BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引の便利アプリiPhone編!coin statsの特徴や使い方は?

仮想通貨のポートフォリオアプリとしては、ブロックフォリオ(Blockfolio)とクリプトフォリオ(Cryptofolio)が有名ですが、残念ながらブロックフォリオのほうはアクセス過多のせいか落ちやすく使いづらい状態です。

代わって人気上昇中なのが、日本円表示も可能なコインスタッツ(coin stats)。ここでは、便利すぎると評判のコインスタッツについて紹介します。

コインスタッツの特徴

Coinmarketcapとの連携

仮想通貨時価総額ランキングが見られるCoinmaketcapと連携しており、アプリを起動するとすぐにランキングが表示されます。

このサイトは世界中の投資家が利用しているサイトで、2018年4月の時点で約1,500種類以上もの仮想通貨の時価や時価総額が確認できるという便利なサイトです。ランキングの他にも、取引可能な取引所や、取引所ごとの取引量まで確認ができます。

つまり、例えば仮想通貨のリップルはどの取引所で取り扱いがあるのか、特定の取引所ではどれくらいの取引量があるかを簡単に知ることができます。ポートフォリオアプリでこの機能が使えるのは秀逸の部類に入るといってよいでしょう。

お気に入り機能が便利

ブロックフォリオなどのお気に入り機能は、値動きをとりあえずチェックしたい通貨をお気に入りに入れても保有通貨と一緒に表示されてしまいましたが、コインスタッツでは独立してお気に入り通貨だけを表示させることができます。

また、Coinmarketcapと連携していますので、ほとんどの通貨を登録でき、誰も知らないような草コインでも登録できます。

円グラフ機能も実装済み

仮想通貨の保有比率を円グラフで確認できます。クリプトフォリオと同じグラフとなりますが、ブロックフォリオには搭載されてない機能です。

アプリのダウンロードはこちらから

iPhone版
https://itunes.apple.com/jp/app/coin-stats-crypto-portfolio/id1247849330?mt=8

無料で利用できるの?

基本的には無料のアプリなのですが、App Store内では課金ありとなっており、ポートフォリオ保有資産が5,000ドルを超えると課金されるとの記載があります。実際に5,000ドル超となった時点でホップアップ広告が出てきますが、それ以降も無料で利用はできるようです。

もちろん、現時点の話であって、今後についてはわかりません。

コインスタッツの使い方について

コインスタッツの言語を日本語設定に

コインスタッツのデフォルト言語は英語表記になっていますので、日本語設定に切り替えます。

画面の下部の「設定」をタップすると、ページの下のほうに言語設定がありますので、タップしてjapaneseにチェックを入れます。

メイン画面は時価総額ランキング

アプリを開くと、最初のメイン画面にはCoinmarketcapの仮想通貨時価総額ランキングが表示されます。

時価総額ランキングのなかから特定の通貨をタップすると、その通貨のリアルタイムの価格や取引量、チャートなどが表示されます。

例えば、1位のビットコインをタップすると、ビットコインの詳細情報をリアルタイムで確認することが可能で、チャートもデイリーチャートから1年チャートまで見ることができます。

初期設定では、Average by Volumeが表示されますので、画面上部のBitcoinBTCの右の下向きの矢印をタップすると、任意の取引所を選択することができます。Coinmarketcapと連携していますので、すべての取引所の取引総量データを確認可能です。

また、画面中心部のお気に入りをタップして、保有資産(通貨)を登録すれば、簡単に自分のポートフォリオを作成していくことができます。

ポートフォリオを確認する

ポートフォリオは自由に作成できますので、仮想通貨の種類と日本円(現金)などを登録しておきます。

保有資産を確認する場合は、画面の一番下にあるPortfolioをタップします。

例えば、日本円で100万円、ビットコイン1枚、イーサリアム1枚というポートフォリオなら、この画面のように表示されます。実際には、画面中央部に資産状況のグラフもあわせて表示されます。

円グラフで管理する

画面右上の丸いマークをタップすると、ポートフォリオの各資産の割合を示す円グラフが表示されます。この円グラフは、先ほどの例の日本円、ビットコイン、イーサリアムから構成されています。

気になる通貨を登録しておく

時価総額ランキングの下位にいる草コインレベルの通貨でも、アプリのお気に入りに入れておけば、いつでも相場の確認ができます。

他のポートフォリオアプリでは、お気に入りに入れた通貨も保有通貨と一緒に表示されてしまいますが、コインスタッツでは独立したリストで表示されます。

ランキングで確認しようとすると、ランキングで下位にある通貨は、下の方まで都度スクロールしなければならず不便なので、お気に入りに入れておくと非常に便利です。

ニュースも確認できる

コインスタッツには、ニュースを表示する機能もあります。英語ニュースがメインなので、英語に自信のある方には役に立つことでしょう。

アラート機能

画面の一番下のアラートアイコンから設定をしておけば、注目している通貨が一定の価格に達した場合、アラート機能で通知してもらえます。

コインスタッツの評判・口コミ

使いやすいポートフォリオアプリ

コインスタッツは仮想通貨のポートフォリオ管理用のiPhoneアプリとして、非常に高い評価を受けています。評価のなかで最も多いのが使いやすいということ。サクサク動くのはもちろん、様々な機能があり、特に今まで使いたいと思っていた機能があるということで評価が高くなっているようです。

日本のユーザーからは日本語対応していることや、円換算できることに対する評価も高いです。

Coinmarketcapとの連携

アプリの使いやすさと並んで評価が高かったのは、Coinmarketcapとの連携です。一つには仮想通貨の取引をする人の多くがCoinmarketcapを利用しているということがあるのでしょうが、このサイトの機能が利用できるアプリということで人気になっています。

円に換算できる

日本人でも海外の取引所を利用する人は多いのですが、特に人気のBinance(バイナンス)などでは円換算ができません。このアプリでポートフォリオを管理することで、簡単に円換算ができます。海外の取引所の利用者には特におすすめかもしれません。

草コインホルダーに人気

一時期ほどではないにしても、草コインに分散投資という人も多いでしょう。草コインを管理できるポートフォリオアプリは少なかったのですが、Coinmarketcapと連携するコインスタッツであればどんなコインも大丈夫です。

5,000ドルを超えると有料版の案内が

保有資産が5,000ドルを超えると有料版の広告が出てきますが、これがうざいと感じる人も多くいるようで、なかには、この広告が出て以来、利用できなくなって困っているという口コミもありました。

チャートは見るだけ

デイリーチャートから1年チャートまで見ることができるのですが、チャート機能は乏しくて折れ線グラフを見ているだけという感じで使えません。

投資判断に使うチャートについては、取引所が提供するような高機能なチャートを利用するほうがよいかもしれません。他のアプリもそうですが、スマホアプリでは画面上の制約もあり限界もあります。

コインスタッツを使い倒すには

コインスタッツを使いこなすには、Coinmarketcapの機能をよく理解しておくことが早道で、それによりアプリの特徴を最大限活かせるようになります。

日本語対応で円換算も可能ですから、使い方に慣れればこれほど便利なポートフォリオアプリもないかもしれません。

ブロックフォリオと機能的に似ており、多くの点で便利になっていますので、ブロックフォリオを利用している人が乗り換えるには最適なアプリといえるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial