フリーアドレスの種類とは?民泊、コワーキングスペース、サブスク住宅

近年、フリーアドレスオフィスの企業による導入のみならず、住居やライフスタイルなどにもフリーアドレスの波が来ています。
そこで、そのような悩みを解決するために、この記事では、フリーアドレスの種類とはどのようなものがあるのかを中心に紹介していきます。

フリーアドレスとは?メリット・デメリット、おすすめサブスクリプションサービスを紹介

フリーアドレスとは?


「フリーアドレス」とは、オフィスに個人固定の席を作らず共有のデスクを用意し、それぞれが好きな席で仕事ができるようにすることです。

フリーアドレスオフィス、住まいのフリーアドレス化、など従来あまり注目されてこなかった自由な生活スタイル全般のことを指します。

今フリーアドレスが注目されている

若い世代を中心にワークスタイルが多様化しており、コミュニケーションの仕方の変化や、社内の連携がより必要になっており、それに伴いオフィスの環境にも変化が求められています。

また、生産性の向上や、コストの削減などの効果も期待できることなどからフリーアドレスが注目を集めています。

近年フリーアドレスオフィスである「WeWork」や、住宅シェアの「OYO LIFE」など、多様な分野でフリーアドレスに関するサービスが急増しています。

フリーアドレスの種類とは


フリーアドレスの種類には、どのようなものがあるのでしょうか、具体的な内容は以下のようなものがあります。

フリーアドレスオフィス

「フリーアドレスオフィス」とは、オフィスに固定の席を設けず、共有のデスク、フリースペースを用意し、それぞれが好きな場所で仕事ができる環境にすることです。

社内のオフィスがオープンスタイルな上、座席を共用することで、今まであまりコミュニケーションのなかった人ともコミュニケーションが活発になり、従来には生まれなかった事業のアイデアが生まれる可能性があります。

また、近年の日本企業の労働環境での多様な問題の発生原因の解決方法としての期待や、生産性の向上や、コストの削減などの効果を見込むことができることなどから、フリーアドレスが注目されるようになりました。

コワーキングスペース

「コワーキングスペース」とは、個人事業者や起業家、在宅勤務可能な会社員、ノマドワーカーなどの、固定の職場環境で必ずしも働かなくていい人達が集まる場所のことです。

コワーキングスペースで労働環境のシェアを行うことによって、オフィスにかかる家賃の削減や電気代、光熱費などの経費の削減を行うことができます。

また、共有スペースで異業種のいろんな人たちとの交流により、有益な情報交換が活発になり、ジョイントビジネスの実行などの相乗効果も期待でき、自身のビジネスにとって有益なことが起こる可能性があります。

サブスクリプション住宅

「サブスクリプション住宅」とは、毎月決まった料金を支払うことで、物件が住み放題になる、住居のシェアリングサービスのことです。

このサービスを利用することで、利用者は家具の購入やそれらの配送コストが不要になり、また、敷金や礼金、仲介手数料が不要になることから初期費用の削減ができ、必要期間に応じた料金を支払いさえすれば住居をすぐに利用できます。

アドレスホッパー

「アドレスホッパー」とは、AddressとHopperを組み合わせた造語で、固定の住居を持たずに次から次へと拠点を移す人のことです。

近年では上記で説明したような住居のシェアリングサービスの登場などにより、アドレスホッパーというライフスタイルを支えていると言えるでしょう。

アドレスホッパーは、「Address」や「agoda」などのサービスを活用することによってこのライフスタイルを実現しているようです。

アドレスホッパーは、これからの主要なライフスタイルの1つになるかも知れません。

民泊

「民泊」とは、個人が戸建住宅やマンションを活用して、外国人観光客などを相手に宿泊サービスを提供することです。

従来は、「民泊」とは古来の農村や漁村の民家などに宿泊するような意味で使われていましたが、現在では、インターネットを介して個人が所有している部屋を貸し借りするシェアリングエコノミーとしての「民泊」が近年増えています。

「民泊」が増加した背景としては、Airbnbの登場が考えられ、旅行者はホテルや旅館など既存の宿泊施設より安い価格で宿泊施設の利用ができるようになりました。

一方のホストも、Airbnbを利用することによって、インターネット上でホストとしての講座を受講でき、個人が「民泊」を始めるハードルが低くなりました。

また、近年、日本への外国人観光客が増加しており、ホテルや旅館など既存の宿泊施設だけでは対応しきれなくなっているという問題もあります。

フリーアドレスのメリットは?


具体的なフリーアドレスのメリットは、以下のようなものが考えられます。

コスト削減による業務効率化

フリーアドレスオフィスの場合であれば、コミュニケーションの活性化が促進され、業務の生産性の向上効果が見込め、コスペースを削減できることからコストを下げることができる。

固定費の節約

コワーキングスペースの場合であれば、労働環境のシェアを行うことによって家賃などの経費の削減ができます。

多様なライフスタイルを実現しやすい

サブスクリプション住宅やアドレスホッパーの場合であれば、初期費用の削減や、機動的かつ柔軟なライフスタイルを実現できます。

安い価格で宿泊できる

民泊の場合であれば、旅行者などがホテルや旅館など既存の宿泊施設より安い価格で宿泊施設の利用が可能になります。

フリーアドレスで自由に効率良く生活する


ここまで、フリーアドレスの種類とはどのようなものがあるのか、について説明してきましたがいかがでしたか。

今回の記事のポイントは、

  • フリーアドレスの種類には、①フリーアドレスオフィス、②コワーキングスペース、③サブスクリプション住宅、④アドレスホッパー、⑤民泊、などがあること
  • フリーアドレスのメリットは、種類によるが、業務の生産性の向上効果の期待や、家賃などの経費の削減ができることや、機動的かつ柔軟なライフスタイルの実現、既存の宿泊施設より安い価格で宿泊施設の利用ができるようになる、などがあること

上記のポイントを参考して、フリーアドレスの種類とは何かについての理解が進むのではないでしょうか。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

この記事に関連するタグ

BD編集部
フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信