オウンドメディア

オウンドメディアの作り方を解説!目的決めからサイト構築までの流れとは

企業ブランドの確立や広告費の削減などのメリットがあるオウンドメディアは、作り方やその目的を理解することで一から立ち上げることができます。
こちらで具体的な作り方の手順とコツを確認し、効果的なオウンドメディアを構築する準備を進めてみましょう。

オウンドメディアについて詳しくはこちら

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、自社が直接所有するメディアのことを意味します。
広義の意味ではホームページ、ブログ、SNS、チラシなどの紙媒体といったあらゆるものを含み、企業の情報発信をサポートするメディアを指すのが一般的です。
日本では主にブログなどのウェブメディアを対象とした言葉になり、ネット上における企業の「顔」となる役割を担います。

オウンドメディアの目的は?

オウンドメディアの運用は、「潜在顧客や見込み顧客へのアピール」や「企業ブランディングの実施」といった目的のために行われます。
自社製品やサービスをまだ知らない潜在顧客や、興味を持ってくれそうな見込み顧客に対して、ウェブマガジンやチラシなどを用いてアピールできることがオウンドメディアの特徴です。
既に自社コンテンツを認知してくれているユーザーに対しても、オウンドメディアでより良いサービス・情報の提供を行い、特別なファンになってもらうことができます。
ブランディングや新規顧客の獲得が事業の目的となる場合には、オウンドメディアの構築がおすすめされるでしょう。

企業がオウンドメディアに取り組むメリット

上記のような目的を通して、ブランドの確立や利益の上昇につなげられることこそ、企業がオウンドメディアに取り組むメリットになります。
オウンドメディアをきっかけにネット上の地盤を固めることができれば、検索エンジンからの流入やSNSでの知名度をアップさせることが可能です。
将来的には企業の存在感をさらに高め、より多くのユーザーに認知されることにつながります。
認知度の向上によって事業拡大や利益追求といった目標達成を近づけることが、現代のオウンドメディアのメリットです。

オウンドメディアの作り方、手順

オウンドメディアの立ち上げを計画するのなら、以下の手順を参考にしてみてください。
適切かつ戦略的に計画を進めるための手順になるので、オウンドメディアの初心者でも実行可能です。
オウンドメディアの効果をきちんと得るためにも、まずは基本となる以下の流れを把握しておきましょう。

①オウンドメディアで目指すべき目的を決める

第一段階として、オウンドメディアによって達成すべき目的を決めます。
目的が決まれば必要な人員やコストが見えてくるので、具体的な計画に移すことができるでしょう。

多くの場合、オウンドメディア立ち上げの際には、

「企業ブランディングを進める」
「新規顧客の獲得」
「実際の購入数を増やす」
「世間での認知度を高める」

といった目的が挙げられます。

目的はオウンドメディアの方向性を決める重要なポイントです。
目的ごとにどのような効果やメリットがあるのかを、きちんと把握した上で話を進めましょう。

企業ブランディングを進める

企業の商品やサービスをブランド化して顧客を定着させることは、売上アップや安定した収益の確保につながります。
顧客ロイヤリティの向上が課題となっているのなら、企業ブランディングの推進を目的としたオウンドメディアの運用がおすすめです。
他社に強力なライバルがいる場合などには、検索での上位表示も狙えるオウンドメディアの確立が現状打破のきっかけになるでしょう。

新規顧客の獲得

新規顧客の獲得も、オウンドメディアを運用する際の目的になります。
潜在顧客や見込み顧客の獲得を目指して、オウンドメディアを展開することも検討されるでしょう。
オウンドメディアを使った顧客が求める情報の発信やお得なサービスの提供は、まだ自社コンテンツを使っていない層へのアピールにつながります。
新規リードから客層の拡大を目指せるので、オウンドメディアを変化のきっかけにすることもおすすめです。

実際の購入数を増やす

商品の購入数やサービスの契約数を増やすことが目的の場合にも、オウンドメディアが役立ちます。
オウンドメディアで自社コンテンツを含めたキュレーション記事の作成などを通せば、商品やサービスを紹介する機会を増やすことが可能です。
新規顧客の獲得と同時に、実際の購入数の増加も目的にすることは検討されるでしょう。

世間での認知度を高める

世間における自社コンテンツの認知度を高めることを目的に、オウンドメディアを作り上げるケースも多いです。
検索エンジンで自社商品が上位表示されるようになれば、自然と認知度を高めることができます。
さらにSNSなどで話題になれれば、「〇〇といえばあの会社」とイメージを定着させることもできるでしょう。
認知度は顧客エンゲージメントの上昇にもつながるため、継続した利用者の獲得に結びつくというメリットがあります。

②具体的な戦略を立てる

目的を決めたあとは、オウンドメディアを運営するための具体的な戦略立てに進みます。
主なポイントは「検索からの流入を目指す」か「SNSを経由してユーザーを集める」かといった、集客方法の決定です。
チャネルを厳選して集中的にアクセスを伸ばすように動くことが、新規のオウンドメディアでは重要となります。
ターゲットとなるユーザーの性質や自社コンテンツの最終的な目的を加味して、適切な集客方法の選択を目指しましょう。

検索からの流入を目指す場合

検索エンジンからの流入を戦略に組み込む場合、SEO対策が重要となります。
オウンドメディア内のコンテンツを検索エンジンに最適化させて、常に上位検索されるように整えることがポイントです。
SEO対策されている内容を増やすことができれば、過去に作成したページも上位表示されるため、新規顧客獲得のきっかけになります。
長期的に見て会社の資産となるコンテンツページを増やせる点が、こちらの戦略を採用する際のメリットになるでしょう。

SNSを経由してユーザーを集める場合

トレンドを意識した瞬発力を重視するのなら、SNSを経由してユーザーを集める戦略がおすすめです。
そのとき世間で話題になっているものと自社コンテンツを上手に合わせられれば、多くのユーザーの注目を集められるでしょう。
シェアやフォローを集めることができれば、その後も自社のオウンドメディアへの集客を進められます。
顧客ロイヤリティを高めることにもつながるので、SNSをきっかけにして自社コンテンツのファンを増やすことにも期待できますが、一方で、定期的に話題となる情報を提供できなければ、存在感が薄れてしまう恐れもあります。
SNSの特性を活かしてリサーチと情報発信を行うことが、オウンドメディアを盛り上げるコツです。

③自社運用すべきか?外注すべきか?

オウンドメディアは自社が所有するメディアとなりますが、実際の運用は外注に任せることもできます。
最後に自社運用すべきか外注すべきかを考えることも、オウンドメディアの作る際のポイントです。

自社運用する場合

オウンドメディアを自社運用する場合、低コストかつ自由にコンテンツを作成できます。
自社のペースに合わせやすいため、計画通りにオウンドメディアの成長を進められます。

一方で、オウンドメディアに対する見識やノウハウがないと、高品質を維持するのは難しいと言えます。
より良いコンテンツを求める場合には、オウンドメディアに関する本格的な知識や経験を持った人材が必要になるでしょう。

外注する場合

オウンドメディアの運営を外注する場合、専門家の意見やアドバイスを取り入れることができます。
目的にあったコンテンツや手段を採用することができるため、企業としてオウンドメディアの初心者である場合にはまず外注するのも手です。

しかし、外注することでオウンドメディア運用のコストは大きくなります。
長期的な運用が前提となる場合が多いので、あらかじめコストは計算しておきましょう。

オウンドメディアの作り方を理解することが立ち上げの第一歩!

オウンドメディアは、その目的や構築について理解し、立ち上げに必要な準備をしておくことが大切です。
これから自社コンテンツを成長させたいなら、上記の流れを参考に具体的な戦略を立ててみてください。
オウンドメディアは多くの企業が導入しているマーケティング手法ですが、成功させるには基礎知識と構築のコツを知る必要があります。
よりオウンドメディアのメリットを得られるように、この機会に作り方をチェックしておきましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。