オウンドメディア

オウンドメディアのメリット・デメリットとは?自社の魅力をウェブサイトで伝えよう!

自社で運用する「オウンドメディア」の所有には、いくつかのメリットとデメリットが考えられます。
オウンドメディアをより深く知るためにも、こちらでメリットとデメリットの両面をチェックしていきましょう。

オウンドメディアについて詳しくはこちら

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、「Owned(所有する)」と「Media(媒体)」を合わせた言葉で、「自社企業で所有する独自メデイア」を意味します。
自社で直接運営・運用しているメディア媒体が当てはまり、ブログ、メルマガ、コーポレートサイトなどその形式はさまざま。

広義の意味ではSNSや紙媒体も含まれるため、とても柔軟なメディアスタイルだといえます。
その多様性からインターネットメディアが普及している現代での使い道が多く、企業にとっては自社商品やサービスを伝える有力な宣伝手段となるのです。

オウンドメディアを使った自社コンテンツの情報発信によって、新規顧客の獲得や既存ユーザーへのアピールなどに期待でき、 「より顧客との結びつきを強めたい」「新しい角度からの集客を行いたい」ときなどにはオウンドメディアの確立がおすすめです。

オウンドメディアが多くの企業に注目されている理由

オウンドメディアは現代のあらゆる事業において、欠かせない準備として注目されています。
では、なぜ多くの企業にとって、オウンドメディアが注目の対象となっているのでしょうか?

SEOの変化によってコンテンツの充実度が重要な時代になった

インターネットの検索エンジンに最適化する「SEO」が近年変化し、コンテンツの充実度が上位検索に欠かせなくなったことが理由の1つです。
オウンドメディアのように内容を充実させやすい媒体は、SEOにマッチしたウェブサイトを作るのに最適となります。
自社コンテンツを検索エンジンで上位表示させることが目標の場合、オウンドメディアが選ばれるケースが増えるでしょう。

過去のSEOは、外部からのサイトのリンク数を増やすことで上位検索が行えました。
しかし、2011年以降の変化によってコンテンツとして質が高いと判断されたものが、基本的に検索で上位に表示されるようになったのです。
この変化にともなって、企業は充実した自社メディアを構築する「コンテンツマーケティング」に着手するようになりました。
そしてコンテンツマーケティングのなかでも特に簡易的かつ効果が見込める手段として、オウンドメディアが注目されるようになったのです。
検索エンジンからの顧客流入は事業チャンスにつながるため、インターネットを主体とした広告手段のひとつとしてオウンドメディアの存在は今後も重要視されるでしょう。

SNSとつながる手段として

オウンドメディアは、企業がSNSとつながる手段としても注目されています。
良質のコンテンツはSNSのシステムによってシェアされたり、口コミの対象になったりするので、オウンドメディアをきっかけにして高い宣伝効果を得られるのです。
一人が一台のスマホを持ち、それぞれがSNSのアカウントを持つ現代では、インターネットを軸にコンテンツが消費されるのが当たり前になっています。
SNSとつながることによる宣伝効果に期待できる点もまた、オウンドメディアの魅力になるでしょう。

オウンドメディアのメリット

オウンドメディアを実施することで、以下のようなメリットを受けることができます。
まずはメリットを確認し、オウンドメディアを活用する理由を見つけてみましょう。

広告費を抑えることが可能

広告費や宣伝費を抑えつつ自社コンテンツをアピールできる点が、オウンドメディアのメリットです。
基本的にオウンドメディアは自社が直接コントロールする媒体なので、外部の企業に宣伝をしてもらう必要がありません。
広告にかかる費用がコンテンツの運営を圧迫している場合には、メインをオウンドメディアに切り替えることも検討されるでしょう。
広告費にかけていた分をオウンドメディアの品質改善や新サービスの展開に利用できれば、自社コンテンツをさらなる成長に導くことも可能です。

広告費を支払って他メディアに掲載してもらっている状態では、広告依頼を止めた時点でそこから得ていた売上や集客効果を失うことになります。
しかし、オウンドメディアであれば一度公開した記事やコンテンツは、ずっと自社のものとして利用可能です。
そのため検索エンジンからの継続したユーザーの流入や、SNSでの注目アップに長期的に期待できます。
場合によっては積み重ねた実績を元に、さらなる売上アップや新規顧客の獲得の他、マネタイズ(無料コンテンツの収益化)にもつなげられるでしょう。
広告費を抑えつつ企業の資産をウェブ上に構築できることは、オウンドメディアならではのメリットになります。

自社コンテンツのブランディングを促す

オウンドメディアを構築することによって、自社コンテンツの知名度を高めて新しい企業ブランドを立ち上げることができます。
まだ事業を始めたばかりの企業や、企業ブランドの浸透度が十分でないと感じられる企業にとっては、ブランディングを進められるオウンドメディアのメリットが大きくなるでしょう。

たとえばオウンドメディアで専門性の高いコンテンツやユーザーに有益となる記事を発信していくことで、自社メディアが役立つ存在であると認識してもらえます。
それは信用と期待を高めることになり、他にはない独自のブランドをユーザーに提供することにつながるのです。
「〇〇といえばあの企業」「〇〇がほしいときにはこのサービス」といった認識のきっかけになるオウンドメディアは、多くの企業にメリットを与えるでしょう。
自社ブランドを成長させることを目指す際には、オウンドメディアの構築が検討されます。

顧客ロイヤリティの向上

顧客ロイヤリティ(商品やサービスに対する愛着・信頼)を高められることも、オウンドメディアのメリットです。
オウンドメディアで有益な情報やお得なサービスを提供し続けることで、ユーザーを会社のファンにすることができます。
それは継続したサービスの利用や会員登録といったより深い関係への進歩へとつながり、ユーザーと企業との距離を縮めることになるでしょう。

顧客ロイヤリティの高いユーザーは、別のユーザーに企業の商品やサービスをおすすめしてくれることも。
顧客同士のコミュニケーションによる集客にも期待できるため、ロイヤリティの向上が自社コンテンツのさらなる普及につながります。
顧客とのエンゲージメント(信頼関係)を築くことは、結果的に広い範囲で自社コンテンツをアピールすることになるでしょう。

オウンドメディアのデメリット

多くのメリットがある一方で、オウンドメディアの運用時にはいくつかのデメリットが感じられることもあります。
次は、オウンドメディアのデメリットを把握しておきましょう。

効果を実感するには時間が必要

オウンドメディアは構築して運用を開始してから、実際に効果が出るまで時間がかかります。
そのためしばらくの間は、地道にコンテンツを充実させていく準備期間が必要になるのがデメリットです。
効果が出ない期間も継続して運用しなければならないため、基本的には長期計画を意識しましょう。
オウンドメディアの運用時は、SNSを利用するアーンドメディアや広告による宣伝を活用したペイドメディアを併用することもポイント。
準備中の時間を無駄なく活用できるように備えることが、オウンドメディアのデメリットを軽くします。

プロのノウハウが求められる

適切にオウンドメディアの効果を得るためには、プロのノウハウが必要になるケースも多いです。
いきなり自社だけでオウンドメディアを運営することが難しい点は、ひとつのデメリットになるでしょう。
SEO対策や特定のターゲットに向けたコンテンツの作成などは、プロの意見や方法に従うことで効果が得やすくなります。
必要に応じて外部のプロを招集し、ノウハウを提供してもらいましょう。
自社内で一度ノウハウを確立できれば、その後も継続してオウンドメディアを有効活用できます。
将来的には外部の技術を吸収して、独自の運用を進めることも可能です。

オウンドメディアのメリット・デメリットを把握して運用を始めよう!

オウンドメディアは企業の魅力を発信するための、有効な宣伝手段のひとつとなっています。
そのメリットは多くの事業にとって、新しい境地を開拓するきっかけになるでしょう。
この機会にデメリットも把握した上で、自社コンテンツをオウンドメディアでアピールする計画を立ててみることがおすすめです。
オウンドメディアは今でも、企業のコンテンツを支えるシステムとして注目されています。
ぜひ一度自社で所有するメディアの作成を、本格的に検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。