨を選択する
5)店員にFuzeX Cardを手渡す
 (→店員は通常通りカードはPOS端末に挿入し、カード会社からの承認を待つ)
6)取引完了し、レシートを受け取る※アプリFuzeX Walletでも取引情報を確認できる

このように、基本的に通常のデビットカードでの支払いと同じようにFuzeX Cardを使うことができます。

FuzeX Cardが未来の決済システムを変える

FuzeX Cardは、店頭での仮想通貨の決済を簡単、スムーズ、しかもオフラインで安全に行うことができる画期的なプロダクトの1つです。また、FuzeX Cardはコールドウォレットで仮想通貨の長期保管にも適しており、FuzeXエコシステムの中でさらに高いセキュリティが得られるため、高く評価できるでしょう。

FuzeXのようにスマートカードでの仮想通貨の決済手段の開発を目的としたプロジェクトは他にもありますが、FuzeX Cardは既存のカード決済ネットワークの利用(通常のPOS端末で利用可能)、リアルタイムでの法定通貨変換レート採用、カード1枚で支払いが完結できることをを強みとしています。この点についてはユニークなスマートカードだと言えるでしょう。
そのため、FuzeX Cardを通して仮想通貨決済ができる企業や仮想通貨取引所が増え、カード利用者も増加することが期待できます。FuzeX Cardのサービス開始と、今後のFuzeXプロジェクトの展開を見守りましょう!

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
あ貴

あ貴

イギリス在住。通訳。 ブロックチェーンや仮想通貨について学習中。 趣味・特技はブログやイラストを書くこと、旅行すること、美味しいものを見つけること。 気になることは、どんどん記事にしたいです!
PAGE TOP