BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

【BITDAYS突撃インタビュー】仮想通貨投資サービス「マネコ」の株式会社Gaiaに潜入!

2018年7月5日(木)に事前登録を開始した、仮想通貨特化型フォロートレードサービス「マネコ」。これまで初心者にはハードルが高かった仮想通貨投資に新たな選択肢を提供するものとして注目されています。仮想通貨や投資について学ぶ必要もなく、フォローするだけで誰でも簡単に優秀なトレーダーと全く同じ取引ができるという画期的なサービスです。

今回はBITDAYS編集長の三矢が運営元の株式会社Gaiaに突撃インタビューを実施。CEOの窪田昌弘氏にマネコの仕組みやメリット、サービス誕生のきっかけ、今後の展望についてお話を伺いました。

優秀なトレーダーをフォローするだけ!?「マネコ」とは

(写真)株式会社Gaia CEO:窪田昌弘氏

今回は仮想通貨投資サービス「マネコ」を運営する株式会社GaiaのCEO、窪田昌弘さんにお話を伺います。 よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

まずはじめに、「マネコ」とはどんなサービスか簡単に説明していただけますか?

マネコは、仮想通貨の差金決済取引で実際に優秀な成績を収めているトレーダーさんと同じ注文を24時間自動で行うサービスです。

どのような仕組みになっているのでしょうか?

利益を出しているトレーダーさんをフォローするだけで、そのトレーダーさんと全く同じ注文を全自動で行います。フォロワーは仮想通貨の銘柄を選ぶ必要もなく、1万円から仮想通貨投資を開始することが可能です。

画期的ですね!日本では初の試みだと聞きました。

はい、そうです。
海外でいうとイスラエルの企業が競合なんですが、1人のトレーダーに対するフォロワー制限がないために、板の関係で注文が通らないことがあります。しかし、弊社のマネコは板の状況などを見て、ここまでのフォロワーさん、ここまでの入金額だったら注文が通るなというところで運用しているので、そういった部分で大きな差があると思います。

任せているのに注文が通らないでは困りますよね。
AI学習という部分も搭載されているとか?

例えば、ユーザーが持っている資産やフォローしているトレーダーの傾向に応じてこういうトレーダーがいるけどどうですか、というレコメンデーションをします。個人情報自体は必要なく、行動情報さえ取れればユーザーに最適なレコメンデーションができるようになっています。

トレーダーさんの取引履歴をトレースしていると思うんですが、それってどれぐらいの時間差があるんですか?

ほぼリアルタイムですね。サーバーの状況にもよりますが、基本的に弊社が注文を取るかというテストをしているので、安定しているサーバーしか対応していないです。

利益確定もトレースしてくれるんですか?

そうです。取引だけでなく利益確定もトレースしています。
フォローしていたトレーダーさんがトレードを辞めるとなった時点でユーザー自身もポジション管理できるようになっています。

なるべくユーザーさんが何も考えなくていいようになっているんですね。

やっぱり仮想通貨に流入されているユーザーの4分の1は投資自体が初めてという方なので、そういった方に対応できるように作ってあります。

どんな人に向いていると言えますか?

マネコは汎用的にいろんなトレーダーさんに対応しています。
他社のフォロートレード系サービスとの違いは、ユーザーさんとのコミュニケーションをとる必要がないという点です。日本のFX業界にも似たようなサービスがありますが、そこでは結構コミュニケーションが必要になってきます。トレーダーさんも日々思い通りにトレードができるわけではなく、そういったところで炎上してしまったり、いろんな質問がきてそれらに対応しなくてはならなかったり。自分のトレードを常に見られているというプレッシャーみたいなものがあると思うんですけど、そういった部分は不要だとすべてカットしています。

ツイッターで人気のトレーダーさんががマネコに来た場合、匿名になっているということですか?

そうですね。基本的にユーザーネームというかハンドルネームを用いて利用していただきます。もちろんツイッターと同じ名前にすることもできるので、ツイッターで有名な方ならそのフォロワーさんをお誘いいただくのもいいと思います。

あえて名前を変えて、マネコの中で信用を築いていくこともできますね。

おっしゃる通りです。

サロンや投資信託との違いは?

サロンでも「今買いだよ」みたいなことを言っているトレーダーさんがいたりしますよね。
サロンと似ているような気がしますが、その違いはどうなんでしょうか?

サロンとはそもそもの再現性がかなり違います。サロンの場合、手動でやらなければなりませんし、すごいお金取ってる人もいますよね。また、別のアカウントを作っておいて、行った注文に対して「逆張り」で入れるようなやり方もがありますが、マネコではそもそも個人認証があるので1人1アカウントのみとなっています。

自分の信頼がなくなるということですね。

そうなると自分がもらえる報酬額も必然的に減るので、「自分の利益にならないことはあまりやらない」という仕組みになっています。

なるほど。信頼の元に成形されているんですね。

あとは、過去の取引情報というのはすべてブロックチェーン上から引っ張ってくるので、これまでマネコを使われたことがないトレーダーさんが登録しても、そのトレーダーさんが優秀かどうかはすぐ分かるようになっています。

その場合は取引所の履歴から取ってきているんですか?

そうですね。

フォロワーさんにはどの範囲まで見られちゃうものなんですか?
自分で選択した部分だけ公開するとかできるんですか?

今のところ取引はすべて見えるようにしていますが、これから調整していく予定です。

トレーダーさんのメリットとは何でしょうか?

トレーダーさんのメリットとしては、ちゃんと正直にやっていく中で勝っていけば、おのずとフォロワーは増えていき、報酬も増えていきますよということ。トレーダーさんは本当に初期登録以外は何もする必要がありません。いちいちマネコを開く必要もないですし、今までご自身が取引所で行っていたようにそのまま取引していただくことが可能です。それに、ユーザーさんと同じく1万円程度から開始することができるので気軽に始められます。

では、ユーザーさんのメリットは何でしょうか?

フォロワーさんのメリットとしては、やはり一番に自分は何もしなくても優秀なトレーダーさんと同じ注文をできるのが楽ということですね。さらに、この1位の人にいくら分トレースしてください、2位の人にいくら分トレースしてください、という分散投資が可能です。その分リスク回避ができますし、「利率ってそもそもどういう定義なの?」みたいな説明もすべてついています。

投資信託との違いは?

投資信託の場合、実際にはどこの誰がどういう通貨でどう運用してるかって分からないじゃないですか。それだったら別に有名でも有名でなくても、ちゃんと利率を出している人にお任せした方がよっぽど健全だと思うんです。

たしかに。信頼性が高いですね。
料金体系についてはいかがでしょうか?

利用料については、トレーダーさんは全部無料です。フォロワーさんには成功報酬をいただきます。まだ仮ですがその成果報酬の約半分をトレーダーさんに還元するという感じです。

なるほど。トレーダーさんには成果に応じて報酬が出るんですね。

そうですね。
デモトレードでデータを見つつ調整していきますが、売買手数料についても各取引所の手数料よりは下げるつもりでいます。

株式トレードとは別に、仮想通貨に特化している理由は何でしょうか?

国内ではFX界にこのようなサービスがありますが、フィアット(法定通貨)で同じような仕組みをやると、うちでいうトレーダーさんには投資助言業のライセンスが必要となります。投資助言業のライセンスを持っていない方だと報酬を渡すという仕組みができないので、トレーダーさんにはメリットがなくなってしまうんです。そうなると優秀なトレーダーさんが一定数集まらないかと思いますが、その点、仮想通貨ならうまく回ります。

報酬といった面を仮想通貨はカバーできるというわけですね。
取引所との連携でいろいろ自分の情報を出さなきゃいけないというところに危険性はないですか?

弊社はお金を預かったり、口座開設したりというモデルではないので、お金が流出するリスクはありません。出金APIに関しても預かりません。

マネコでの活躍がトレーダーにとってのメリットになる!?

トレーダーになるための御社の審査ってあるんですか?

各取引所の中で行う個人確認とは別に、必須ではありませんが自主規制でトレーダーの確認はしています。ただ利益額だったり利率で切るというのはないです。そもそもそこを上げていないとフォローされないので、こちらから切るようなことは必要ないんです。

トレーダーさんは、トレードを続けていく中で「フォローしてほしい」とアピールする方法はありますか?

それに関しては利益額や利率のランキングがあります。
登録したばかりの方でも、優秀な成績を収められればランキング上位に入れます。

逆に、ここでしっかりフォロワーさんを増やして信頼を稼ぐのもアリですね!
マネコなら実際の成績が出てるわけだから、サロンでも「マネコで多くのフォロワーがいる」っていうのが活躍している証拠になりますよね。

(写真)利益額のランキング画面

事前登録は初日で1,000件!

実際の反響はいかがですか?

事前登録は初日で1,000件いただいています。自分でもちょっと驚いていますね。

ほったらかしで簡単にできる投資というのは、やっぱりニーズがあるんですね。
トレーダーさんの反応はどうですか?

結構面白いですね。今まで2ちゃんねるなどで一部のトレードをスクショで上げたりしている人がいましたが、実際のトレード利益を追えるサービスってなかったじゃないですか。なので、ツイッターで「こういうサービスに登録しようと思ってるから、できたら登録してください」と発信してくれるトレーダーさんもいらっしゃいます。

「マネコ」を始めたきっかけは?

マネコを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

そもそも仮想通貨関連の商品ってあまりにも選択肢が少ないなというのがありました。特に初心者向けの投資商品がないですよね。今だと取引所や販売所だったり、ICOとかマイニングとかあると思うんですが、それぞれに知識が必要じゃないですか。新しい通貨はどんど出てきますし、ホワイトペーパーとか読み始めるとテクニカルな観点も必要になってきて、そこに新たな投資方法を提供できたらいいなというところから始まりました。
個人的には、日本の眠れる資金を1円でも多く資産形成できればと思っています。眠ってるお金ほど無駄なものはないんで。

聞くところによると、ご自身も18歳の頃から為替を始めたとか。
元々資産運用とか興味があったんですか?

昔から全く自分の知見のない領域がすごく好きだったんです。金融商品や投資商品自体に結構関心があって、ほかにも株式などいろいろ触ってみたんですけども、その中で自分のメンタルコントロールの部分だったり、投資にかけられる時間の度合いだったりを考えたときに、為替が一番最適だと思って始めました。

へぇ~!
理論的なものがお好きなんですか?

新卒でサイバーエージェントという会社に入社したときは元々デザイナーだったんですよ。デザインやったことないのに間違えて入っちゃって(笑)
なので、デザインと理論のハイブリッドだと思いますね。今は趣味で各取引所のサーバーのレスポンスをまとめるスクリプトとか作ったりしてます。

そうなんですか?
最初はゲームを作られてたんですね!

いろいろ仮想通貨関連の事業が盛り上がっていく中で結構ソフトウェアの解析とか依頼されることがあって、いわゆるシステムトレードのレベルが仮想通貨はかなり低いことに気づいたんです。というのは、為替としてのアルゴリズムのレベルも低かったのもあり、これ改良したらいけるなというのがありました。

完全に創業者としてやられているという感じなんですね。
ちなみに構想自体はいつ頃からできていたんですか?

思いついたのが去年の12月ぐらいですね。実質的ににちゃんと入ったのは今年の1月です。

本当ですか!?半年でここまでとは驚きです!

中には現役の学生も。若い世代が牽引するマネコ

御社ではどんな方たちが働いているんですか?

なんか変わった人間が多いですよ(笑)リトアニアからセキュリティ系のスペシャリストがいたり、デザイナーなのにプログラミング歴10年以上あったり。
でもそういう人たちがUIを作った方がやっぱりいいんですよね。
弊社のCTOも優秀な人間で、学生の頃から楽天さんだったりNTTドコモさんのコンテスト優勝したり、サイバーエージェントさんで新人賞取っていたり。

すごいですね!敏腕の人たちが集まっているんですね。

そうですね。ゲーム開発の人間って広く汎用的な方々に対する開発なので、そういった部分ですごく有効的です。若い世代にも優秀な子が多くて、基本的に東大生ばっかり。まだ在学中の子もいます。

どうやって集めたんですか?

基本的に知り合いの知り合いとか、ゲーム仲間みたいなのとか。

在学中の子たちはどうやって通ってるんですか?
好きなときに来る感じですか?

好きなときに来たり、リモートだったりですね。基本的にうちはリモートワークで大丈夫なので、皆さん好きな感じで働かれています。

リモートワークってコミュニケーションの部分はどうですか?

職種にもよるかと思うんですが、うちはほぼエンジニアの会社なんで全く問題ないです。

マネコのこだわりとは

(写真)リリース予定のマネコのUI

マネコって本当に見た目がいいですよね!UIが素晴らしいと思うんですが、やはりこだわりはありますか?

トレースする人は全くの素人に近いですからね、UIにはかなりこだわっています。

フィンテック関連のサービスって、「知ってて当たり前でしょ」のノリでかっこ良さを追求してるところが多いですもんね。

ファーストビューでは最低限の情報があればよくて、実際に一番ユーザーさんが気にされるのは利率だと思うんです。

そこへさらにAI(人工知能)機能が搭載されているという。

AI(人工知能)が一番得意な領域なので、トレードのフォローから始まって、そのデータが集まれば、それを使っていくというフェーズに入ります。
また、マイクロサーバーを利用することによってサーバーのパフォーマンスが低くならないように設計してますね。

今ウェブ版でPC対応とスマホ対応の両方をやっていまして、次のリリースで iOS版と Android版が出ます。

スマホでトレースできるということですね!それはすごいな…

やっぱりパソコンを持たれている方って割と少ないじゃないですか。

御社のサービスだとそういう人が多そうですね。

本当に流入の9割以上がツイッターから来ていただいています。
これ仮データで入れてるんですけど、例えばフォローするっていうときに、おすすめ投資額が出るようになっています。こうやってすぐ調整もできますし、利益の中から再投資するような運用もボタン一つでできちゃうんですね。デモフォローするとなると、これでフォロー完了なのであとはもう寝て待つだけです。

マネコの今後は?

では最後の質問ですが、将来的にマネコはどういう立ち位置を目指しているのでしょうか?

サービスを始めたきっかけと重なりますが、日本の眠れる資金の運用を任せられるようになりたいですね。

マネコのシステムは、「この人だったら信用できる」っていうところにポイントを置いていますよね。ホワイトペーパーや技術を追うことで良いプロジェクトかどうか判断するのは難しいけど、人物を追うんだったらそれが可能なんじゃないかということですよね。

そこに関しては分かりやすくランキングで任せる人を選ぶことができるので、「どの銘柄がいい?」とか「ビットコインとは?」という言葉すら出ません。

本当に誰でもできそうですよね。

そうですね。私自身、周りから「こういうコインできたらしいけどどう?」みたいなお話いただくんですが、技術的な観点が大きいのでやっぱり難しいですよね。チャート見続けたりとか、勉強していくのって大変なので、仮想通貨でも投資信託みたいなモデルが確立できたらなと。

マネコの中からカリスマトレーダーみたいな人が出てくるかもしれませんね!

ツイッターのフォロワーが多いトレーダーさんとかが、フォロワーから「マネコ登録してよ」と言われる構図になったら面白いですよね。そうなったらツイートを見てるだけじゃなくて、実際に乗りたいじゃないですか。

ほんとそうですよね!
現在、マネコが対応している取引所はQUOINEX(コインエクスチェンジ)のみですが、今後増える予定はありますか?

対応予定はいくつかあります。各取引所さんとの連携を進めていて、海外も視野に入れています。

それは期待大ですね!応援しています。
本日はありがとうございました!

こちらこそありがとうございました。

仮想通貨界に新たな風が吹く

「マネコ」は事前登録の初日で1,000件以上の登録があり、多くの仮想通貨ユーザーから期待されているのが分かります。なかなか仮想通貨取引に一歩が踏み出せなかった方も、このサービスなら安心して始められるのではないでしょうか。ユーザーだけでなく、フォローされるトレーダーにもメリットが多いように感じます。シンプルなUIで見やすさと使いやすさを重視。猫のアイコンが可愛らしいという見た目に反し、裏側には強いこだわりがありました。優秀な若者が集まり、日本の資産運用を支えていこうという熱い姿勢を持つマネコから目が離せません。今後は対応する取引所も増える予定とのこと。続報が楽しみですね。
窪田さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

マネコの公式サイトはコチラ

取材:三矢晃平
文:Asuka

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Asuka

Asuka

BITDAYS編集部ディレクター兼ライター。 2017年10月より仮想通貨界に参入。毎日の情報収集は欠かしません。主に海外からのニュースを担当しています。 趣味は映画鑑賞。無類のネコ好きです。
PAGE TOP