• 更新:2020.11.05
  • 投稿:2020.06.10

食いしん坊のためのSNS「シンクロライフ」体験取材

今回は、食べるだけで暗号通貨(※1)が貯まるグルメSNS、「シンクロライフ」を使ってみました!

シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出すグルメSNSです。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、自分好みの飲食店に出会うことができちゃうんです。すでに21万件を超えるグルメレビューと10万件以上の飲食店が掲載されています。

最大の特徴は、SNSで投稿することで、暗号通貨がもらえること。さらに、シンクロコイン加盟店であれば、飲食代金からも暗号通貨が還元されます。報酬が世界基準の暗号通貨であることで、国境を超えて食を楽しむことができちゃいますね。

今回はこちら、六本木駅から徒歩3分の♯uni Seafood (ウニ シーフード)さんを訪れました。路地裏に佇むお店は、ガラス張りになっていて開放感があります。NYのカフェのようなシンプルな雰囲気は、海鮮系のお店では珍しいですよね。

さっそく中へ。

映えて美味しいお店はシンクロライフにぴったり

明るい店内には、新鮮なお魚が並んでいます。奥には水槽も。
ワインリスト代わりに並ぶ、ワインボトルをあしらった内装もおしゃれ。

ランチメニューは、生うにのクリームパスタ、理想のうに丼、#uni特製シーフードカレー、桜鯛と桜鱒のお花見丼、じゃこと筍のペペロンチーノの5種類から選べます。店長から「うにのパスタ」が1番人気とお聞きし、パスタをチョイスしました。ちなみに、「うにがたっぷりで映えますよ」の一言に乗せられて、大盛りにしてしまいました。SNS投稿は写真大事ですもんね(言い訳)。ダイエットは本日中断としましょうか。

うにのパスタとカレー、そしてうに丼は定番メニュー。その他は日替わりで楽しめるそうです。うに丼はなかなかお値が張りますが、給料日後のご褒美ランチに頼む人も多いのだとか。たまには豪華ランチもいいですよね。そしてなんと、お昼から生牡蠣も注文できます。

パスタが運ばれてきました。黄金色に輝くパスタ。これ絶対おいしいやつだ…。すでに確定。この時点で本日のランチの勝利を確信です。

投稿用の写真を撮影。店長の言う通り、映えてます!!
ちなみにランチには、前菜とスープも付きますよ。

さっそくいただきます。
見てください、このぷりぷりのうに。

おおおおお、おいしい!
うにの旨味が、クリーミーなソースと共に口の中にこんにちは。どーんと乗った存在感たっぷりのうにがほどけるたびに広がっていく。幸せ。
あー、完全に白ワインに合わせたい。さすがにお昼ですし断腸の思いで我慢したけど、絶対にワインに合います。うにのパスタにしてよかった…大盛りにしてマジよかった…。

おいしいの感動をシンクロライフに投稿して共有

感動がホヤホヤのうちに、シンクロライフに投稿したいと思います。
アプリを起動し、「投稿」を選択。まずは画像をチョイスします。お料理の写真はもちろんのこと、内装の写真もあるとよりお店の良さが伝わるのでお勧めです。お店選びは、味もさることながら雰囲気も大事ですよね。センスの良い内装やお店の広さ、席の間隔なども店選びのポイントになるので、そういった写真も載せるようにしています。

次にお店を選択。位置情報をONにしていると、シンクロライフに登録されている近隣の店舗一覧が表示されますので、店舗名「♯uni Seafood」を選択します。もしお店情報が見つからない場合も、自分で店舗を登録することができます。

そしてコメントを入力。SNSなので書く内容はもちろん自由です。味の感想や絶対頼むべきメニュー、お勧めの理由などを書いちゃいましょう。

最後は格付けです。私はこの店がとっても気に入りましたので、滅多に選ばないスペシャル格付け「S」をチョイスしました!

シンクロライフへの投稿、私は誰かに教えたい情報だけでなく、自分のおいしいお店リスト備忘録としても活用しています。

あとは、右上の投稿ボタンで投稿するだけ。フィードに投稿が流れると共に、シンクロライフの経験値がもらえます。経験値をためると、シンクロライフ内のレベルが上がります。(初段からスタートするのですが、私は今、「侍」です。)レベル上げ、地味に楽しいよ。

この経験値は、お店へのチェックインや、フェイスブック・Twitterと連携させることで、より多くもらえるので、連携のチェックボックスをオンにするほうがお得ですよ。各種SNSを使い慣れている人であれば、とても簡単な操作で投稿は完了します。

SNS投稿で、暗号通貨が貯まっていく

このSNS投稿をすることで、後日ウォレットに、暗号通貨シンクロコインに1:1で交換可能な「シンクロポイント」が付与されます。シンクロポイントの付与量は、投稿の内容や反響、シンクロライフの利用深度によって変動するそうです。なので、見た人が行きたくなるような素敵なお店を、素敵な写真で投稿するようにしています。他の人の投稿を見るのも、新しい発見だらけで楽しいです。

加盟店なら、お会計でも暗号通貨が貯まる

山盛りで食べきれないかもと思ったのも杞憂。うにのパスタ、あっという間に完食です。美味しい余韻に浸っています。食ってどうしてこんなに人を幸せにするんだろう。(あと美味しいものってだいたいカロリー高いのはマジなんで?)

「ごちそうさまでした〜」。

こちらのお店はシンクロライフ加盟店なので、お会計時に購入金額の1%のシンクロポイントが貯まります。店員さんに「シンクロライフで来ました」と声掛けすると、QRコードが提示されます。
シンクロライフのウォレットの中にある「加盟店で貯める」でQRコードをスキャンし、お支払い金額を入力するだけ。QRコード決済と同じような動作でとっても簡単でした。

気になるシンクロポイントの使い道。貯めておくこともできるのですが、2月からギフティのeギフト券を購入できるようになりました。なんと、ミスタードーナツや上島珈琲、ドンキホーテなどで利用できるギフト券が買えてしまうんです。

他のSNS投稿では、いいねしかもらえないのに、シンクロライフでは楽しみながらご褒美が貰えるなんて…(衝撃)。

これは利用しなきゃ損ですね。毎日の食事を絶対シンクロライフに投稿していこう。

テイクアウトも投稿できちゃいます

新型コロナウイルス感染対策のため、テイクアウト商品を販売する飲食店が一気に増えましたね。これまでテイクアウトでは食べられなかったお店からも様々なメニューが出て、新しい食との出会いも生まれています。

シンクロライフは、テイクアウトへの対応もスタートしています。投稿画面に、新たに「テイクアウト」というフィードが追加されました。

テイクアウトでも、シンクロライフを使って食の楽しみを共有できてしまうんです。というか、この長きに渡る自粛生活で、食が最大の楽しみとなりつつある人、なんなら私のように食しか楽しみがないという人も多いのでは…?

ですので、テイクアウト機能もしっかり活用していきたいと思います。

飲食店はテイクアウト情報を無料で掲載することができるそうで、テイクアウト情報も充実しています。シンクロライフのAIレコメンド機能で、近隣店舗のテイクアウト情報が見つかり、素敵な飲食店との新たな出会いもあるかも。

やっぱり食事は楽しい!美味しいお店を知りたいし、美味しいお店を応援したい。シンクロライフを活用して、食の楽しみをさらに増大させちゃいましょう。

(※1 日本では現在ロイヤリティポイントとして扱われております。将来「シンクロコイン(SYC)」へ1対1で交換可能となる「シンクロポイント」が付与されます。)

井澤梓(フリーライター)



金融機関を経て、ビズリーチの新規事業立ち上げに参画。新規事業の法人営業担当、人材エージェントの新規開拓営業に携わったのち独立。現在は、経営者を中心にインタビューを数多く手がける他、ブロックチェーンや暗号資産についても取材を続けている。

撮影:堅田ひとみ

食いしん坊のためのSNS「シンクロライフ」体験取材
最新情報をチェックしよう!
WRITER