オウンドメディアとは?メリットや作り方、構築から運用まで分かりやすく解説!

企業のマーケティング活動を支えるひとつの手段として、今「オウンドメディア」に注目が集まっています。
こちらではオウンドメディアに関する基本情報をまとめていきます。メリットをはじめ、構築から運用までの具体的な方法について確認してみましょう。

オウンドメディアとは

そもそもオウンドメディアの意味が分からないと、そのシステムを有効活用することは難しいでしょう。
まずは、オウンドメディアの基本をおさらいします。

オウンドメディアの意味・目標について

オウンドメディアとは、「Owned(所有する)」と「 Media(媒体)」が合わさった言葉であり、一般的には「自社で直接所有するメディア」と訳されます。
たとえばブログやホームページなどのWeb媒体、チラシやパンフレットなどの紙媒体、広義の意味ではソーシャルメディアもオウンドメディアです。
ただ企業情報を掲載しているものとは違い、オウンドメディアは顧客に対して積極的なアプローチを行ったり、アクションを受け付けたりといった特徴を持ちます。
そのため「自社商品・サービスの売上アップ」「企業ブランドの確立」「潜在顧客・見込み顧客へのアピール」「顧客エンゲージメントの上昇」といった目標の達成をサポートしてくれるでしょう。

オウンドメディアが注目される理由とは?

今やオウンドメディアの準備は、多くの企業に欠かせない要素になっています。
ではなぜ、それほどまでオウンドメディアに注目が集まっているのでしょうか。

個人とつながるコンテンツとして有効に活用できる

近年はひとりひとりがスマホを所有し、インターネットやSNSからたくさんの情報を取得するのが当たり前となっています。
そういった情報が個人の手に溢れる時代だからこそ、オウンドメディアのように自社コンテンツを正しくアピールしながら、個人とのつながりを作れる媒体に注目が集まっているのです。
多くの場合、ただホームページを用意するだけではユーザーにインパクトを与えられず、SNSだけでは情報を伝えきることができません。
その点オウンドメディアは多くの情報を内包しながらアピールできるメディアとなるので、商品やサービスを紹介するだけでなく、顧客をリピーターやファンに変えていくだけの力があります。
そういった一歩踏み込んだ結果にまで進めることが、オウンドメディアが注目される理由になっているのです。

コンテンツの充実度が評価される時代になった

コンテンツの充実度が検索エンジンにおける上位表示の条件になったことも、オウンドメディアが注目される要因となっています。
検索エンジンへの対応方法(SEO対策)が変化したことによって、自社コンテンツへの流入を増やすためには、内容が充実したメディアを所有することが求められるようになりました。
その結果「コンテンツマーケティング」に役立つ施策として、オウンドメディアを採用するケースが増えているのです。
オウンドメディアはその作成のしやすさとコントロールの容易さによって、多くの企業が参入しやすいメディアになっています。
今後も自社コンテンツのアピール手段として、オウンドメディアの導入が検討されることは増えるでしょう。

オウンドメディアのメリット

オウンドメディアを運用することによって、企業は多くのメリットを得ることができます。
特にポイントとなるのが、以下の3点になるでしょう。

広告費の削減

オウンドメディアは自社で管理・運用する媒体になるため、外部に広告費を支払う必要がなくなります。
これまで別メディアに依頼して広告を掲載してもらっていた企業は、オウンドメディアを導入することで広告費を削減できる点がメリットです。
広告の掲載は認知度アップや売上アップなどの結果につながりますが、それは掲載を止めれば消滅してしまう限定的なものになります。
しかし、オウンドメディアは更新を停止しても自然流入の数が極端に落ちることはなく、一定の顧客からのアクセスを見込むことが可能です。
オウンドメディアの存在が将来的には、インターネット上で活きる企業の資産になります。
広告への依存度を下げられるため、宣伝費が増えている場合にはオウンドメディアの利用がおすすめされます。

自社コンテンツのブランディングにつながる

自社コンテンツの価値を高める「ブランディング」が効率よく行える点も、オウンドメディアのメリットです。
メディアに掲載した記事や販売している商品が認知され、役に立つ存在であると評価されれば、ブランドの構築につなげられます。
継続してオウンドメディアを充実させていければ顧客ロイヤリティの向上にもなり、イメージアップにも期待できるでしょう。
ブランディングを進めるためにはなるべく専門性の高いコンテンツを掲載し、顧客の悩みを解決できるような要素に力を入れていくのがコツです。
「〇〇のときはこの企業に頼もう」「〇〇といえばこのブランド!」という形での認知につなげて、オウンドメディアの導入によるメリットを高めていきましょう。

リクルーティング採用にも活用できる

オウンドメディアを使って採用活動を行う「オウンドメディアリクルーティング」も、ひとつのメリットに数えられます。
オウンドメディアリクルーティングとは、求める人材をターゲットにオウンドメディアを活用し、求人募集を行う手法です。
オウンドメディアを見て応募してもらうことで、自社に必要なスキルや価値観を持った人材とマッチしやすくなります。
具体的には仕事の役割と求める能力を提示したり、求職者の価値観に合わせた企業の情報発信を行ったりすることがオウンドメディアリクルーティングの基本です。
人材不足が課題となっている場合などにも、オウンドメディアは役に立つでしょう。

関連記事

自社で運用する「オウンドメディア」の所有には、いくつかのメリットとデメリットが考えられます。オウンドメディアをより深く知るためにも、こちらでメリットとデメリットの両面をチェックしていきましょう。 オウンドメディアについて詳しくはこちら[…]

オウンドメディアの作り方

オウンドメディアの作り方を知る際には、基本となる手順の理解と目標設定がカギとなります。
オウンドメディアのメリットに興味を持てたのなら、以下から特に立ち上げる時点に必要な流れをチェックしましょう。

目標設定をした上での構築が重要

オウンドメディアを作成するには、まず自社コンテンツが目指す目標を設定します。
ゴールを設定した上でメディアの立ち上げに進むことが、基本的な流れになるでしょう。
たとえば以下のような目標が、オウンドメディアの性質とマッチする内容になります。

・新規客層の獲得
・顧客のエンゲージメント上昇
・ターゲット層の認知度拡大
・売上を〇〇までアップ(具体的に)
・ブランディング戦略の実施

これらの目標を共有することで、オウンドメディアの方向性が見えてきます。
内容がブレないように、最初の段階で目標を明確にするのがポイントです。

また、このタイミングでオウンドメディアの基本的な作成環境もチェックしておきましょう。
自社で運用する場合にはワードプレスの使い方や設定方法の確認、担当者のスケジュール、サイトデザインの提案などを行います。

具体的な戦略を話し合う

目標が決定したら、続いてオウンドメディアを運用するための具体的な戦略を話し合います。
たとえば検索エンジンからの自然流入を意識するのか、それともSNSを経由して集客するのかで、取るべき戦略は変わってきます。
検索エンジンを重視する場合には、ネットで検索されやすい記事の作成を行い、常に多くの人の注目を集めるためのコンテンツを増やしていくことがポイントです。
キーワード選定やペルソナ設定に力を入れて、検索エンジンから見てもらうための下地を作りましょう。
SNS経由の場合にはトレンドを理解し、今この瞬間に見てもらうためのインパクトのあるコンテンツを発信します。
シェアやフォローしたくなるような面白味のあるコンテンツの充実が、SNSを使ってアピールする際のコツになるでしょう。
オウンドメディアの具体的戦略が決まったら、実際にサイトを立ち上げての運用に進められます。

運用代行の利用も検討

オウンドメディアの運用経験のない初心者しか社内にいない場合、専用の運用代行業者の利用も検討されます。
運用代行を使えば立ち上げ段階からアドバイスを受けて、自社コンテンツにぴったりのオウンドメディアの作成につなげることも可能です。
KPI(評価指標)の設定や魅力的なデザインの提案、コンテンツの長期的な運用に必要な戦略スケジュールの決定なども担ってくれるでしょう。
運用代行を使うとその分コストがかかりますが、それだけ大きなメリットを獲得できます。

関連記事

企業ブランドの確立や広告費の削減などのメリットがあるオウンドメディアは、作り方やその目的を理解することで一から立ち上げることができます。こちらで具体的な作り方の手順とコツを確認し、効果的なオウンドメディアを構築する準備を進めてみましょう。[…]

オウンドメディアとSEOの関係性について

オウンドメディアの立ち上げとその後の運用には、SEO対策に関する知識も欠かせません。
SEO対策ができているかどうかで、オウンドメディアの成果は大きく変わります。
作り方を把握する際には合わせてSEO対策についても学び、より充実したコンテンツを作成することがポイントです。

なぜSEO対策が必要?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称であり、「検索エンジンの最適化」と訳されます。
SEO対策を進めることでインターネットからの検索時にヒットしやすくなり、より多くの人たちにオウンドメディアの魅力を知ってもらうきっかけを作れます。
単純に自社コンテンツへの集客力をアップさせることにもつながるので、SEO対策を行うことでオウンドメディアの存在感を高められるでしょう。
SEO対策が適切に行われていないと、どれだけ優秀な内容であっても検索から見てもらうことが難しくなります。
現在はSNSなどからの流入も考えられますが、常に安定した集客を実現するためにも、SEO対策を実施してオウンドメディア全体の質を高めていきましょう。

SEO対策の具体例

SEO対策を行う場合、以下のような内容が具体例として考えられます。
見出しにキーワードを入れる、ディスクリプションを設定するといった最低限のSEO対策だけでなく、下記のような手段も実行していきましょう。

サイトを構築・作成する際に意識したいSEO対策

サイトの構築や立ち上げ段階では、以下のようなSEO対策が必要とされます。

・クローラー(検索エンジンの情報収集ロボット)に向けての構成を進める
・URLをわかりやすくし、キーワードを適切に盛り込む
・読者を第一に考えたユーザーファーストを意識する

特に重要視したいのがユーザーファーストの意識で、読者が簡単に離脱しないサイト作りがSEO対策において必須となります。
どのような目標を持ってオウンドメディアの運用に取り組む場合にも、ユーザーファーストの重要性は共通したものになるでしょう。
ユーザーがどのようなキーワードで検索するのか、数クリックでサイトを見て回れるかなど、ユーザーの立場に立ってメディアの中身をチェックしてみてください。

サイトの運用時に意識したいSEO対策

オウンドメディアの基本ができあがり、運用段階に入った場合には、SEO対策も以下のような形に移行しましょう。

・コンテンツのさらなる充実を優先する
・記事のリライトを行って品質の改善を行う
・利用者の声を参考にサイトの改善を進める

ニーズに合わせて記事を追加したり、関連キーワードの見直しを行ったりといった調整がメインになります。
実際にSEO対策の成果が出ているのかも、運用時には定期的にチェックしましょう。
場合によっては根本的なペルソナ設定の見直しや、サイト構造の改善なども必要になる可能性もあります。

関連記事

自社で管理するオウンドメディアの運用時には、検索エンジンを意識した適切なSEO対策が欠かせません。こちらでオウンドメディアの基本とSEO対策について確認し、スムーズに利益を追求できるように備えましょう。 オウンドメディアについて詳しくは[…]

オウンドメディアの有効利用のためにマネタイズもおすすめ!

オウンドメディアは非常に魅力的なコンテンツですが、さらなる有効活用を目指す場合には「マネタイズ」がおすすめされます
オウンドメディアをマネタイズ化することができれば、サイトをひとつの有力な収益源に変えられるでしょう。

マネタイズとは?

マネタイズとは、「無料で提供するコンテンツの収益化」を意味する言葉です。
通常は無料で閲覧できるオウンドメディアにマネタイズの仕組みを追加することで、継続的な収入を獲得できます。
たとえば広告を掲載することによる収益化、自社商品やサービスの直接販売による売上向上、イベント・セミナーの実施などが、オウンドメディアにおけるマネタイズになります。
サイトの集客力が十分な場合には広告収入を、自社のブランド力に自信がある場合には商品やサービスの販売などを導入して、マネタイズを進めてみましょう。

マネタイズを実施するときのコツ

マネタイズを実施する際には、見込み顧客を購入してくれる顧客に育成することがコツになります。
自社コンテンツに興味を持ってくれるユーザーが買いやすい環境を整えることで、安定したマネタイズが実現するでしょう。
たとえば簡単に利用できる問い合わせフォームの作成やメルマガ配信などを行って、お互いにアプローチしやすい形を作成します。
見込み顧客が一歩を踏み出しやすいオウンドメディアを作ることが、マネタイズにおけるポイントになるでしょう。

関連記事

自社で所有するオウンドメディアを活かすのなら、マネタイズによる収益化を進めることがおすすめされます。こちらでオウンドメディアマネタイズの基本となる収益パターンと、運営に必要な手順やコツを確認してみてください。 オウンドメディアについて詳[…]

オウンドメディアを含むトリプルメディアにも注目

オウンドメディアは、「アーンドメディア」と「ペイドメディア」と合わせてトリプルメディアと呼ばれることがあります。
アーンドメディアとペイドメディアもまた、自社コンテンツをアピールする際に使われる手段として有名です。
オウンドメディアとの違いを確認して、それぞれのメリットも把握しておきましょう。

アーンドメディア

アーンドメディアとは、SNSなどの独自プラットフォームで運用されるメディアを指します。
消費者であるユーザーが主体のメディアになるため、企業としての信頼や評価の獲得(earned)につながりやすいのが特徴。
知名度や浸透力の向上を狙う際には、併用が進められるメディアになります。
オウンドメディアとは違って情報の拡散力に優れるのでコンテンツが爆発的に広まりやすく、些細なきっかけで注目を集められるのがメリットです。
よりリアルな声を得られる情報源にもなるので、アーンドメディアを軸に事業拡大や改善を推進することも考えられるでしょう。

ペイドメディア

広告費などを支払って自社コンテンツを掲載してもらうメディアを、ペイドメディアと呼びます。
テレビや新聞などもペイドメディアに含まれるため、多方面への影響力を持つのが特徴です。
オウンドメディアとは違い不特定多数のユーザーが利用するので、意外な客層を開拓できる可能性もあります。
短期的に集客や売上をアップさせられるため、目標達成を急ぐ場合などにはペイドメディアの利用がおすすめです。

関連記事

自社コンテンツの運用において重要となるのが、「オウンドメディア」「アーンドメディア」「ペイドメディア」の3つのメディアです。メリットとデメリットでそれぞれの違いを把握し、自社コンテンツの運用時に役立つものを選択できるように備えましょう。 […]

オウンドメディアを使って自社コンテンツの発信方法を見直してみよう!

オウンドメディアはさまざまなコンテンツに応用できる、魅力的な媒体です。
その特徴とメリットを理解した上で運用に踏み切れば、自社コンテンツのさらなる発展を望むことができるでしょう。
オウンドメディアは自社コンテンツをアピールする基本媒体ですが、最初は運営・運用が難しく感じられることも多いです。
そのメリットを確実に活かすためにも、こちらで基本情報と考えられる戦略を確認し、オウンドメディアの構築準備を進めてみてください。

CATEGORY

オウンドメディア

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。