BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

5月26日(土)、福岡でnemcafe開催!イベントの楽しみ方を主催者さんへインタビュー

5月26日(土)、福岡の博多区・天神エリアで開催されるnemcafe(ネムカフェ)
カフェをテーマにした空間でnem(XEM)決済体験や人との交流、アート鑑賞、グルメなど、イベントを通じてnemの魅力にふれて楽しめる一日です
今回はイベントの発案者&主催者であるトレストさん(@TrendStream)にイベントについて、お話を伺いました。
普段は取材の依頼を断っているトレストさんですが、BITDAYSで初めてメディア取材を受けていただけることとなり、大変光栄です!

nemcafeの主催者トレストさん(@TrendStrem)へインタビュー


Q nemcafeの構想はいつ頃からあったのでしょうか?また開催を決意したきっかけを教えてください

2017年11月に福岡でNEMミートアップが行われた頃だったか、実はもう消滅したプロジェクトなんですが、福岡でクリプト決済のできるカフェ立ち上げ構想があったんです。
12月にはkamatsukachan(@kamatsukachan)が世界初のNEM決済によるフリーマーケット「nemket」を開催しました。
それに意識され、ミートアップを主導していたザ・ニンヂャ君(@cryptoZZ)と「福岡でもnemketみたいな販売会やろうよ!」という話をしたのが最初のきっかけで、今回のイベントテーマをカフェにしたのは消滅したプロジェクトの無念からきています笑。

Q nemcafeの目的やコンセプトを教えてください。また、参加者にはどんな事を感じてもらいたいですか?

来場者が楽しめる空間やコンテンツ作りはもちろん、僕はこれを「小さな小さな経済圏の体験」なんだというような感じでスタッフには話してきました。

NEMを使ってモノを買ったり売ったりはもちろん、ホットドッグやアイスを食べたり、運営がXEMで仕入れてきたものをXEMで売ったり・・・、
もしかすると日本円での提供だったら興味を持たれなかったかもしれないモノやコトを、NEM決済をきっかけに「体験」し、同時に決済処理の速度を「体感していただきつつ、新しい発見や人とのつながりを作ってもらえたらといいなという思いがあります。
また、今回はイベント会場内にプロジェクターで、トランザクションアートというものを常時映し出す方向です。
NEMのパブリック全体で発生しているトランザクションと、nemcafe内で発生したトランザクションをアーティスティックに表現する予定です。
どんな内容になるのか、まだ僕も多くは知らされてませんが笑。

Q nemcafeを二部制・複数会場にした理由を教えてください

特に深い理由はありません。やりたいことと会場キャパや設備を考えた結果です。

第二部はnemcafe nightとして別会場でささやかなパーティーを行いますが、これは僕から今までの感謝の気持ちみたいなものです。
はじめは第一部と同じ会場でやるつもりでしたが、スタッフや出店者さんにも気兼ねなく楽しんでもらいたいので別会場で行うことにしました。

Q 当日はどれくらいの来場者が見込まれますか?

おかげさまで第一部は230名、第二部は120名のチケットが完売しました。
初回販売では、第一部が30時間、第二部は2時間で売り切れ、期待と不安がただのプレッシャーに変わった瞬間でした。

Q 大規模なNEMイベントになりますが、イベントスタッフはどのように集まったのでしょうか?

以前から福岡で交流のある仮想通貨全般に興味のある仲間たちでコアチームを結成し、カフェや物販、イベントなどに役割分担し、さらにサポートスタッフを集めてもらいました。

Q nemcafeでは趣向を凝らした展示や企画がおこなわれますが、それぞれが生まれた背景や魅力を教えてください

メインコンテンツであるカフェは偶然なのか何なのか、
ザ・ニンヂャ君がバリスタ経験者ともあって、エスプレッソマシーンを借りてきて本格的なコーヒーを煎れてもらいます。
10種類のドリンクメニューとデザートにアフォガートをご提供します。
僕ならどんな手段を使ってでも、全部飲みます。
先着注文でプレゼントが付く時間帯もありますので、nemcafe公式サイトをチェックしてみてください。

物販について

物販では現地出店と委託出店とあります。
全国からさまざまなお店にご応募いただきました。
出店内容はどれもこだわりのあるものばかりで個人的にも楽しみです。

NEM決済による地域物産展

中でも特徴的なのは、NEM決済による初の地域物産展として、
規模はとても小さいですが静岡県の物産販売をXEM専(@nem_raaa)さんが行ってくれたり、
あまおうイチゴを販売されている梅田農園(@umedanouen)さんが販売されるあまおうのシロップやドライストロベリーは、カフェで「ストロベリーカプチーノ」、サブ会場では「あまおうジェラート」としてお試しできるところです。

こだわりのランチメニュー

そのサブ会場では、素材にこだわりまくったホットドッグやフォアグラ最中などのランチメニューもご提供します。
すべてメイン会場にて食券をXEMで購入していただく形になりますが、数量限定のため完売にはご了承ください!
また、テイクアウトも可能なので、天気がよければ同サブ会場の4階のテラス席でお召し上がりいただくことも可能です。

NEM決済の駄菓子屋

福岡県内11か所で開講している子どもプログラミング教室「ITeens Lab.」さんの全面協力で、小中学生の子どもたちだけで企画運営する「NEM決済の駄菓子屋」は斬新な企画だと思います。
大人のアドバイスを受けながらも、コスト意識やサービス精神を持ちながらの運営体験となっており、未来を背負っていくであろう彼らの本気度にぜひ注目してください。

モザイクギャラリー

アートの部分では先ほどのトランザクションアートの他、先日行われたモザワングランプリでトレスト賞に選ばせていただいた15作品+10作品、
そしてぷちくん(@Puchikun01)の大作「New Economy Movement」を「モザイクギャラリー」として展示します。
コーヒーを何杯も飲みながら眺めてみてください。

アプリ開発コンテスト

技術方面では、「NEMCON!」というアプリ開発コンテストを行います。
応募いただいた20チームの中からWEB投票で選ばれた上位5作がノミネートされ、メイン会場にて簡単なプレゼンと授賞式を行います。
すでに素晴らしい作品がいくつもあるようで、すごく楽しみなものとなっています。
他にも、NEM決済自動販売メカ体験「Candy Mechatronics」というものも展示されます。

その他にも企画がもりだくさん!

その他に、簡単な「NEM展」の展示、豪華なノベルティやオリジナルデザインのペットボトルウォータープレゼント、スイーツつかみ取り、 XEMなどが当たる「富の再分配」という名のガチャイベント(受付先着100名)、限定品の販売など、盛りだくさん過ぎてやっちまった感あります。

Q 最後にユーザーに向けてnemcafeへの意気込みをお願いします

XEM使え!

nemcafeの最新情報もチェックしよう!

企画がもりだくさんでありながら、どれもこだわりや新たな取り組みが盛り込まれていて、とても楽しそうです!
nemユーザーはもちろん、nemに興味があるというビギナーにも十分楽しめるイベント「nemcafe」。
詳しい情報は公式サイト公式ツイッター(@nemcafe_fukuoka)でチェックできます。
ハッシュタグ(#nemcafe)を付けてたくさんつぶやきましょう!

またBITADYSではイベント当日も取材へ伺います。
残念ながら今回nemcafeに参加できない方も、後日レポートをお楽しみに!

イベント詳細

第一部『nemcafe』

開催日:5月26日(土)
時間:11:00~16:00
場所:福岡県福岡市中央区大名1-1-3-201 UNION SODA(ユニオンソーダ)

サブ会場(4Fでは休憩スポットとしてドリンクも提供)

場所:福岡県福岡市中央区今泉1-18-28 アペゼIMAIZUMI 2F n.Quad(エヌ.クォド)

第二部『nemcafe night』

開催日:5月26日(土)
時間:19:00~22:00
場所:福岡市博多区博多駅南1丁目9-18 WITH THE STYLE FUKUOKA(ウィズザスタイル福岡)
ザ・ウェストギャラリー

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カネコ

カネコ

BITDAYSディレクター。2017年12月に仮想通貨取引を開始。日課は仮想通貨のチャート・ニュースチェックと晩酌、柴犬の散歩です。仮想通貨やブロックチェーンに関するイベント、取材にたくさん行きます!
PAGE TOP