BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引の便利アプリiPhone編!バンドルカードの特徴や使い方は?

仮想通貨の代名詞とも言えるビットコイン。仮想通貨トレーダーの間では高い注目と頻繁なトレーディングが行われているビットコインですが、実生活においてビットコインを利用するという場面はほとんどありません。それというのも、未だビットコインを始めとする仮想通貨は価格の乱高下が激しく、価値が一定に定まらないため、実際の商品購入などに利用するのは不向きとされているからです。しかし、そうは言っても、やはり“通貨”という名称が付いている以上、実際に商品を購入出来るようにならなければ一般への浸透は難しいと言えます。そういったビットコインの価値への懐疑的な風潮に風穴を開けるべく誕生したのが、このバンドルカードです。

バンドルカードの特徴

「誰にでもすぐ使えるVISAカードアプリ」というキャッチフレーズとともに発表されたバンドルカードは、ビットコインを実際の商品購入の際に使用することが出来るカードアプリです。ビットコインを現金化して使用することが出来るという、今まで誰もが考えていながら、誰も実践して来なかったことを実際に実現してしまったバンドルカードは、配布と同時に多くの人にダウンロードされ、2017年11月の段階で累計25万ダウンロードを達成しているほどのヒットアプリとなっています。ここでは、そんな大人気アプリであるバンドルカードの特徴をいくつか紹介してみたいと思います。

バンドルカードはチャージ式!

バンドルカードは、正式には「バンドルカード:誰でも作れるVISAプリペイドカードアプリ」という名称で配布されているアプリです。この名称が示す通り、バンドルカードはVISAカードの1種なのですが、クレジットカードではなく、あくまでプリペイドカードとなっています。クレジットカードの場合、支払いは後日に指定の口座から引き落とされる後払い方式ですが、バンドルカードはプリペイドカードですので、事前にカードに資金を入金してその入金分だけ使用することが出来る先払い式のカードです。つまり、チャージ式のカードですので、ついつい衝動的に物を買い過ぎるという心配の必要の無いカードなのです。このチャージの際に、現金の他にビットコインを日本円に変換して使用することが出来るのが、他のプリベイドカードと違うバンドルカードの特徴なのです。

リアルとネットで買い物が出来る!

現金とビットコインの両方でチャージすることが出来るバンドルカードは、VISAカードですので、VISA加盟店であればどこでも使用することが出来るカードです。実店舗のVISA加盟店で使用することが出来るほか、インターネットショッピングの際にも、VISAカードとして使用することが出来ます。リアルとネットの両方で使用することが出来るカードですので、買い物の幅も広がり、とにかく便利に買い物を楽しむことが出来るカードとなっています。インターネットでの支払い方法は通常のクレジットカード払いの方法と同じなので、使い勝手も非常に良く、シンプルで快適な買い物を楽しむことが出来ます。

年齢制限が無い!

チャージ式のプリペイドカードなので、自分があらかじめ決めた金額以外の買い物が出来ないことが、バンドルカードの安全性を高めています。バンドルカードはクレジットカードでないので、利用者の収入面の審査などが無く、誰でも気軽に使えるVISAカードとなっています。そのため年齢制限も設けられておらず、10代の高校生でも使用することが出来るカードとなっています。ダウンロードも無料で行うことが出来ます。実際にバンドルカードの利用者の8割近くは10代で、これはまだクレジットカードを作ることが出来ない世代がインターネットショッピングやソーシャルゲームの課金などを手軽に行うために利用している面があります。

※「バンドルカード – 誰でもすぐに使えるVisaカードアプリ」ダウンロードURL
iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82%E4%BD%9C%E3%82%8C%E3%82%8Bvisa%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1113352415?mt=8

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.kanmu.vandle.android&referrer=adjust_reftag%3DcplDSXfzlAjIQ%26utm_source%3Dofficial%26utm_campaign%3DofficialLP%26utm_content%3DAndroid

バンドルカードの概要

バンドルカードをダウンロードすれば、誰もが手軽にVISA加盟店でショッピングを楽しむことが出来ます。このことはインターネットショッピングの浸透やキャッシュレス化が進む現在の日本において、非常に画期的なサービスの誕生だと言えます。しかも、ビットコインでのチャージも可能で、実際の商品購入の支払いに利用出来るというのは、まさに新時代のマネーサービスです。そんなバンドルカードは、日本の仮想通貨取引所の1つであるコインチェックと、CLO等の事業を行っている株式会社カンムが業務提携して開発したプリペイドカードです。コインチェックに関しては、最近NEMコイン流出問題という大失態を犯してしまった取引所として印象は良くないことと思いますが、このバンドルカードという発明は充分に評価に値する功績だと言っても良いと感じます。

バンドルカードの使い方は?

バンドルカードの使い方はとても簡単です。iOS版・Android版ともに、所定のダウンロードサイトからアプリをダウンロードすればすぐに使うことが出来ます。アプリのダウンロードは「生年月日」と「電話番号」のみの入力で行うことが出来ますので、本当に誰でも手軽にダウンロードをすることが出来ます。バンドルカードは、基本的にバーチャルカードですので、アプリをインストールしたスマホからインターネットでのショッピングを楽しむのが通常の使い方となります。しかし、実店舗でも使用するために必要となる「リアルカードの発効」というサービスもありますので、リアルとネットの両方でVISAカードを使いたい人は、リアルカードを作っておいても損は無いです。

バンドルカードの料金は?

バンドルカードのダウンロード料金は無料です。所定のダウンロードサイトから、一切の費用無しでバンドルカードのアプリを手に入れることが出来ます。また、クレジットカードを使用する際にかかる手数料も、バンドルカードはプリペイドカードなのでかかりません。基本的には無料でダウンロードして、無料で使用することが出来るカードとなっています。ただし、バンドルカードを実店舗で使うために作成するリアルカードの発行に関しては300円の手数料が必要となります。また、利用制限無しで海外でも利用可能な「バンドルカードリアル+」を発行する際は、手数料600円と本人確認などの手続きが必要となります。これらリアルカードの発行の際の手数料とは別に、バンドルカードを120日間使用しなかった場合に100円の利用料が自動的に加算されます。

バンドルカードの口コミや評判は?

年齢制限無しでVISAカードを作れるバンドルカードの評判は一体どういった内容のものが多いのでしょうか?インターネット上にあるバンドルカードの口コミをいくつか抜粋して紹介したいと思います。バンドルカードのメインの利用者は若年層なので、10代からの評価が最も多いです。「VISAだからマーケットプレイスの商品も買える」「ソシャゲーの支払いが楽」といった感想があります。

バンドルカードはプリペイド式のクレジットカード!

ビットコインでのチャージも可能なバンドルカードは、プリペイド式のVISAカードです。使い勝手が良く、誰もが簡単に作れることから若年層の利用者がメインとなっているため、ビットコイントレーダーの利用者は多くないのが残念です。しかし、現在までの総ダウンロード数の多さから分かるように、バンドルカードのニーズは多く、これからもまだまだ拡大する余地があるカードだと言えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP