BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

電話番号でビットコインキャッシュ(BCH)を送受信できる「CoinText(コインテキスト)」とは?特徴と使い方を解説!

今や先進国・新興国を問わず、世界中でほとんどの人が携帯電話を持っていると言われています。広く普及された携帯電話の機能を利用して、仮想通貨空間へのアクセスできるなら、誰もがもっと簡単に仮想通貨を使うことができると思いませんか?
今回は、携帯のSMSを利用した画期的なビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)による決済サービス「CoinText(コインテキスト)」をご紹介します。

 

    • インターネット接続なしでも利用できる!
    • アプリの追加・アカウント作成・複雑なアドレス入力など不要!
    • スマホだけでなく、ガラケーでも利用できる!
    • すべての操作はシンプルで簡単!
    • 手数料安く、スピーディーに取引完了できる!

 

それでは、「CoinText(コインテキスト)」をもっと詳しく見てみましょう。

「CoinText(コインテキスト)」とは?

CoinText(コインテキスト)とは、携帯が持つ機能の1つであるSMS(ショートメッセージサービス)でビットコインキャッシュ(BCH)を瞬時に送金できる革命的なシステムです。同じ電話番号が存在しない特性を生かし、電話番号にBCHアドレスを紐付けているため 、SMSで誰でも簡単に送金ができるわけです。そのため、インターネット接続、アプリのダウンロード、アカウント作成やパスワード設定 、送金先などの複雑なアドレス入力、スマホやPCの使用が不要です。

実は、このようにSMSを介した仮想通貨の送金サービスは「CoinText(コインテキスト)」だけではありません。しかし、それらはビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)によるものです。「CoinText(コインテキスト)」がビットコインキャッシュ(BCH)を選ぶ理由は、ビットコイン(BTC)や他のアルトコインよりも、ビットコインキャッシュ(BCH)が低コストで即時にブロックチェーンにトランザクション処理ができるから。

すべでのトランザクションは、直接BCHブロックチェーンに書き込まれ、CoinText(コインテキスト)はあなたの資金を一切保管しません。また、トランザクション履歴、ウォレットのアドレス、公開鍵・秘密鍵の記録も保管されません。

「CoinText(コインテキスト)」の特徴とは?メリットとデメリット

<主なメリット>

1)仮想通貨空間へのアクセスしやすさ
  銀行口座やインターネット環境がない方でも携帯があれば仮想通貨を利用できる
  (スマホだけでなく、ガラケーでも利用可能)

2)簡単な操作:アクセス番号にSMSでシンプルなコマンド(指示)を送るだけで完了

3)低価格で一定価格の手数料
  CoinText(コインテキスト)手数料[5セント]+BCHネットワーク料[1セント]
  ※送金の金額によって手数料が変わることはありません
  ※利用地域によって異なるSMS通信料がかかります

4)高いトランザクション速度
  ビットコインキャッシュの「0-conf」使用による高速なトランザクション処理
  (0-conf:トランザクションが有効であることを承認する前にそれを受け入れることができる)

<主なデメリット>

1)仮想通貨の損失リスク:
CoinText(コインテキスト)には取引を変更または検閲する権利が与えられていないため、ユーザーが携帯を紛失(損失・盗難)した場合や、間違った電話番号先に送金した場合などは、BCHは取り戻すことができません。また、機種変更する場合は、いったん全額を引き出し、別のBCHウォレットに移動する必要があります。

2)利用可能な地域:
現在、アメリカ、カナダをはじめ、南アフリカ、オランダ、イギリス、スイス、スウェーデン、オーストラリアでサービスを展開中です。2018年中旬にも日本でのサービスが開始されると言われていましたが、まだ日本は利用地域外です。

「CoinText(コインテキスト)」の使い方

利用可能なアクセス番号にSMSで「Start」を送信します。
(アプリではないのでダウンロード不要)

4つのコマンド(指示メッセージ)で入金・送金・出金・残高照会ができます。

1)入金する場合:
「Receive」と入力する→BCHウォレットアドレスを得る→アドレスに入金する
(※残高照会で入金完了が確認できます)

2)送金する場合:
「Send(スペース)(送金額)(スペース)(電話番号またはアドレス)」と入力する
 ※送金額は、それぞれの現地通貨またはBCHで金額が入力できます。
 ※すべての送金メッセージは2段階認証によって保護されています。
 ※各トランザクションには約6セント相当の手数料がかかります。

3)出金する場合:
「Withdraw(スペース)(出金額)(スペース)(アドレス)」と入力する 
 ※「ALL」と入力すれば全額を出金することもできます。

4)残高照会する場合:
 「Balance」を入力する→残高が返信される
 (次の「Balance」コマンドまでは10分間のインターバルが設定されています)

「Help」と送信することで、これらのコマンドを確認することが可能です。

CoinText(コインテキスト)は画期的な送金サービス!

このように広く普及した携帯のSMS機能(インターネット不要)による低コストでスピーディなビットコインキャッシュ(BCH) の決済サービス「CoinText(コインテキスト)」は、仮想通貨全体の普及に貢献できるでしょう。ただし、仮想通貨へのアクセスしやすさに特化したウォレットであるため、多額の仮想通貨や長期間の保管に適したコールドウォレットとともにうまく使い分けることをおすすめします。

3月28日にプロジェクトのβ版がスタートし、今ではアメリカ、カナダ、オートラリア、英国、南アフリカ、スウェーデン、スイス、オランダの8ヵ国で利用可能となっています。年末までに54カ国で展開し、数億人もの人々がそれぞれの言語、現地通貨ペアでサービスが利用できるようにすることを目標にしています。日本でのサービス開始を待ち遠しく思う人も多いのではないでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
あ貴

あ貴

イギリス在住。通訳。 ブロックチェーンや仮想通貨について学習中。 趣味・特技はブログやイラストを書くこと、旅行すること、美味しいものを見つけること。 気になることは、どんどん記事にしたいです!
PAGE TOP