BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

【Bitpie・BITHD座談会】仮想通貨界の超有名トレーダー4人が仮想通貨ウォレットBitpie・BITHDを語り尽くす!

sponsored by BITPIE

仮想通貨の安全管理には欠かすことのできないアイテム「ウォレット」。取引所などから通貨の流出があるたびに、より安全なウォレットが仮想通貨界隈での注目度を高めています。

みなさんは「Bitpie(ビットパイ)」というアプリを聞いたことがあるでしょうか?Bitpieは2018年3月にリリースされた使いやすさが評判のウォレットアプリです。今回BITDAYS編集部は、今後国内で発売される予定のBitpie専用ハードウェアウォレット、『BITHD(ビットシールド)』を極秘入手しました。

安全管理への注目度が高まる中で、Bitpie・BITHDは使えるウォレットなのか。そんな生の声を、仮想通貨に精通する4人の人物に直撃します。

 

iOS版Bitpie(ビットパイ)のインストールはこちら

Android版Bitpie(ビットパイ)のインストールはこちら

【Bitpie・BITHD座談会】登場人物の紹介

フクロウ・セグレゲイテッドウィットネス(@CryptoC_x

仮想通貨の擬人化サイト「クリプトカレンシーガールズ」や仮想通貨の資産管理ツール「クリプトフォリオ」、iOS用ニュースアプリ「仮想通貨ニュース」の運営を手がける。
BITDAYSではフクロウさんぽのシリーズでも有名。

 

アラタ(@cry_curr_ar

仮想通貨な渋谷系ITリーマン。仮想通貨の総合メディア「Crypto Times」や、個人ブログ「渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログ」を運営。仮想通貨プロジェクト「Animation Vision Cash(アニメーションビデオキャッシュ)」のCTOも務める。

 

seiya(@crypto_seiya

自身の経験をもとに仮想通貨投資のノウハウを伝えるブログ「いますぐ始める仮想通貨投資」を運営し、2018年1月には月間88万PVを記録する。2018年2月に脱サラし、2018年5月現在はICO通貨のアドバイザーなども務めている。
BITDAYSでは仮想通貨投資で脱サラ、得られたもの失ったものとは?というコラムも。

 

ポイン(@poipoikunpoi

ハイパーニートを名乗る仮想通貨投資家。個人ブログ「ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!」は月間30万アクセス。2018年6月2日には初となる著書「億り人 ハイパーニートポインの仮想通貨1年目の教科書」を扶桑社より出版。Amazon金融・ファイナンス部門1位。第1回フクロウさんぽにもゲスト出演。

 

結木千尋(@yuuki_chihiro_

ユウキチヒロ。フリーライター。BITDAYS編集部としてこの座談会の司会を務める。2017年10月ごろから仮想通貨に興味を持ち始めたものの、投資はまだまだ初心者。

Bitpie、BITHDは使えるウォレットなのか。超有名トレーダーが本音で語る【Bitpie・BITHD座談会】

超有名トレーダーと言えど、管理の方法はさまざま

 

みなさんは普段どのように仮想通貨を管理していますか?

オレは取引所に置いているのが8割くらいで、残りの2割がソフトウェアウォレット。昔はハードウェアウォレットも使っていたけど、今はほとんど使ってないですね。

ハードウェアウォレットはなにを?

Ledger Nano S(レジャーナノエス)を使っていました。その頃はハードウェアウォレットに多く保管していましたけど、今はほとんど取引所に預けていますね。だから管理としてはあまり良くない(笑)

そうなんですね(笑)フクロウさんぽのときはどうしているんですか?

フクロウさんぽのときはNEM Wallet(ネムウォレット)に入れていくので、ソフトウェアウォレットですね。あ、あと、Twitterのbotにも預けてます。あれはソフトウェアウォレット?

ウォレットと言えばウォレットですけど、ソフトウェアウォレットという感じではないですね。
botって自分のウォレットのアドレスに保管しているんじゃなくて、サーバーみたいなところに全部置いて、そこから都度出し入れしているんですよ。
だから危ない(笑)

そうなんだ(笑)

アラタさんはどのように管理してますか?

僕は半分をハードウェアウォレットに保管して、2割が取引所、残り3割がイーサリアム系のソフトウェアウォレットですね。ソフトウェアウォレットはMetaMask(メタマスク)を使っています。

取引所に置いてある分は売買用ですか?

そうですね。僕は売買の頻度が高いので、Binance(バイナンス)Huobi(フオビ)に、少しだけ預けています。

ハードウェアウォレットはなにを使っているんですか?

フクロウさんにもらったCoolwallet S(クールウォレットエス)というカード型のウォレットです。PCやスマホアプリと連動して使えるウォレットですね。

今持ってる?

持ってないですよ!怖いでしょ!?カード型は財布に入れて持ち運べる便利さはあるんですけど、財布落としちゃったら終わりなんですよね。僕お酒が好きで、酔っ払ってよくわからない行動をしてしまうことがあるので、できるだけ持ち歩かないことでリスクヘッジしています(笑)

そうなんですね(笑)seiyaさんはいかがですか?

ハードウェアウォレットが6割くらいかな?あとはソフトウェアウォレットと取引所に2割ずつ

いいバランスじゃない?よくわからないけど(笑)

一同
ほとんど取引所に預けているフクロウさんがいいバランスって(笑)

僕はハードウェアウォレットを2つ使っているんですよ。Ledger Nano Sを2つ。分散するために非同期で、それぞれ別の場所に保管してあります。

ポインさんも同じようなバランスですか?

僕は95%くらいハードウェアウォレットですね。基本的に取引所には絶対置かないようにしていて、取引のタイミングで送金して、終わったら必ず引き上げます。残りの5%だけ普段使いのためにソフトウェアウォレットに保管しています。

イベントで使う用ですか?

そうですね。サンタルヌー(※)やnem barの会計も仮想通貨で支払うようにしているので、そういうときにも使います。

※東京・赤坂にある仮想通貨決済が可能なベルギービールのお店

ハードウェアウォレットはなにを使っているんですか?

Ledger Nano SとTREZOR(トレザー)を使っています。Ledger Nano Sは2台持っていて、同期して別の住所に保管していますね。火災や地震が起こっても大丈夫なように。

Ledger Nano Sはネム(XEM)が入らないんですよね。だからネムはTREZORに保管しています。

それぞれの仮想通貨管理から話題はペーパーウォレットへ

ペーパーウォレットは使ってないですか?

ペーパーウォレットは使ってないですねぇ。

誰もペーパーウォレット使ってないってなったら、ネット上で叩かれたりしませんか?(笑)

一同
(笑)

でも周りにペーパーウォレット使っている人います?

リップラー(※)はペーパーウォレット使ってますよね。

※リップル(XRP)を好んで所有している人

そうか、もともとリップルのハードウェアウォレットがなかったから。

今(2018年5月)はLedger Nano Sが対応していますが、2017年の夏ごろに対応したはずなので、それより前からリップルを持っている人はペーパーウォレットなんですよ。

そうなんですね。みなさんの周囲にはビットコイン(Bitcoin/BTC)をペーパーウォレットで管理している人もいるんですか?

聞かないですね。ペーパーウォレットはリップラーくらいじゃないですか?たくさん資産を持っていて、分散するための1つの選択肢がペーパーウォレットという人はいるかもしれませんが、基本的にペーパーウォレットは扱いづらいですからね。

でもペーパーウォレットって誰も信用しなくていいから1番安全とも言える方法ですよ。Ledger Nano SならLedger社、TREZORならTREZOR社を信用しなければならないじゃないですか?その点、ペーパーウォレットは自分次第ですから。

自分自身がしっかり管理できればペーパーウォレットがもっとも安心ということですね。

すべてのトレーダーがハードウェアウォレットを使っている?

周囲の人もみなさんと同じようにハードウェアウォレットを使っていますか?

全部取引所で管理という人も珍しくないですよ。

みんなハードウェアウォレット使ってないですよね?ソフトウェアウォレットを使っていたらいいとこじゃないですか?
ここにいる4人って仮想通貨界隈の中でも資産が多い方だと思うんですよね。だから危機管理の意識も高いんだと思います。

でもハードウェアウォレットで管理した方が良いという認識はみんな持ってるんじゃないですか?

そうですね。でも仮想通貨を取引していると言っても、まだ資産が少ない人も多い中で、わざわざハードウェアウォレットで資産を管理するのかというところはありますよね。設定の煩わしさや、使いづらさを理由に使ってない人も多くいると思います。
アラタさんの使っているカード型のハードウェアウォレットは使いやすいですか?

変わらず使いづらいですね。Ledger Nano Sも持っているんですが、使い勝手は似たような感じです。

ハードウェアウォレットって最初にセキュリティキーが表示されて、それを保管しておかないといけないじゃないですか?ここってハードウェアウォレットの使いづらいポイントのひとつだと思うんですけど、みなさんはセキュリティキーをどうやって管理していますか?

言っちゃっていいの?ねぇ、言っちゃっていいの?(笑)

言いたいんでしょ?(笑)

エクセルに入力してEvernoteに保管してる(笑)

一同
(笑)それはやばい(笑)

でもセキュリティキーを管理するのって難しいですよね。フクロウさんほどじゃないですが、僕もけっこう甘くて、テキストファイルに入力してGoogleドライブに保存しています。

僕は絶対オンラインにアップロードしません。データ化して複数のUSBメモリに保存しています。

僕は自分のPCでしか開けないように暗号化して、オンラインにあげています。PCが壊れてしまったときのために復元用パスワードはオフラインで保管。

フクロウさんは面倒なのが嫌で取引所に保管しているんですか?

そうですね。とにかく面倒くさい。今思えば、ほとんど取引しないのに取引所に保管しています…。

仮想通貨はすべてが面倒ですよね。管理もそうですけど、なにからなにまで。

じゃあウォレットについても、煩わしくないものが1番?

用途にもよるんじゃないですか?安全に保管するためのウォレットなのか、使うことも意識しているウォレットなのか。保管用は堅牢さが重視されるけど、使う方は多少甘くても問題ないみたいな。

同じウォレットでもセキュリティ重視のハードウェアウォレットと、利便性にも比重を置いたウォレットと、ってことですね。

そうそう。そのなかで今は利便性の方の役割をソフトウェアウォレットが担っているんだと思います。

Ledger Nano SやTREZORといった今主流のハードウェアウォレットが、PCからじゃないと使えないの面倒くさくないですか?それこそスマホで操作ができるのが、Coolwallet Sみたいなカード型ハードウェアウォレットのメリットだと思うんですよ。
僕たちはPCを持っているし、そこに煩わしさも感じないんですが、今ってPCを持っていない人も多いじゃないですか?だからスマホだけで完結するハードウェアウォレットがめちゃくちゃ求められているはずなんですよね。

仮想通貨ウォレットBitpieとBITHDの機能紹介

ここから本題なんですが、今年(2018年)の3月にBitpie(ビットパイ)というウォレットアプリが出たんです。少しずつ知られてきているみたいなんですが、知っている、触ったことがある、という方います?

広告だけ見ました。

名前は聞いてます。

もともとは取引所の機能がついたアプリなんですけれど、日本では取引所の機能はオフにしてあって、ソフトウェアウォレットとして使えるんです。
対応通貨が多いのが特徴で、日本で人気のネム(XEM)やリップル(XRP)はまだ対応していないんですけど、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)あたりの主要通貨はもちろん、トロン(TRX)、オミセゴー(OMG)、テザー(USDT)なんかも対応しています。
主要通貨やイーサリアム系トークンのソフトウェアウォレットはいくつかあるんですが、このあたりの通貨に対応しているソフトウェアウォレットはまだ少ないので、まずソフトウェアウォレットとして便利なんですよね。

一同
なるほど。

さらに今回極秘で入手したものがありまして、それがこのBITHD(ビットシールド)です。BITHD(ビットシールド)はBitpie専用のスマートウォッチ型ハードウェアウォレットになっているんです。先ほどポインさんのお話にあったような、スマホだけで完結するハードウェアウォレットなんですね。

なるほど、めちゃくちゃいいですね。

そうなんですよ。スマホだけで完結できるので煩わしさがないのもあるんですが、外出先で仮想通貨の持ち合わせが足りなくなったとき、PCがなくてもBITHDからBitpieに送金して使うことができるんです。

BitpieとBITHDは独立しているってことですか?

Bluetoothで接続はしているけど、デバイス同士は独立していて、BITHDはインターネットから遮断されたコールドウォレットの状態です。なのでBITHDだけで取引ができるわけではありません。

秘密鍵はどちらで管理しているんですか?

よくあるハードウェアウォレットと同じなので、BITHDで管理しています。BITHD内での操作はBluetoothを経由してBitpie上で行うので、権限はBitpieにあるという感じですね。
BITHDから送金する場合は、BITHDに表示されたセキュリティキーを、Bitpie上で入力しなければなりません。

なるほど。

ぜひ一度つけてみて下さい。

じゃあスマートウォッチ型ということで、最近Apple Watch(アップルウォッチ)を買ったフクロウさん。

 

(BITHDをつけてみるフクロウさん)

つけてみてどうですか?

重さはApple Watchと同じくらいかな?

スマートウォッチ型なので、なくす可能性があることがちょっと怖いですね。

実はなくしても大丈夫なんです。先程説明したとおり、BITHDはBitpie上で操作されます。だからBITHD自体はハードウェアウォレットとしての物理的な機能しかありません
BITHDにはあらかじめ復元用のパスワードが存在していて、万が一BITHDをなくしてしまったとしても、新しいBITHDを購入して復元パスワードを入力すれば、資産ごと復元することが可能です。

でも腕時計型って腕ごとぶった切られそうで怖いですよね。

スマホとペアリングしているから、BITHDだけ奪われても大丈夫なんですよね?

そうなんです。Bluetoothで通信できる距離以上に離れてしまうと、認証ができなくなってしまいます。Bitpie上でしか操作ができないので、奪った側からBITHDを操作することはできません

スマホとペアリングしているから、BITHDとスマホ、両方奪われない限り大丈夫ということですね。

ハードウェアウォレット、BITHDは「買い」なのか

ではこのBITHD、ここまでの話を踏まえていくらだと思いますか?

1万8,000円。

3万円とか?

19,800円!

2万5,000円。

間をとると、2万円前後くらいなら理解できるってところでしょうか?買うかどうかは別にして。

うーん、そのくらいが妥当でしょうね。

最近7,000円くらいのハードウェアウォレットも出てきてるので、それ以上高いと厳しそうですね。

ハードウェアウォレットって安心を買っている側面もあると思うので、安すぎるとそれはそれでちょっと怖い。

持ち運びに向いたハードウェアウォレットということなので、仮想通貨決済が浸透すれば需要はありそうかも。BITHD上でチャート見られたりするんですか?

今の時点でチャート確認の機能はついていませんが、今後機能追加する可能性はあります。ただコールドウォレットとして考えるとBITHDをネットに繋いでしまっては意味がないので、チャートはBitpieの方で確認することになると思います。

チャートや価格がBITHD上で確認できたらめちゃくちゃ便利でしょうね。スマートウォッチを使う人ってウィジェットで機能を追加していくじゃないですか?

watchOSに対応しているチャート確認アプリも出てきてますよ。

そうなんだ。スマートウォッチ上でどんなことが見られるんですか?

seiyaさんが言うように価格が見られます。(Apple Watchをポインさんに渡す)

BTC/USDTとBTC/JPY、Binance(バイナンス)bitFlyer(ビットフライヤー)。下にスクロールすればイーサリアム系も全部見られるのか。

他のハードウェアウォレットが対応していない通貨で、BITHDがこの通貨に対応してくれたら嬉しいっていう通貨はありますか?

他で対応していない通貨ということでいくと、XP。XPのカフェ(※)ってDiscord(ディスコード)払いなんですよ。

※東京都目黒区にあるEMPORIO cafe&diningのこと。XPで支払いができる。

XPはスマホ対応のウォレットがない上に、PC対応のウォレットも設定がややこしいんです。だからDiscordで払うんでしょうね。僕自身XPは少額しか持ってないので、もう取引所に置いています。
XPもそうですが、日本で浸透するためにはやはりリップルに対応するのがいいでしょうね。リップルって現状Ledger Nano Sしか対応していなくて、Ledger Nano Sが人気で順番待ちの状態じゃないですか?Ledger Nano Sが注文してもすぐ来ない中で、BITHDがリップルに対応したら、ユーザーにとっては十分買う理由になりそうです。

超有名トレーダーが感じるBitpieの可能性

今の時点でBitpieとBITHDは浸透すると思います?

どうでしょうね。BITHDってLedger Nano Sと比較して利便性がウリになっていると思うんですが、実際にハードウェアウォレットに利便性を求めるかと言われると、それならソフトウェアウォレットでいいかなっていうのが実感です。だからBitpieは使うかもしれない。
ウォレットアプリってまだまだ使い勝手のいいものが少ないじゃないですか?だからBitpieは普及するかもしれません。

なるほど。

Bitpieが普及したときに、専用のハードウェアウォレットでBITHDっていうのがあるよというのが、流れとして良さそうな気はします。

今の状態だとスマートウォッチ型である意味があまりないので、スマートウォッチにして販売価格が上がるのであれば、スマートウォッチをやめてコストを抑えるほうが浸透しそうですね。

例えばAndroid OSを搭載したスマートウォッチということにして、生体認証でウォレットを使えれば、スマートウォッチ型である意味は出てきますよね。ほかだと取引所の2段階認証にBITHDが必要になるとか。

確かにそれは便利ですね。BITHD単体でQRコードが読めるというのも良さそう。

そうそう、ウォレットアドレスが表示できるとかね。そういった仮想通貨特化のスマートウォッチとして使うことができれば興味を持つ人は多いんじゃないかな?

スマートウォッチらしい機能があったほうがわかりやすいと。

今の状態だとスマートウォッチである必要性がちょっと薄いような気がします。

ちょっと早すぎる感もありますよね。仮想通貨決済が浸透したタイミングで出れば、すごく浸透しそう

持ち運びできるハードウェアウォレットに意味が出てくるという話ですね。

そうです。キャッシュレスの時代が来て、わざわざiPhone出してQUICPay(※1)で指紋認証するよりは、腕についているBITHDでピッとするだけの方が早いとなったら、僕は間違いなく買います。
中国なんかはWeChatPay(※2)でキャッシュレスになりつつありますよね。ああいうキャッシュレスの世界が日本で実現するのであれば、スマートウォッチ型のハードウェアウォレットとして出す意味も出てくるのではないでしょうか。

※1:日本発のチャージ不要電子決済サービス
※2:中国の電子決済サービス。中国では決済のほとんどがモバイル決済だと言われている。

あ、そうか、向こうはキャッシュレス決済が主流なのか。

そうそう、だから今は可能性のあるBitpieで需要拡大していって、信頼を得たタイミングでBITHDを発売するのがいいのかと。

Bitpie、クアンタム(QTUM)やドージコイン(DOGE)も対応しているんですね。このあたりの通貨に対応しているウォレットってあまり見たことがないかもしれません。

そうですね。対応通貨は今後さらに増えていくそうです。

Bitpieは今すぐでも需要あると思いますよ。

ドージコインに対応していて、送受金も可能ということは、お店でドージコイン支払いも可能ということですか?

お店側が対応してくれれば可能ということになります。

それはお店がBitpieを導入してくれればということ?

そうですね。今、仮想通貨決済を導入しているお店もウォレットを経由して決済を可能にしているので、お店側がBitpieを導入してくれれば、対応する通貨すべてで決済が可能になります

なんJコイン(NANJ)みたいに日本発で勢いのある通貨をどんどん取り扱えば、Bitpieはあっという間に浸透しそうですね。

なるほど。BITHDは機能として及第点ではあるけれど、浸透するかどうかはBitpieや仮想通貨決済の浸透にかかってくるということですね。

BitpieとBITHDが仮想通貨ウォレットの勢力図を変える?

今回は新しい仮想通貨ウォレットBitpieとBITHDについて、4人の超有名トレーダーをお迎えして座談会をお送りしました。

それぞれの仮想通貨との関わり方に応じて、管理の方法やセキュリティへの意識がまちまちだった4人。Bitpieについては「ぜひ使ってみたい」「普及すると思う」という声が挙がる一方で、BITHDには「スマートウォッチらしい機能が欲しい」「まだ早すぎる」という声も聞かれました。

しかし何より重要なのは、BITHDがハードウェアウォレットとしてとても安全ということです。一般的なハードウェアウォレットは、紛失や盗難にあった時点で、不正のリスクを大きく抱えることになりますが、BITHDはBitpieとペアリングして使うという性質上、すぐに不正のリスクにさらされるということがありません。仮に紛失や盗難にあったとしても、あなたのスマートフォンからBluetoothが届く範囲でしか不正がおこなえないという点は、既存のハードウェアウォレットと比較しても大きなメリットとなるでしょう。

座談会の中でもあったとおり、今後Bitpieが普及することで、仮想通貨決済も広がりを見せ、結果としてBITHDにさらに需要が出てくることが考えられます。まだウォレットを使っていないという人は、この機会に一歩先ゆく仮想通貨ウォレットBitpieとBITHDを使ってみてはいかがでしょうか?安全管理の重要性について再確認することができるかもしれません。

仮想通貨ウォレットBitpieとBITHDについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

フクロウさん、アラタさん、seiyaさん、ポインさん。貴重なお話をありがとうございました。

 

iOS版Bitpie(ビットパイ)のインストールはこちら

Android版Bitpie(ビットパイ)のインストールはこちら

 

※BITHDの仕様については開発中のものです。今後日本で販売するにあたり、仕様が変更となる可能性がございます。ご了承ください。

取材:三矢晃平・結木千尋/文:結木千尋/撮影:堅田ひとみ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
結木千尋
ユウキチヒロ。 フリーライター。 2017年末に仮想通貨をはじめました。 関心事はサブカルチャー(音楽、映画、ゲームなど) 服がすきなので、いつもだいたい服きてます。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial