オウンドメディア

オウンドメディアのSEOとは?サイト構築における対策を紹介!

自社で管理するオウンドメディアの運用時には、検索エンジンを意識した適切なSEO対策が欠かせません。
こちらでオウンドメディアの基本とSEO対策について確認し、スムーズに利益を追求できるように備えましょう。

オウンドメディアについて詳しくはこちら

オウンドメディアとは?基本情報おさらい

SEOとの関係性を把握するためにも、まずはオウンドメディアについての基本を確認していきます。
多くの企業にとってオウンドメディアは、自社コンテンツの発展を促すきっかけになる媒体です。
パソコンやスマホを個人で所有するのが当たり前の現代だからこそ、有力なアプローチが行えるオウンドメディアへの理解を深めましょう。

オウンドメディアの定義

オウンドメディアという言葉を分解すると、「Owned(所有する)」+「Media(媒体)」となります。
つまりは外部の機関を通さずに、企業が直接的に取り扱う媒体がオウンドメディアになるのです。
主にホームページやブログなどのWeb媒体、配布するチラシやパンフレットなどの紙媒体、広義の意味ではSNSなどのソーシャルメディアもオウンドメディアの一部になります。
マーケティング時に「検索エンジンからの顧客獲得」や「インターネット上での認知度の向上」などが目的とされるのなら、オウンドメディアの利用がおすすめです。

オウンドメディアのメリットは?

オウンドメディアを活用することで、企業は以下のようなメリットを得られます。
すでにその他の媒体をメインに自社コンテンツのアピールを行っている場合でも、下記メリットに魅力を感じるのならオウンドメディアの利用が検討されるでしょう。

広告費の削減

オウンドメディアは自社で直接運用するため、宣伝にかける広告費を削減することができます。
必ずしも広告費をかける=成果が上がるというわけではありません。
現在支払っている広告費の分のリターンが得られていないと感じるのなら、オウンドメディアの導入でコストの削減がおすすめされます。
なるべくコストを抑えてメディア展開したいときには、社内だけで作業を完結できるオウンドメディアのメリットが魅力となるでしょう。

ブランディングで個人との結びつきを強められる

顧客から見た企業価値を高めるブランディングが進められる点も、オウンドメディアのメリットになります。
自社コンテンツのブランドを確立させたいときや、既存のブランド価値を強めたい場合などにも、オウンドメディアが役立つでしょう。
直接個人へのアプローチも行えるので、自社のファンとなるような深い関係を構築可能です。
自社メディアを起点に継続的な関係性を作り上げられることは、オウンドメディアを採用する理由になります。

オウンドメディアは簡単に始められる

オウンドメディアは比較的簡単に立ち上げられるため、メディア運営の初心者であっても始めやすい点が魅力です。
サイトを構築して必要なコンテンツを充実させていけば、オウンドメディアはネット上における自社の顔になり得るでしょう。
しかし、自社であらかじめオウンドメディアの運営に役立つ知識や技術を把握しておかなければ、スムーズな立ち上げとその後の運用が難しくなります。
特にSEOに関する内容は、オウンドメディアを活かすには欠かせないものになるでしょう。
簡単に始められるからこそ、事前にSEOへの対策をしっかりと練っておくことがおすすめされます。

オウンドメディアの運用時にはSEO対策を意識しよう

オウンドメディアを運営する際に必要なSEO対策を知るためには、まずSEOの基本を知るのが大切です。
SEOについての理解を深めて、具体的な対策に進んでいきましょう。

SEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」を略した言葉で、検索エンジンに対しての「最適化」を意味します。
SEO対策ができていると、インターネットで検索をした際に上位に表示されるようになります。
上位表示されればその情報を求めているユーザーに選ばれやすくなり、自社コンテンツへの流入を増やすことにつながるのです。
逆にSEO対策が中途半端だと、どれだけ時間をかけても検索エンジンにサイトが拾われず、表示される順位が低下したままになるでしょう。
自社サイトの認知度を高めるためには、SEO対策を行って検索エンジンに認めてもらうことが必要になるのです。

なぜオウンドメディアにはSEO対策が必要なのか

オウンドメディアは検索エンジンからの流入をメインに集客するケースが多いため、SEO対策が重要な施策になり得ます。
顧客が悩みを持つ→それを解決するための手段を検索する→自社のオウンドメディアを発見するという流れを確立するためには、可能な限り上位に表示されることが求められます。
誰かに見てもらって初めてオウンドメディアには意味が生まれるので、顧客とのマッチング率を高めるためにもSEO対策への意識が欠かせないものになるでしょう。

オウンドメディアにおける具体的なSEO対策について

オウンドメディアのSEO対策を考える際には、以下のような具体策が提案されます。
サイト構築時とサイト運用時の2つに分けてチェックし、それぞれのタイミングで必要となる対策を把握しておきましょう。

サイト構築時のSEO対策

サイトを構築する段階では、クローラビリティ、URL構造、ユーザーファーストを意識した経営方針などがSEO対策のポイントになります。

クローラビリティを意識した構築を進める

検索エンジンの情報収集ロボットである「クローラー」に対して適切な対策を取ることを、クローラビリティと呼びます。
このクローラビリティを意識することで検索エンジンに発見されやすくなり、上位表示の可能性が高まるのです。
たとえばXMLサイトマップのアップロード、ディレクトリ構造の改善などが具体的な対策に挙げられます。
サイトの構築段階でクローラーが見やすい形に全体像を整えられれば、新規作成したページもSEO対策しやすくなるでしょう。

URLを分かりやすく設定する

URLをわかりやすくかつ関連キーワードに合わせて設定することも、重要なSEO対策になります。
オウンドメディアの内容を示すようなURLにすることで、結果的にSEOに最適な環境を作れるのです。
ページのURLはなるべく短めに設定することと、重要なキーワードを適切にピックアップすることを意識しましょう。

ユーザーファーストを心がける

ユーザーファーストを意識して閲覧しやすいサイト作りを心がけることも、オウンドメディアの構築段階に必要なSEO対策です。
たとえばスマホで閲覧することを考慮したサイトデザインの採用、ユーザーが検索する可能性の高いキーワードの選定、数クリックでサイト内を見て回れるようにリンク階層を浅くするといった対策が考えられます。
どれだけ凝ったオウンドメディアであっても、ユーザーが使いづらいと感じるなら本末転倒です。
閲覧してくれるユーザーを第一に考えることが、SEO対策につながります。

サイト運用時のSEO対策

オウンドメディアの立ち上げが完了し、実際に運用する段階に入ると、また違ったSEO対策が必要となります。

コンテンツを充実させるために新しい要素を追加していく

オウンドメディアに新しい要素をプラスしてコンテンツのさらなる充実を図ることも、SEO対策につながる重要な作業です。
継続して良質なコンテンツを増やすことができれば、それだけユーザーを引き込むための窓口を設置できます。
オウンドメディア内の複数のページが評価されれば、結果的にサイト全体の価値が高まるでしょう。
運用段階では足りない要素や伸ばしていきたいサイトの長所を確認して、継続的にコンテンツを追加していくことがポイントです。

リライトして質を高める

検索上位に入っていないページをリライトすることも、SEO対策につながります。
結果の出せていないページは積極的にキーワードの見直しなどを行って、品質の改善を進めましょう。
リライトの対象となるページを見逃さないように、定期的なサイトの確認が大切です。

SEO対策が上手くいかない理由は?

SEO対策を行っているのに、結果が出ないというケースは決して珍しくありません。
そんなときは以下から理由を確認して、SEO対策の根本的な方法を見直してみましょう。

ペルソナの設定を見直す

架空のユーザーとして設定したペルソナが間違っていると、オウンドメディアの正しいSEO対策が進められなくなります。
ペルソナの認識がズレると、SEO対策のために準備したキーワードなども機能しなくなる可能性があります。
SEO対策が上手くいかないときには自社商品やサービスに関係する人のデータを再度確認して、ペルソナ設定を改善することを検討してみましょう。

サイト構造が整理できていない

ただ闇雲にコンテンツを追加していくだけでは、サイト全体の構造があやふやになって閲覧しにくくなってしまいます。
整理できていないサイトはユーザーの早期離脱の原因になるので、SEO対策の成果が実感しづらくなるでしょう。
オウンドメディアのSEO対策ではサイト全体の構造を常に意識して、ビックキーワードやロングテールキーワードを適宜選択し、誰でも見やすい形に整えるのが肝心です。

運用代行に依頼することも検討しよう

オウンドメディアを初めて運用する場合、運用代行業者にサポートを依頼するのもひとつの手です。
プロの視点から自社メディアをチェックしてもらうことができれば、より正確なSEO対策を行えます。
オウンドメディアの運用が不慣れであるのなら、専門のノウハウを活用できる運用代行の利用も検討されるでしょう。

オウンドメディアの運用にはSEO対策が必須!

オウンドメディアのメリットを活かす際には、SEO対策が重要な役割を担います。
検索エンジンへの最適化を進めて、多くのユーザーを顧客に変えるチャンスを増やすようにしましょう。
SEO対策はオウンドメディアの基本であり、常に意識しておきたい重要なポイントです。
この機会にオウンドメディアとSEOの関係性を学んで、自社メディアの認知度を高めていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。