仮想通貨女子がFXトレードに挑戦!第7回実績報告

こんにちわ!ライターの岡田早季です!

41万円から38万円の間で価格が急に上がったり、下がったりしていますね……!
この先、価格がどうなるのか気になるところです!

それでは、1月14日〜1月20日までの7日間の結果を報告します!

トレード報告

どういうトレードをしたか


基本的に下目線でいたので、先週に引き続き価格が上がったらショートでエントリーするようにしていました。

レンジ相場でも、ゆるやかに価格が上がっているように感じたので、ショートでエントリーしたら、41万円まで上がってしまいマイナスを出してしまいました。

ずっと同じ考えを引きずりすぎるとダメですね……。反省です。

取引金額の内訳

先週の利益 +290円 (合計利益103,493円)

1/14 レンジ相場が続き、予想できないためエントリーせず。
1/15 価格が少し上がったのでショートでエントリー。
1/16 価格が指値の半分まで落ちたので、半分利確。+277円
1/17 価格が予想していた指値まで落ちたので、残りの半分を利確。+478円
1/18 レンジ相場が続いていたが、少しずつ価格が上がっている感じがしたのでショートでエントリー。
1/19 価格が40万円まで上がってしまって、△465円。
1/20 エントリーせず、0円。

今回の感想

レンジ相場が長く続いた後の暴騰や暴落を予想するのにまだまだ自信がないので前回に引き続き数量を少なくしてエントリーしていました。

今週もシンプソンチャートを予想するために、ボリンジャーバンドに注目してみましたがイマイチわかりませんでした……。

そこで、色々調べてみるとボリンジャーバンドの他にもRSIを使って、シンプソンチャートを予想することもできるみたいです!

暴騰や暴落後にレンジ相場にも関わらず、RSIが天井や底に張り付いたままの場合はシンプソンチャートを形成する可能性が高いようです。

これなら、私にも予想できそうな気がするので次回からはRSIに注目していこうと思います!

次回はどうしたいか

今後も、シンプソンチャートに注目していきたいです。そのために、次回は引き続き「三角形の保ち合い」と「RSI」の動向をチェックしていきたいと思います!
また、自信があるときは数量を少しずつ増やしてエントリーしていきます。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSは『お金に、もっとワクワクしよう』をコンセプトに新しいお金のあり方を提案するメディアです。 フィンテックを中心にキャッシュレス、ブロックチェーン、スマホ決済、ロボアド、AI投資、信用スコア、シェアリングエコノミー、仮想通貨など国内外で話題の新時代の金融経済トピックやニュースを発信しています。