BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

【超簡単】ビックカメラの実店舗でビットコイン(BTC)を使う方法

個人的に少額ですが仮想通貨を持ってはいたもののVALU等のWebサービス以外の実店舗では仮想通貨を使用したことがありませんでした。最近全国のビックカメラでビットコイン(Bitcoin/BTC)が使用できるという下記の情報を知った事をキッカケにこれを記事にしてみようと思い立ちました。

恐らく筆者と同じような考えの方も多いせいかビックカメラさんの店内にはビットコインの支払い表記の他に下記のようなポップまでありました。。。

ということで本日はビックカメラでビットコイン(BTC)をどうやって使用するかご説明いたします。

ビックカメラの実店舗でビットコイン(BTC)を使うのは超簡単!

まず用意するものですが下記になります。

①仮想通貨取引所のアカウントを作成する
②仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)を購入する
③スマートフォンに仮想通貨取引所のウォレットアプリをインストールする

ビックカメラはbitFlyer(ビットフライヤー)での支払いを推奨していることもあり今回はbitFlyerウォレットを使用しました。

購入したい商品をレジに持っていきビットコインでの支払いを希望している事を店員さんに伝えると通常とは別のシステムのあるレジへ通していただきました。ここからが決済の流れになります。

①規約に承諾する

まずレジに用意されたビックカメラ側のiPhoneに表示されている規約に承諾する必要があります。決済の注意点やブロックチェーン分岐等の問い合わせ先などが記載されています。

②表示されたQRコードを読み取る

承諾を押すと早速対象の商品の請求額がBTC換算で表示されます。

その後自分のスマホ端末でbitFlyerウォレットを開き先程のQRコードを読み込みます。

③支払い完了

決済が完了すると円換算で表示されます。

そしてレシートにはしっかり『お支払い ビットコイン』の表記がされています。

ポイントカードがあればポイントもちゃんと付与されるようです。
また2017年11月現在ではビックカメラで使用できるビットコイン(BTC)の上限は10万円までとなっています。

以上がビックカメラの実店舗でビットコイン(BTC)を使用するフローでした。驚くほど簡単に決済できてキャッシュレスでスマートな未来を体感できました。投資や投機としてのニュースが多い仮想通貨ですが実際に使ってみるとその利便性に驚かされます。興味のある方は仮想通貨を生活の中で使ってみると新しい発見があるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ミツヤコウヘイ

ミツヤコウヘイ

BITDAYS編集長です。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial