BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

LAppsとは?概要や特徴、実用例を紹介!ライトニングネットワークが世界を変える!?

みなさんはLAppsという言葉を聞いたことがあるでしょうか?このLApps、仮想通貨界隈で今注目のテクノロジーなんです。
今回は今注目のLAppsについて、概要や特徴、実用例を紹介します。LAppsを説明する上で欠かせないキーワード「ライトニングネットワーク」についても詳しく解説するので、この機会にぜひ詳しくなってみてください。

LAppsとは?

LAppsは、DAppsをもじって生まれた言葉です。LAppsでは、DAppsがブロックチェーンを活用しているのに対して、ライトニングネットワークの技術を活用しています。2018年7月現在では、ウォレットやマイクロペイメントシステム、ウェブサービスなどに利用されており、ライトニングネットワークとともに、今後の仮想通貨市場を大きく変えていくものとなるのではないかと大きな注目が集まっています。

LAppsの定義

2018年7月時点ではLAppsについての明確な定義を見つけることができませんでした。
LAppsとは「ライトニングネットワークを活用したアプリケーション」というような広い意味での解釈が一般的なようです。

LAppsの根幹!ライトニングネットワークとは?

ライトニングネットワークとは、簡単に言うと、支払いシステムのネットワークです。
ブロックチェーンではこれまで、取引のたびにかかる処理や手数料によって、少額の支払いには向かないというデメリットがありました。ライトニングネットワークではこのブロックチェーンのデメリットを解決しています。

ライトニングネットワークの仕組み

ライトニングネットワークはブロックチェーンとは独立したネットワークになっており、この独立したネットワークのことをオフチェーンと呼んでいます。ユーザーはオフチェーンであるライトニングネットワーク上に自身のノード(ウォレット)を作成し、ここに通貨をデポジットすることでライトニングネットワークを利用することが可能です。

 

ライトニングネットワークでは、誰でも自由に自分のノードを立ち上げることができ、ネットワーク上のすべてのノードに自由に支払い経路を作ることができます。このようにして作られた自発的なネットワークでは、誰かのノードを経由すれば実質すべてのノードと経路がつながっていることになり、このことがライトニングネットワークの大きな強みとなっています。

 

ブロックチェーンでは送信アドレスや受信アドレスを使い、あらかじめ面識のある2者間で取引をしていました。しかし、面識のない他人と取引をおこなう場合には、誰かを介することでしか解決できず、処理や手数料もより多くかかってしまいます
また、新しい取引先と取引をする場合には、新たにチャネルを開設しなければならず、ここに処理や手数料が発生してしまうこともネックとなっていました。
一方、ライトニングネットワークでは自身のノードと繋がっている誰かのノードを経由して、直接的に関わりのない人とも取引をおこなうことが可能。もちろん経由するノードを都度信頼する必要もありません。ライトニングネットワークでは直接的に関わりのない相手、まだチャネルが開通していない相手とも、トラストレスで取引が可能なのです。

ライトニングネットワークの安全性

先述のようにライトニングネットワークはブロックチェーンと独立したネットワークなので、ライトニングネットワーク上での取引が都度ブロックチェーンに書き込まれるわけではありません。取引が終了し、ユーザーが精算(チャネルクローズ)すると、そのときの残高がブロックチェーンへと書き込まれることになります。

 

一見すると、ブロックチェーンの安全さが担保されていない取引のように見えますが、そのようなことはありません。ライトニングネットワーク上の取引は、途中で都度ブロックチェーンに書き込むという処理をしていないだけで、いつでもブロックチェーンに書き込める署名付きの状態で処理されています

オフチェーンであるというデメリットはほぼなしに、メリットだけを享受できる。そんなとても画期的なシステムが、ライトニングネットワークなのです。

LAppsのメリット・デメリット

LAppsのメリット

・オフチェーンを利用するため、トランザクションが少なくて済む
・トラストレスで利用できる
・直接的な関わりのない相手、対複数との取引も可能

LAppsはライトニングネットワークを利用したアプリケーションなので、ライトニングネットワークのメリットがそのままLAppsのメリットとなります。仮想通貨市場の将来を考えると、どれも非常に大きなメリットとなっていることからは、LAppsにかかる大きな期待を感じることができます。

LAppsのデメリット

・ノード(ウォレット)へのデポジットに(ブロックチェーンと比較して)手間がかかる
・Segwitを実装したブロックチェーンでなければ利用できない
・スケーラビリティ問題の根本解決にはなっていない

こちらもライトニングネットワークを利用することに付随した点が並びます。利用できる環境であればそれほど懸念しなくてはならないデメリットはないので、総合的に見てメリットの大きいものであることがわかっていただけると思います。

LAppsの活用事例

LAppsはウォレットやマイクロペイメントシステム、ウェブサービスなどで実用化されつつあります。ここではその一部について簡単に紹介します。

LAppsの活用事例①Eclair Wallet

Eclair Wallet(エクレアウォレット)はライトニングネットワークを活用したスマホ用ウォレットアプリです。2018年4月にAndroid版が公開されました。2018年7月現在、送金については実際にライトニングネットワークを利用することが可能で、今後少しずつ対象範囲を拡大していく予定のようです。
同名のデスクトップウォレットもリリースされています。

Android版インストールはこちら

LAppsの活用事例②BTC Pay Server

BTC Pay Serverはライトニングネットワークを活用したペイメントプロセッサ(決済管理ソフトウェア)です。わかりやすいところで例えると、日本円決済におけるペイパルのようなもので、ユーザーはBTC Pay Serverを介して仮想通貨決済をおこなうことができます。
仮想通貨のペイメントプロセッサではBitPayが有名ですが、BTC Pay ServerはBitPayと互換性がある上、オープンソース(ソースコードが開示されていること。元のソースコードから誰でも開発を進めることができる)されています。このソースを元にソフトウェアが開発され、モナコイン決済にも対応しました。

LAppsの活用事例③Y’alls

Y’allsは記事の閲覧や投稿ができるウェブサービス。記事が読まれると投稿者には仮想通貨が支払われます。Y’allsではこの支払いの仕組みにライトニングネットワークを活用しました。
Y’allsで実際にやり取りされている仮想通貨の最小金額は0.01ドル。このような小さい額の取引をブロックチェーン上で処理しようと思うと、時間や手数料の面で非現実的ですが、Y’allsではライトニングネットワークを活用することで、マイクロペイメント(少額取引)を可能にしました。
利用するには同じくLAppsウォレットが必要なので、Eclair Walletなどと合わせて利用してみるのもいいかもしれません。

仮想通貨の将来を担う!?LAppsは今注目のテクノロジー

「DAppsは聞いたことがあったけれど、LAppsは初めて聞いた」という人も多かったのではないでしょうか?
仮想通貨取引におけるもっとも大きな問題は、やはり時間と手数料の問題です。これを一挙に解決するLAppsは、DAppsと並んで、仮想通貨市場の将来を担う注目のテクノロジーでしょう。この記事を読んだことをきっかけに、LAppsについてさらに勉強を進めてみてはいかがでしょうか?投資にも良い影響があるかもしれませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
結木千尋
ユウキチヒロ。 フリーライター。 2017年末に仮想通貨をはじめました。 関心事はサブカルチャー(音楽、映画、ゲームなど) 服がすきなので、いつもだいたい服きてます。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial