フリーアドレスのサブスクリプションサービスおすすめ5選

賃貸物件を探す際の最も気がかりになるポイントの1つは費用面という方は多いのではないでしょうか。

通常の物件であれば引っ越す際に仲介手数料や敷金、礼金、家具家電の購入費など初期費用は数十万円ということも珍しくありません。

しかし、フリーアドレスのサブスクリプションサービスを活用することで初期費用を大幅に削減することができます。

今回はそんなお得なサービスについてオススメを5つご紹介します。

フリーアドレスとは?メリット・デメリット、おすすめサブスクリプションサービスを紹介

フリーアドレスとは?

「フリーアドレス」とは直訳すると自由な住所を意味しますが、企業の新しい働き方として「フリーアドレスオフィス」の意味で使用される事の多いワードです。

また、政府の進める働き方改革や副業解禁に見られるように、働き方の多様化が議論されていることもあり「フリーアドレス」というと「フリーアドレスオフィス」と認識されている場合が多い印象を受けます。

しかし、実際にはオフィススタイルのみに留まらず、住まいのフリーアドレス化など自由なライフスタイル全般を意味し、広義の意味合いを持っています。

今回は記事後半でそんなライフスタイルや住まいに関係する点からフォーカスして具体例を交えながらご紹介します。

フリーアドレスのメリット

「フリーアドレス」には様々なメリットがありますが、まずは「フリーアドレスオフィスのメリットについてみていきましょう。

  • スペースの効率化
  • コミュニケーションの活発化
    主に、このようなメリットが挙げられます。1990年頃に認知され始めた「フリーアドレス 」ですが、実質的に注目され始めたのは最近で、近年の在宅ワークなどの働き方の変容に合わせて認知度が高まってきています。

インターネットの普及により在宅でも作業ができるようになったこともあり、以前より社員全員が社内のスペースを在中する必要性がなくなり、社内スペースの効率的な活用が求められるようになりました。

これによって狭いオフィスでも作業が可能になったため家賃や光熱費の削減につながります。

また、スペースの効率化によって本当に必要なもの以外は残さなくなるため、クラウド上での効率的な作業につながります。
それに加えてクラウド化により物的な資料であればセキュリティに問題がありましたが、クラウド保存によってセキュリティの強化にも寄与します。

コミュニケーションの面ではフリーアドレス化を行い、以前は関わりの少なかった部署や人と関わることによってコミュニケーションが活発になる効果も期待できます。
それによって新たなアイデアやプロジェクトが始動するきっかけにもなります。

また、仲間意識や社内の団結にも寄与するでしょう。

ここからは住まいのフリーアドレス化のメリットについてご紹介します。

  • コスト削減
  • 手間の減少

住まいがフリーアドレス化されることで、最も魅力的なことは家賃や水道光熱費の削減でしょう。

実際「給料が低い」「ローンに追われている」「生活が苦しい」などコスト面での悩みは頻繁に見聞きする機会があります。
その解決策とすれば、お金を今以上に稼ぐか固定費を下げることが一般的です。副業の解禁が行われましたが、実際に企業に属しながら副業を行うにはハードルが高くなかなか手を出せずに金銭的な不満を抱えながらも悶々としている方も多いのではないでしょうか。

しかし、手間も時間もかかる副業よりも住まいのフリーアドレス化を行い、固定費を減らす方が容易で効果的かもしれません。その方法もこのあとご紹介します。

また、住まいのフリーアドレス化を行うことによって水道光熱費の契約や更新からも逃れることができます。
それらの作業は予想以上に時間も手間もかかるため、これらが減少することも大きなメリットになるでしょう。

サブスクリプションとは?

サブスクリプションとは定期購入の意味で、皆さんの生活の周りにもたくさん存在する概念です。
これらのサービスは月額や年間という規定の単位で料金支払いを行うことで定期的にそのサービスを受けることができます。

例えば新聞や雑誌、動画配信サービスもサブスクリプションです。
新聞であれば月に3000円前後から購読が可能で動画配信サービスであれば数百円から利用可能です。

サブスクリプションのメリット

サブスクリプションのメリットとしては事業者と消費者、それぞれの視点でご紹介します。まずは事業者です。

  • 継続的な売り上げの確保
  • 顧客データの獲得

が挙げられます。

単一の売り切り商品であればその都度顧客に商品やサービスを購入してもらわなくては売り上げが安定せずに不安定なビジネスになりやすい傾向があります。

また、新規で顧客を獲得するためにその都度、家業を行うこともさまざまなコストが発生します。
継続的な顧客が確保できていれば、継続的にデータ収集が可能です。データの蓄積によって、商品やサービスの改善に役立てることも可能です。

次は消費者の目線です。

  • 定額で利用できる
  • 解約も可能

定額で利用できるサブスクリプションであれば必要以上にお金がかかることもなく、定額によってお得に利用できるサービスも多数存在します。

例えば動画配信であれば1ヶ月無料サービスなど手軽に利用できるものが存在します。また、好きなタイミングで基本的に解約することができるため、自分の望むサービスでなかった場合気兼ねなく解約することができます。

フリーアドレスのサブスクリプションサービスおすすめ5選

それでは実際に「フリーアドレス」のおすすめのサブスクリプションサービスをそれぞれ見ていきましょう。

シェアオフィス・コワーキングスペース「WeWork」

こちらのサイトでは、大企業からスタートアップ企業など、ワークスペースを利用するチームサイズに合わせて利用することができます。人数の規模を1人から1000人以上から選択することができ、「Facebook」「adidas」など世界的な企業も利用しておりその実績の高さに定評があります。

WeWorkはこちらから

シェアオフィス・コワーキングスペース「アセットデザイン」

こちらはレンタルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィスと多様なジャンルから都心をメインに全国50拠点から選択することができます。
それぞれのプラン詳細も気軽に相談できる体制になっています。

アセットデザインはこちらから

住宅シェア「OYO LIFE」

首都圏のみを扱っているこちらは都心でも10万円以下で利用することができるため、コストパフォーマンスに優れています。
物件を持っているオーナーさんも貸主という形で利用することができます。

OYO LIFEはこちらから

住宅シェア「ADDress」

こちらは世界中の空き家や遊休別荘と宿泊者をマッチングするサービスです。
自分の家を持ちながらセカンドハウスとして利用したい方にオススメのサービスとなっています。

ADDressはこちらから

住宅シェア「CLAS(クラス)」

こちらは家具家電のレンタルサービスを行っています。
単身赴任や短期間だけその地に住みたい場合、わざわざ家具家電を持って行ったり、購入するのは手間もお金もかかります。こちらであれば効率的に必要なそれらを揃えることができます。

CLAS(クラス)はこちらから

フリーアドレスのサブスクリプションサービスがおすすめ

今回の記事では、「フリーアドレス」や「サブスクリプション」、オススメのサブスクリプションサービスについてご紹介しました。

フリーアドレスを取り入れた生活を検討する場合、サブスクリプションサービスを活用することでより固定費の削減にもつながり、お金を効率的に使って生活することができるようになります。

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部
フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信