「老後2,000万円足りない」って本当!?ライフプランと共に考えたい資産形成の方法とは

Sponsored By 松井証券株式会社

「公的年金以外に老後資金として2,000万円が必要」とする金融庁の報告書から、老後の資産形成に関する関心が高まってきています。

「資産形成」と聞くと、大きな資金で投資をするというイメージはないでしょうか?

本来の資産形成とは、先の不安を解消するために無理なくコツコツと、長期に渡って資産形成の準備を始めることを言います。
この機会に将来のライフプランと必要な資産を見つめ直し、自分にはどんな資産形成が合っているのかを考えてみましょう。

老後2,000万円足りないってどういうこと?


2019年6月3日、金融庁金融審議会の市場ワーキング・グループが「老後資金として2,000万円の蓄えが必要」と指摘した報告書を提示。

総務省統計局の調査によると、高齢夫婦の毎月の不足額の平均は約5万円であり、仮に定年後に30 年の人生があるとすると、不足額の総額は2,000 万円(=月5.5万円×12か月×30年)という計算になります。

※「家計調査年報(家計収支編)平成28年」(総務省統計局)をもとに松井証券が作成

この2,000万円という数字はあくまで平均の数字であり、ここまで必要ではないという意見や、逆にもっと必要になるという意見など、さまざまな議論が交わされていますが、とにもかくにも、この報告は「老後2,000万円問題」として大きな話題になりました。

この報告書によって、将来への不安を感じ、老後に向けた資産形成やライフプランを見直したり、興味を持つきっかけになった方も多いのではないでしょうか。
私たちも今一度、老後に向けての資産形成をじっくり考えてみましょう。

「松井FP」で老後資金をシミュレーション

老後に向けて資産形成をするには、まず、老後にどれだけ資金が必要なのかをシミュレーションすることが大切です。

無料で利用できる松井証券の将来シミュレーター「松井FP」なら、まるでゲームのように選択しながら進むだけで、一生涯の総支出と総収入をひと目で把握することができます。

さらにシミュレーション結果を元に、マネープランナーからおすすめの資産形成方法を提案してもらうことも可能です。個人情報を聞かれることもなく、また後日の勧誘などもないので、安心して相談できます。

どんな人生を送りたいのか、今のうちからきちんとライフプランを立てて、長期的な資産形成を行うことで、充実した老後の生活を送ることができるでしょう。

とはいえ、子育てや住宅購入など、様々なライフイベントを乗り越えながら、預貯金だけで老後資金を用意するのはなかなか大変です。余裕を持った資産形成を目指して、投資を利用した資産形成を考えてみてはいかがでしょうか。

投資初心者におすすめの投資方法はこちら


「投資」と聞くと「初心者には難しいのでは?」と考えてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

“ほったらかし”で運用できるものや、リスクが抑えられるものなど、初心者でも簡単に実践できる投資方法もあります。節税できるお得な制度もありますので、うまく活用して将来に備えましょう。

非課税で運用できるNISA・つみたてNISA・iDeCo

NISA・つみたてNISA・iDeCoは、税制上の優遇措置が設けられている制度です。

通常、投資で得た利益には約20%の税金がかかりますが、NISA・つみたてNISA・iDeCoで投資した場合の利益は、非課税となります。

運用期間が長いつみたてNISAや私的年金制度であるiDeCoは、将来に向けて資金を積み立てたり、老後の資金を求める方に最適。積極的に投資をしたい方は、年間120万円以内の投資であれば税金がかからないNISAが適しています。

関連記事

Sponsored By 松井証券株式会社税制上の優遇措置が設けられているNISA・つみたてNISA・iDeCo。一度は耳にしたことのある方も多いかと思いますが、これらの違いはご存知でしょうか?それぞれのメリットや特徴を理解し、自分に[…]

※個別の税務取扱等につきましては、税務署・税理士等にご確認ください。

100円からできる!投資信託がおすすめな理由とは

投資信託は、100円という少額からでも始めることができます。

資産運用の専門家が投資家に代わって運用してくれるため、初心者でも安心して投資ができます。また幅広い投資対象に資産を分散して投資する投資信託もあり、特定の銘柄への一極集中投資に比べてリスクも低減できます。

関連記事

Sponsored By 松井証券株式会社投資というと、「なんだか難しくて初心者には手を出しにくいもの」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし投資の中でも「投資信託」は、投資のプロが自分に変わって資産運用してくれる[…]

自動積立&ポイント投資で手軽に資産形成

「経済や株、投資手法について勉強するのはちょっと難しい」という方におすすめなのが、自動積立やポイントを利用した投資信託への投資
松井証券では、“ほったらかし”でも手軽に資産形成ができます。

関連記事

Sponsored By 松井証券株式会社投資家に代わって専門家が資産を運用してくれる投資信託。初心者や忙しい方でも始めやすく、気軽に資産運用にチャレンジできるのが魅力です。関連記事10[…]

株主優待、IPO、デイトレードでおすすめのサービスは?

企業から優待品をもらえる「株式優待」や比較的利益を得られる確率の高いIPO(新規公開株)、細かく取引して利益を狙っていく「デイトレード」などの株式投資も人気の資産運用方法です。

それぞれの特徴や、株式をスムーズに取引するために便利なツールやサービスも用意されています。

関連記事

Sponsored By 松井証券株式会社近頃、テレビや雑誌で人気の株主優待に興味をもって、株式取引を始める方が多くなっています。また、億を稼ぐデイトレーダーや、初心者でも利益を出しやすいIPO投資についても、継続して注目されているようで[…]

資産形成を始める証券会社はどう選ぶ?


投資を始めるにあたってまず必要なことは、証券会社での口座開設です。日本にもたくさんの証券会社がありますが、どんなポイントを意識して選ぶと良いのでしょうか。

ここでは松井証券を例に挙げ、「手数料」、「ツール」、「商品ラインナップ」、「サポート体制」の4つについて見ていきましょう。

証券会社ごとに異なる2パターンの手数料体型

金融商品を取引するにあたり、どこの証券会社でも必要となるのが手数料です。

この手数料は「取引回数ごとに設定されているもの」と「1日の定額金額が設定されているもの」の2つに分けられます。証券会社によって異なりますが、わかりにくいものが多く、困惑される方も多いでしょう。

一方、松井証券の手数料は定額制でわかりやすいのが特徴です。

現物取引の場合、1日の取引金額の合計が50万円までは無料、100万円までは1,000円、その後100万円増えるごとに1,000円加算と、シンプルで低額なところが魅力です。

また松井証券は、大手オンライン証券で初めて、取り扱うすべての投資信託の販売手数料が無料となり、投資のコスト負担が軽減されました。
株式も投資信託も、業界最低水準の手数料※です。

※松井証券調べ、オンライン証券大手5社(当社、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、auカブコム証券)と比較、2019年12月20日時点

取引商品やスタイルで選べる充実ツール

証券会社が提供している「ツール」にも注目です。

特にインターネット取引がメインとなるオンライン証券では、投資家と金融商品をつなげるツールはとても重要な役割を持っています。取引商品やスタイルごとで選べ、使い勝手を追求した松井証券ならではの充実ツールをご紹介します。

投資信託を用いた資産形成をサポート「ロボアドバイザー」

松井証券には、投資信託を用いた資産形成をサポートする3つのロボアドバイザーがあります。

「投信工房」は、将来に向けた資産形成を考える方に最適な資産の組み合わせについて、提案から運用メンテナンスまでトータルサポート
「投信提案ロボ」は、新たに投資信託を購入したい方に、興味ある資産や地域を元に評価が高い投資信託の提案をしてくれます。

さらに「投信見直しロボ」は、今持っている投資信託のスコアから、似た条件でよりスコアの高い投資信託を教えてくれるので、効率的な乗り換え検討ができるでしょう。

「銘柄探しツール」を駆使して手軽に株式チェック!

さまざまな角度から株式投資の銘柄選びをサポートする、便利なツールを紹介します。

「QUICKリサーチネット」では、株主優待の検索や、アナリストによるマーケットや個別銘柄の分析レポートなどを閲覧することができます。独自取材による最新の株主優待情報も必見です。

そして「チャートフォリオ」はチャートの形状から、銘柄の検索や市場全体のトレンド確認ができます。「上昇基調」「リバウンド」など25通りのチャートの形から銘柄を絞り込むことができ、気になるチャート形状をクリックするだけで該当銘柄を選ぶことができます。

どれも初心者でも分かりやすく、松井証券ユーザーなら無料で利用できる充実のツールです。

ネットストック・ハイスピードでスピーディーに注文を!

「ネットストック・ハイスピード」は、プロのディーラーと同等の投資環境を揃えた、高機能トレーディングツールです。

さまざまな便利機能を豊富に搭載しており、中でも1クリックで発注できる「スピード注文」はデイトレードに最適。

発注画面やチャート・気配板などの情報画面を自由に組み合わせることができるため、自分に合ったオリジナルの取引環境をつくることもできます。

スマホアプリでいつでもどこでも、スキマ時間に注文可能

スマートフォン向けに開発された株の取引アプリ「株touch」。スマートフォンから簡単に株式取引ができます。

機能も豊富で、「株価ボード」では最大400銘柄が登録でき、最短0秒で自動更新してくれるため常に最新情報を見ることができます。

またPC向けトレーディングツール「ネットストック・ハイスピード」で人気の機能「スピード注文」も利用可能。タップするだけで即発注ができます。

「投信アプリ」は、投資信託の投資提案から購入、運用メンテナンスまで投資信託サービスのすべてを兼ね揃えたスマートフォンアプリです。

投信工房のロボアドバイザーが、一人ひとりに最適な投資信託の組み合わせを提案してくれ、100円から投資信託を購入することができるので、投資が初めての方でも始めやすいです。

【iPhone】投信アプリはこちらから

【Android】投信アプリはこちらから

商品ラインナップ

証券会社の取扱商品や内容は会社によっても異なります。まずは、自分が取引したい商品があるかどうかをチェックしましょう。

以下に松井証券の商品ラインナップをご紹介します。

・株式(現物取引)
・株式(制度信用取引・無期限信用取引・一日信用取引)
・投資信託・MMF
・IPO(新規公開株)、PO(公募・売出し)
・貸株サービス
・立会外分売
・ベストマッチ
・PTS
・先物・オプション取引
・NISA/つみたてNISA
・FX
・ETF/ETN/REIT
・iDeCo

サポート体制

初心者の方にとって、初めての投資には不安もたくさんあることでしょう。サポート体制がきちんと整っているかどうかは証券会社選びの重要なポイントです。

松井証券の場合、Q&Aや操作説明といったWEBサイトの詳しい解説が充実しているだけでなく、平日8:30〜17:00まで分からないことを気軽に相談できるフリーダイヤルでの電話サポートも。

さらに松井証券顧客サポートのオペレーターがインターネットを通じてパソコン画面を共有し、一緒にパソコンの同一の画面を見ながら操作方法などを説明する「リモートサポート」も完備。

パソコン操作に慣れていない方でも、丁寧に使い方を教わることができ安心ですね。

他にも、「資産形成を始めたいけどどうしたら良いのかわからない…」という方には、個人情報を伝えなくても気軽にマネープランナーに相談できる「マネープランサポート」を無料で受けることができます。

松井証券で資産形成するには?まずは口座を開設

日本の平均寿命は延び続け、人生100年とも言われる令和の時代。公的年金だけでは心配なケースも多く、将来の備えのために元気で健康な現役時代から資産形成に取り組むことが重要です。

松井証券の口座の開設は無料。開設前に不安なことがあれば、電話サポートで不安点を解消することもできます。自分にピッタリの資産形成を見つけるためにも、まずは松井証券で口座を開設してみましょう。

創業100年のネット専業・証券会社!松井証券の魅力

1918年に創設された松井証券は1995年にインターネット証券に参入。2001年には日本初のインターネット取引専業の証券会社となり、100年の歴史を持つ実績のある会社です。

株の現物取引では1日合計50万円以下なら売買手数料無料、さらに100円から投資信託が購入できるなどメリットが盛りだくさん。

そして投資のアドバイスをしてくれるロボアドバイザーや投資をスムーズにすすめるツール類も充実しています。

松井証券で、先を見据えた投資を始めて将来の不安を解消しましょう。

リスクおよび手数料などについて

CATEGORY

2000万円問題

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。